::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2006/12/28 年末イナバウアー。
2006/12/28

所用のため上京。
お昼出発の飛行機に乗るため、千歳空港へ向かいました。年末特別対策なのか、あちこちで「じゃがポックル」が売っていて(しかも大量に)、思わず2箱買ってしまいました。美味しいですよね、じゃがポックル。

飛行機は割と空いてる感じでした。まぁ、帰省ラッシュとは逆の方向ですからね。
私は、真ん中やや後ろぐらいの席に座っていたのですが、飛行機が羽田に到着して「さて、降りるか」と出口の方へ向かったら、前方のビジネスクラスの席からやたら背の高い茶髪の人が歩いてくるんですよ。すらっとしててスタイルも良くて。大きめのサングラスをかけてたので、目のあたりは見えなかったのですけれど。

「…………???」

パッと見た時、最初「アーティスト系の人?」って思ったんですね。すごく背が高いのもあるけど、明らかに何か一般人とは違うオーラを放っている。で、手とかやたら焼けてるんですよ。真っ黒といってもいいぐらい。冬の日本人の肌の色じゃない感じで。
>> 続きを読む
スポンサーサイト
ハム日記_2006  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::2006/11/27~12/26 東京フレンドパーク2出演など。
2006/11/27

祝・日本ハムファイターズご一行様フレンドパーク出演。

全ての場面でニコニコしてる八木くんが可愛くて、テレビの前で癒されてました……いやいや、ホントにイイなぁ、あの笑顔は。

日ハムらしい、実にのほほんとした和やかさで進行して行きましたね(笑) 
あ、でも、最初のジャンプの所は「さすが、スポーツ選手」と思いました。八木くんも、あと身長が5センチ高かったらなぁ~(っていうか、181センチの八木くんでも5人の中で一番小柄に見えるってのが)
ごく自然に金子会長に吹き矢を渡す位置に立った八木くんに関しては、虎ファンの友人からも「エライ子やね」というメールが届きました。うーん、ホントにめんこい子だわ~

最後のダーツでは、異様なほどのディズニーランド好きな集団になっておりましたけれども、ひちょりはカーテンぐらい自分で買いなさい!(笑) あと、賢介は地味すぎです……欲しい物が「絵画」って。
ちなみに、賢介は、いつ見てもシベリアンハスキーに見えます……(駒苫の田中くんもシベリアンハスキーに見えます……犬系の二人?)

1時間面白かったっす。っていうか、2時間スペシャルにしてくれ~(ノーカットDVDなら6800円(税込)で買うよ!)
なんか、とにかく仲良しっていうか、その中でも更にみんなが一番年下の八木くんを可愛がってるのが伝わってきて、こういう雰囲気のチームだから、若手が萎縮せずにのびのびとやれてるのかな――と思いました。もちろん、こういうのは諸刃の剣ですから、緊張感の無さに繋がってしまう可能性もあるでしょうけど。
まぁ、今のところは上手くいってるんじゃないかと思います。来季も、楽しいネタ球団である事を祈って。

>> 続きを読む
ハム日記_2006  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::2006/11/13~11/16  八木くん新人王ネタなど。
パレード&ファン感謝祭のために、着々と準備してますですよ。ふふふふふ。
あ、パレード翌日のファン感謝祭、今日、入場券が届きました。一応、ファンクラブ枠で応募したんですが、なんかファンクラブ枠でも結構な競争だったとか。10万通以上の応募があったのかな?
札幌ドームが4万3千人入って、ハガキ1枚で2人入れるから、当選数は約2万通ちょっとぐらい。5倍ぐらいの倍率を勝ち抜いたって事っすかね(うは、大学入試の時と同じ倍率だ(笑))

純粋に抽選の結果だとは思うんですが、「今年1年ハムを応援し続けたごほうび」を野球の神さまがプレゼントしてくれたのだと思って、楽しんできます。これも早めに行って場所確保しなきゃな……(去年は空席もかなりあったんですけれど(笑。たぶん応募者全員当選)、今年はギュウギュウ詰めになりそうだな~)

余談ですが、応募用ハガキに「好きな選手名とその選手へのメッセージ」を書く項があって、誰の名前を書こうかすっっっっっっっごい悩んだのですが、八木くんの名前を書きました。
で、余白があったので、ネットで見つけた写真を元に、八木くんイラストを添えたりして(笑) まぁ、それが選ばれた要因とは思いませんが、神さまには気持ちが伝わったのかな~と。うひひ~



ガッツ出演のはなまる。録画したものをまだ見てないんですが、とりあえず、家族の話題が中心だったみたいっす。
前にガッツの自叙伝を本屋で立ち読みしたんですが(立ち読みかよ)、ホントに家族ラブな人なんだよな~と。

ちなみに、今日が日ハムとの3回目の交渉でしたが、確定事項は何も無し。
「自分がいいたい事を球団側に伝えました。条件的な事は何も話してません」との事。なんか、お金の問題家族の問題云々じゃなくて、選手への待遇とかそういう事の不満があったりするのかなーと。ここ数年でベテランや結果を出せない中堅どころをガシガシ切ってたりしますから。金銭トレードであっさり放出したり。
まぁでも、経営側とすれば、ただでさえお金がない球団だったりするので、成績のでない選手を切るのはある程度はやむなしな感じもあるのかもなーみたいな。どちらの言い分も分かるだけに難しい所です。

とりあえず、巨人・中日との交渉のあとにもう一回日ハムと交渉するみたいなので、FA宣言→即移籍は無いのだと分かってちょっとだけホッとしているというか。
ガッツが最終的にどんな選択をするのかは分かりませんが、行くにせよ残留するにせよ笑顔になってくれればいいな――と思います。うつむいて辛い顔してるのは見てる方も痛いよ~
>> 続きを読む
ハム日記_2006  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::2006/11/12 対LA NEW ベアーズ(アジアシリーズ・決勝戦)
【ファイターズ○1-0●LA NEW ベアーズ(台湾) (東京ドーム/24,580人)】

(※ちょいと時間が無かったので、メモ書き程度で)

まずは。台湾ベンチ前に置かれてたクマちゃんのぬいぐるみがすっごいめんこかったです。いいなぁ、ああいうお茶目さ(死語)があるチームって……

んでもって、10奪三振のダル。すごい。何が凄いって、手を抜かなかった事が(爆) MVP受賞しておりました。おおお、おめでとう~
「武田久って身長168センチなんだけど、すっごいイイ球投げるんだよ」と両親に解説している私の目の前(のテレビ画面の中)で、久の頭を撫で撫でする196センチのダル。画像で見ると、もの凄い身長差です。っていうか、体育会系社会の中で年上にそんな事していいのか~(笑)

んでもって、アジアシリーズ優勝。安心しました。嬉しいと言うよりも、言葉にするなら――安心。ああこれで、今年の試合は全部終わりました……いや、長いシーズンでした。長くて嬉しくて、ほんのちょっぴり切なくて(ガッツ……)、そして、幸せだった2006年。

優勝パレードは紙吹雪ではなく本当の吹雪になりそうな感じです。初雪が降りました。今、うっすら積もってます。


そんでもって、明日からガッツのアレで悶々とする日々が……まずは明日の「はなまるマーケット」から(えええええ、なんでいきなり「はなまる」出演なんだ、ガッツ……)



投手:ダルビッシュ-武田久-MICHEAL
【勝】 ダルビッシュ(アジアシリーズ1勝0敗)/ 【S】 MICHEAL(アジアシリーズ2S)

【アジアシリーズ通算成績】 4試合 4勝0敗



+++
(別サイトの日記より転載・一部修正あり。投稿日時は、元記事の投稿日時です)
ハム日記_2006  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::2006/11/11 対チャイナスターズ(アジアシリーズ)
【ファイターズ○6-1●チャイナスターズ(中国) (東京ドーム/12,337人)】

本日のアジアシリーズ。

対中国戦。中国はプロ野球が出来てまだ5年で、年間でも30試合ぐらいしかしないという話なので、力の差はやっぱり歴然という感じでした。これからですね、中国の野球は。
今日の先発は金村。ってことは、決勝はやっぱりダルですな。ちょっと前までの金村だったら、「なんでエースの俺が中国戦なんだ」って不満に思ったりもしそうですけれども、あの件で生まれ変わって、納得してくれてたらな……と思います。
てか、各マスコミのみなさん、ダルはまだうちのエースじゃないっす(汗) ことごとくエース扱いなんだもんなぁ(さすがにまだエースの責任を負わせるのは早いかと)

技術的にはまだまだ……な中国相手という事でしたけれど(ピッチャーが牽制したら、誰もベースにいなくて暴投になってしまうとか、そういう初歩的ミスが)、金村はやっぱり金村っていうか、ちょこちょこ打たれておりました。でもまぁ、「ランナーを出しつつ粘りの投球」ってのが金村の味みたいなもんですし、結果的には無失点でしたから、それなりにそれなりだったんじゃないかと。

打線の方は、上位よりもむしろ下位打線の方が面白かったかも。稲田とか紺田とかの若手が。稲田は、「おれ、すんごい打つよ」な自信満々の打撃フォームだし、紺田は妙に腰が引けててへっぴり腰っぽく見えてしまう(笑)フォームだし。
それなりにそれなりな感じで、コツコツと点を取っていって、最終的に6-1で勝利。
>> 続きを読む
ハム日記_2006  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::2006/11/10 対LA NEW ベアーズ(アジアシリーズ)
【ファイターズ○2-1●LA NEW ベアーズ(台湾) (東京ドーム/11,038人)】

今日も凄いよマサルさん。

アジアシリーズ第2戦・対台湾の熊さん。今日はクマクマ対決。
テレビ中継が始まってすぐだと思ったんですが、フォアボールを出してしまって「ありゃ」って感じで舌をペロって出したマサルさんが、ちょっと可愛いと思ってしまいました。いやまぁ、マサルさん、年齢的には「可愛い」の範疇を越えてるんですけれど(笑。スミマセン、オバサンな感想で)
どんな時も普通に普通の顔で淡々と投げる人なので、ちょっとした表情の変化も微笑ましいです。っていうか、なんか、お公家様(というか、ひな人形のお内裏さま)っぽいイメージなんだよなぁ、マサルさん。
出会い頭の事故みたいな一発はあったものの、いつもよりもズバズバ三振を取ったりして、ああ、余裕だなーという感じが。

というか、むしろ打線が、春頃の「いいから野手は全員頭をまるめてピッチャーに土下座しろ」状態で(笑)、「こりゃどうなるんだ」とちょっと心配もしましたが、向こうのミスに乗じてなんとか勝ち越す事が出来ました。
マサルさんが完投する事はほぼ無いので、「誰がリリーフに出るのかなー」と思ってたら、久が。
>> 続きを読む
ハム日記_2006  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


| home | next>>
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。