::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::オフシーズンネタまとめて・その15(ほろ苦デビュー)
「ほろ苦」の「ほろ」って、どういう由来なんですかね(って、いきなりだな)
「ほろ甘」とか「ほろ辛」とは言いませんよね。ほろほろほろ~

ってことで、本日のファイターズは初の紅白戦が行われました。
注目の――というか、注目されすぎ(?)の中田くんは、四球→外野フライ→三振→三振ってな感じで快音を残すことは出来ませんでした。あと、守備でも送球エラーが一つ。スポーツニュースでは「ほろ苦デビュー」「プロの洗礼」オンパレードでしょう、きっと。ほろほろほろ~
ちなみに、対戦した相手は、四球が吉川くんでフライが菊地くん、その後、歌さん→星野だったそうです。
吉川くんは中田くんにストレートの四球を出したりして満塁まで行ったんですが、その後併殺打で無得点だったとか。「吉川劇場」本領発揮って感じですか(笑)

詳しいスコアとか分からないのでアレなんですけど、色々見てたら、賢介が2打席連続ホームラン、村田くんが足を活かして猛打賞、あと糸井・佐藤も良かったとか。
投手だと、山本くん植村くん宮本くんが「良かった」として名前が挙がってましたね。
賢介は、フォーム改造が早速効果を発揮してきたのかな? 前にGAORAで映像を見たんですが、確かに素人目でもグリップの位置が上がってるのとバットの角度が前と違ってるのが分かりました。
賢介と言えばすっかり「2番」が定着してますが、その前までは「3番打って欲しい選手だなー」と思ってたりしてたので、打率アップ&飛距離アップは大歓迎です。今回の改造がいい結果を出してくれるといいなーと。


てか、もうちょっとだけ中田くん以外の選手の映像も映してくれ、道内各マスコミさ~ん!
注目されるのは分かるんだけど、植村くん宮本くんの投球とか糸井とか村田くんとか見てみたかったよ~(GAORAでやってくれるかなぁ)
スポンサーサイト
試合日記_2007  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::2007/10/02 仙台遠征・その1
今更ながら試合日記を書ける訳もなく(もう記憶が薄れてしまってます……ぐは)、でも、撮った写真をお蔵入りにするのも勿体ないなぁってことで、とりあえず仙台遠征の写真を掲載してみようかと。いや、ホントに行ってきたんですよ、仙台!!(笑)

風邪をひいていて、体調的にどん底からやや持ち直す――ぐらいの所での旅行だったので、ホテルと球場の往復ぐらいしか出来ませんでした。前も書きましたけど、牛タン、お腹の底から堪能したかったよぅ~(涙)
あ、ちなみにひとり旅です。うはは。平日に一緒に仙台まで行ってくれる人はなかなかいないですからね……まぁ、基本、ひとり行動派なので全然平気でしたけれど。

お昼の飛行機で仙台に飛んで、ホテルにチェックインして、遅めの昼ご飯食べてから球場へ向かいました。
一応、前もって下調べはしておいたんですが、でも、一応確認のため――と思って、仙台駅のホームで「これから野球を見に行きます」な雰囲気満々なご夫婦に「この電車でいいんですよね?」と声をかけたら、なんと球場まで一緒に行ってくれる事に。仙台の人は優しいなぁ~

それほど長い時間ではなかったのですが、道すがら、楽天の事を色々教わりました。結構、何度も球場に足を運んでいるご夫妻で、札幌ドームにも来た事があるとか。親切にしてもらえて、仙台に対する好感度が一気にアップですよ。
私はライト側、ご夫妻はレフト側――ということで、球場の前で別れる事になりました。優勝も決まっていたので、「手加減してくださいよ」と言われたのですが、当日の試合が……かなり大差のついた試合になってしまって、申し訳ないようないささか気まずいような(汗)
まぁ、次の日のまー君の試合は楽天さんの勝ちだったので、「あいこ」って事で許してください(笑)


最寄り駅で降りたら、楽天一色なんですよー 壁は楽天のクリムゾンレッドに塗られ、あちこちにキャラクターの絵があって。
あれを見ちゃったら、福住駅(札ド最寄り駅)って、多少フラッグとかあるけど、やっぱり味気ないなぁ――って思っちゃいます。まぁ色々とあるんでしょうけれども、駅に着くだけで楽天ファン的には気分が盛り上がるんだろうなぁ。

駅からのんびりと歩いて、フルスタ宮城に到着。

s001.jpg s002.jpg

>> 続きを読む
試合日記_2007  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::オフシーズンネタまとめて・その11(結婚結婚、また結婚!)
ヒルマン監督の専属通訳として有名(?)な岩本通訳が、HBCの森アナウンサーさんとご結婚だそうで!
森アナというと、アキトム(@HBCラジオ)にたまに出てきたりしていたあの方ですよね……って、最近、ラジオ聞いてないから今も出てるのか分かりませんが(←仕事&野球がシーズンオフになるとどうしても聞かなくなってしまう(汗))
岩本通訳というと、前に、日ハム選手ご一行様と同じ飛行機に乗った時、搭乗待合所で隣りに座ってたオバサマたちが、選手の顔を見ても全然日ハム選手だって気づかなかったんだけど、岩本さんが現れた途端、「あら、あの人、日ハムの通訳さんじゃない」と一斉にザワザワしはじめた場面を思い出します。たぶん、12球団で一番顔が知られている通訳さんでしょう(笑)
岩本通訳は、HBCの朝のラジオ番組に週一で出演されてたんですが、それがきっかけだとか。北海道のアナウンサーさんと結婚したってことは、これからも北海道中心で活動してくれるんでしょうか。してくれるといいなぁ。

去年のCS最終戦だったか、試合後、岩本さんとヒルマン監督が二人一緒になって、グラウンドキーパーさんひとりひとりの所へ行って挨拶をしていた姿が、今も目に焼き付いてます。
日ハムの中にある「いいもの」を、岩本さんが次の世代へ伝えていってくれればなぁ――と祈ります。

結婚――といえば、書くのを失念してましたが、今浪選手も結婚されたそうで(スポーツ報知だかのネット記事で見た記憶が)
あと、日ハム公式サイトには星野八千穂選手の結婚報告もアップされてましたねー……って、奥様のお父様が住んでらっしゃるのが思いっきり地元でビックリしたんですけれども(もちろん、奥様並びにご家族とは何の面識もありませんが)
地元といえば、去年の高校生ドラフトで楽天が1位指名した寺田くん、実は私と幼稚園&小学校&中学校が同じなのですよー(NHKで放送された夏の甲子園北海道予選大会では、思いっきり出身中学校名が間違ってたんですけど(汗)←隣りにある小学校の名前になっていた……)
「プロ野球」なんて遠い世界の事だと思ってましたから、まさか、この田舎で育った子がプロ野球選手になるなんて(しかも、1位指名で) そういや、駅に、「祝・楽天入団」の横断幕もあったような。
うーん、ハムが北海道に移転してから、プロ野球がどんどん身近になっていく感じです。飛行機に乗ったら普通に稲葉に遭遇した事もあるしなぁ。
って、一般人には、近付くのはこの程度が限度だと思いますが、でも、それでも、なんかドキドキしちゃいますね。ドキドキ。


って、おめでたい話題だけじゃなくて、金森くんが名護球場の壊れたフェンスから落ちた金属片を踏んで捻挫してしまった――という心配なニュースも。
オッシーがいなくなった今、金森くんにかけられる期待は去年の倍以上……いや、もっとかな、とにかく「今年頑張って欲しい選手」のひとりですからね。早く回復する事を心から祈っております。
あと、中田効果でファンも多く訪れるだろうから、老朽化してる名護球場を早く修理して欲しい――と金子会長が怒ってたそうですね。お金がかかる事ですのでアレなんですが、でも、実際、怪我人も出てますしね。早急に改善される事を望みますです。


改善される事を望む――といえば。

http://www.carp.co.jp/press/press_k_102.html

今年のファイターズグッズは、どんな感じになるんでしょうかね。
日ハムのグッズも悪くはないんですが、真面目すぎるというか――普段身につけたり、使ったりするのには、いまいちためらってしまうものが多いような気がしてます。個人的感想ですが。
なんかもうちょっとこう……ねぇ。遊び心が欲しいというか、洒落っ気が欲しいというか。

で、わたしが個人的に注目しているのがカープのグッズ制作能力なんですが、カープ坊やギターはともかく(笑)、ストールとかよさげな感じがしませんか。
札ドって、春先だとドーム球場でもちょっと寒かったりして、上着を膝掛けがわりに使う事もあるから、こういうのがあると羽織れるし膝掛けとしても使えるし、それがファイターズブランドなら言う事ないよなーとか。
まぁ、なにしろ「バケツプリン食べれますよチケット」とか販売しちゃう球団ですからね、カープは。見た時ビックリしましたけど。バケツプリンつきチケット。
そこまで突き抜けなくても、たとえば、「地元密着」を掲げるなら、札幌には札幌テレビ塔の人気キャラ「テレビ父さん」をデザインした人とかがいるのだし(しかもファイターズファンで、ラジオ出演した事もある)、その人じゃなくても北海道在住のデザイナーさんを起用してみるとか、そういう企画もあってもいいんじゃないかなーと思う次第です。



っていうか、携帯公式サイトにある携帯用待ち受け画面、わたしに作らせてくれ!!! アレはもう我慢出来ない!!(←おい!)
試合日記_2007  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::北京五輪アジア予選・第3戦 対台湾
終わってみれば、10-2。3戦全勝で北京五輪出場決定!!!

ダルが2ラン打たれた時は、ちょっと死にそうになったりしたんですけど(もし負けたら、世間から叩かれまくりになるかと思って)、その直後の猛攻! 一挙6点!!
いやー、単打で繋ぐあたりは、終盤のハム・ゴム鉄砲打線を見ている気分でもありました……などと書くと、他球団ファンの方に叱られちゃうかしら(笑)
ガンちゃんがいたら、「連打連打~♪」って歌ってますね、絶対に。

ダルは……明らかに調子よくなかったですよね(汗) 三振も取れてなかったし、球速も出てなかったし。指を気にしてる仕草も見せてましたよね。
というか、ラジオとテレビの球速の差がありすぎ! ひどい時は、「ラジオ149キロ/テレビ141キロ表示」なんてのがありましたですよ。ラジオは、球場での表示を元にしてたらしいんですけど……さすがに8キロ違うってのはなぁ(汗)
「すごい時のダル」とは全然違ってたけれど、悪い時は悪いなりにまとめられるようになったのがダルビッシュの成長の証し。

初回、新井さんが幻のデッドボールで燃えてタイムリーを放ち(←ビデオを見たら明らかに当たってるのに(青あざすら出来てるのに)審判の判定はただのファール。その後、がっつりタイムリーっすよ)、1点先制。
なかなか追加点を入れれない中、5回まで1安打ピッチングで、「よし、6回まで投げて、あとは継投で――」と思っていたら、6回裏、台湾のチンキンポーに逆転の2ランを打たれてしまいます。うあああああああ~~~~

大会ルール上、1-2で負けても北京行きは決まるんですが、3点以上取られて負けると、なんと韓国が優勝という事に。
ここまで来て北京行きの切符を逃すなんて……「あああああ、ちょっと、やばいよやばいよ~」とガクブルしていた7回、日本打線に火が点きます。
村田四球→稲葉ヒットで無死1・2塁。村田の代走に宮本が出て、続く里崎が送りバント――だったんですが、これがフィルダースチョイスを誘いなんと無死満塁に。
打者はサブロー。頑張れサブロー、ブログを知ってからすっげー好きになりましたですよ、サブローの事。
犠牲フライでもいい、とにかく同点にしてくれーと祈っていたわたしの目の前で、サブローは片膝をつきました。「!!!!!」、そうです、スクイズです! うひゃー、そう来るか!!!!
宮本が返り、同点に。1番ツヨシ・タイムリー→2番川崎・タイムリー→3番青木・四球→4番新井・タイムリー→5番阿部と繋いで6得点。北京がぐっと近付きました!
そうそう、稲葉が膝に死球を受けちゃったんですよね。いやー、テレビ見ながら血の気が引きましたですよ。だって、あのホークス戦で馬原から受けた死球と同じような位置じゃないですか!!
「い、稲葉、怪我だけは、怪我だけは~~~!!」とテレビの前で這いつくばって祈っていたら、稲葉が痛そうにしながら1塁に向かって、「頼むから無理はせんといてくれー」と。
試合中はアドレナリンとか出てて傷みとか感じてなさそうなんですけど、稲葉に大事ない事を心から祈っております。稲葉が怪我したら、来季のハムは……ハムは!!!


結局、ダルは7回まで投げて失点2。そういえば、最初長袖だったのが、気づいたら半袖になってましたよね。やっぱり長袖は投げづらいのかな……
「圧倒的」なダルをアジアにお披露目する事はかないませんでしたが、まぁ、それは本番に取っておくということで。ああ、ホントに負けなくて良かった(涙)

試合の方は、9回に新井さんの2ランや悪送球などで3点追加し、10対2に。これを8回裏藤川→9回裏上原の「きゅうじ・こうじ」リレーで守り、見事3連勝と相成りました。
ダルはちょっとヒヤヒヤでしたけど、でも、「悪いなら悪いなりに抑える」ってのが出来てたし、打つ方も稲葉が頑張ってたし、ハムファンとしてはホッと一安心というところでしょうか。あ、ひょっとしてダルは、打線に火をつけるためにわざとホームランを打た(以下略)←ないない(笑)
あと、台湾先発投手の名前が「陽」だったんですけど、「陽」「陽」って言われるたび、ハムの陽くんを連想してちょっとドキドキでした。本人は出番無かったっすね~ちょっと残念。


五輪予選が始まる前までは、「うーん」って感じで日本代表にもさほど興味が沸かない感じだったんですけど、正直、でも、始まってしまえば、すっげー燃えるし、ピンチで胃が痛くなるし、勝ったら嬉しいし。やっぱ、野球って面白いっすよね~
とりあえず、ダルと稲葉、これでオフに入れますね。例年より更に短いオフになってしまいますが、どうかゆっくり休んでください。

ってことで、これで今年の野球も終了ですね~
あとは、新入団選手会見と契約更改と、選手出席イベントとテレビ放映――ぐらいかな?
短いようで長く感じられる完全オフに突入する訳ですが……とりあえず、冬の間は書けてない試合レポを補完するのとグッズ製作を頑張ろうと思っております。オリジナルのカレンダーも作りたいなぁ~(やりたい事ありすぎて時間なさすぎ~)

試合日記_2007  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::北京五輪アジア予選・第2戦 対韓国
「日本4-3韓国」で、ヒヤヒヤドキドキながら逃げ切り~!!

やっぱり稲葉、百人乗ってもタイムリー!!!


いやーもう、あの場面で打てなかったらどうしようと、ホントドキドキでした。うん、やっぱりね、チャンスで頼りになりますよね、稲葉は……シーズン中からずっと続いているこの絶対的な信頼感! というか、レール感!(笑)
それにしても、半袖の人がいればファーのついたダウンジャケットを着ている人もいて、「一体、どんな気候なんだ」と不思議な感じでした……台湾。北海道の9月ぐらいなのかしら?(でも、さすがに9月でダウンジャケットは無いしなぁ。逆に11月ぐらいで半袖も無いし。不思議)

先発は、大方の予想を裏切って成瀬。韓国チームも驚いたかもしれないですが、それより、日本代表ファンの方が驚いたんじゃないでしょうか。いやいやいや、そっか、成瀬が来たかー
って、なんだか試合開始前にゴタゴタしていたようで。ホントのホントの試合直前で、韓国がスタメンを大幅変更してきたそうなんですけど……ルール的には問題ないそうですが、そういう「奇襲」はどうなのかなーとちょっと思いました。韓国だって実力あるのだから、猫だましみたいなのじゃなくて正面から当たってきてくれたら、見ていて気持ちいいのに。こんな大一番ですからね。
って、まぁ、選手が動揺しなけりゃそれでいいんですけれども。成瀬の初回の被弾は、そこら辺も影響あったのかな?

1点を失ってしまったものの、その後、しっかり立ち直りましたよね、成瀬。三振を取るたび、「いやーもうホントいいピッチャーだー」と嬉しくなったり。敵にすると、厄介極まりない選手なんですが(笑)
1点取られたすぐ後に、新井の2ベースを足がかりにしてサブローのタイムリーで同点に。森野の時のエラーで更に追加。
更に中盤、阿部にもタイムリーが出て3点取ったんですが、成瀬が打たれてしまって3-2に。
成瀬も、初っぱなから飛ばしてる感じでしたからね。緊張疲れもあっただろうし。ここでリリーフに川上けんしん。いやー、あの三振を取った時のガッツポーズ、良かったっすよ~

「あと1点」が欲しくて、でも、なかなか取れない状態が続いてたんですが、何回だったかしら、ランナー3塁で稲葉に打席が回って、「ら~♪ららら、ら~ら~ら~ら~ら~♪」とテレビの前で稲葉ジャンプの歌を歌ってたら、タイムリーが出ましたですよ! 本当に貴重すぎるタイムリー!
打った直後、ガッツポーズしてましたもんねー。いやいやいや、昨日のホームランといい今日のタイムリーといい、他にも惜しい当たりが幾つもあったし、今、好調なんでしょうね、稲葉。

4-3。けんしんがしっかり抑えた後は、仲良しの岩瀬が登板。
クローザーですから、いつもなら1イニングだけ投げるはずなんですけど、その岩瀬をあそこまで引っ張るとは思いませんでした……「岩瀬と心中!」だったんですかね、星野監督は。
犠牲フライで1点取られたりしたんですが、岩瀬もすっっっっっっっっごく頑張ってくれました。「うお!」ってインコースな所にストライクが決まったりして、ああ、岩瀬がすごく格好良く見える~(私服だと普通のオジサンだそうですけれど(笑))
そういや、韓国のバッターがインコースの球を全然避けなくて、テレビの前で「避けれよ!」と思わず叫んでしまいました。「当たってでも塁に出る」って事なんでしょうけれども、怪我とか怖くないのかなぁ(汗)

稲葉のタイムリーはホントでかかったっす。同点にする事無く最終回へ。
球児が出てくるかなーと思ってたんですが、マウンドにのぼったのは、国際試合無敵の上原。
WBCの時もすごくいい投球してましたが、今日も、とてつもない投球してましたね。打たれる気が全然しませんでした。テンポもすごく良かったし。
最後のバッターをファーストフライに打ち取ってゲームセット。北京五輪出場に向け、大きな大きな一歩です。ああ、ホント、勝てて良かった~


予告先発じゃないのに、監督インタビューで、「明日はダル」とバラしてしまってましたけれど(笑。でもまぁ、普通に考えてダルでしょう)、はぁ、全勝で北京への切符をつかみたいものですね。
ダル、頑張れ。いつも通り投げれば、きっと大丈夫だから! そんでもって、稲葉も今日みたいにいい所で打って、美味しい所全部持っていっちゃえ~~~!!!




ていうか、サブローブログ、更新早すぎ!(笑。未だに「大村って誰だっけ?」と思ってしまう~)

試合日記_2007  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::北京五輪アジア予選・第1戦 対フィリピン
10対0。7回コールドで日本の勝ち。

とりあえず最初から見てました~(耳にはもちろんラジオのイヤホンを突っ込んで←いつものテレビ観戦スタイル)
応援歌が日本代表オリジナル(?)だったため、テレビの前で一緒に歌う事が出来ず、応援的にはちょっとテンション低いかなーみたいな感じだったのですが、5回、稲葉の打席の時、ひとりで「稲葉ジャンプ用ファンファーレ→今見せろ~お前の底力を~♪」って感じで歌ってたら(←ホントに歌うなよ(汗))、ホームランを打ってくれたので、すっげー嬉しかったです。
ホームラン+タイムリーでしっかり貢献出来てましたよね。いいよいいよ、このまま行ってくれ、稲葉~~~~(また明日もひとりで稲葉ジャンプするから~←やめやめ(笑))

涌井も、最初の方、ちょっと球数多いかなーと思ってたんですが、丁寧に投げてくれてましたねー
前に、札ドで涌井を見た時、調子が悪くて打ち込まれちゃってて、それを見た友達が「涌井ってそんなに凄くないんじゃ?」とか言い出したので、あわって「いや、ぴしっとハマると涌井はさっぱり打てなくなるんだよ」って力説した記憶があるんですが、今日の試合を見て、友達も納得してくれたんじゃないかと。
確かに相手はフィリピンでしたけれども、だからって手を抜ける訳でなし、涌井はいい投球をしてくれたんじゃないかなーと思ってますですよ。

井端は……かなり痛そうな感じでしたけど、大丈夫かなぁ(汗) 軽い怪我である事を祈っております。なむなむ。


明日の韓国戦、先発は……ダル、でしょうねぇ、やっぱり。
1軍初登板から見ている人間としては、ダルが誉められるたびに「いやー、でも、ダルも時々ポカするしさぁ」と逆に不安になったりしちゃうんですが、今もやっぱり不安だったりします。
立ち上がりに失点するダルを何度も見てきてますからね……こんな不安なんてアッサリ吹き飛ばしてすっっっっっっっっっごい投球してくれ、ダル~~~~!!!!

(ああでも、あんまり凄いとメジャーのチームに目をつけられてしまうかな……それもまた困るなぁ(汗))
試合日記_2007  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


| home | next>>
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。