::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2006/11/23 選手トークショー(江尻・岡島)
お店に行ったら、既にサイン会の整理券配布は終了してました。配るなら配るって言ってくれよ~(涙) 地元だから朝早くから並べたのに……しくしく。

ってことで、江尻・岡島のトークショーを見てきました。
店側の段取りがグダグダで(客の整理どうしましょう?ってイベント1時間前になってから、並んでる客の前で打ち合わせ始めないでくださいよ……「何のんきにやってんだよ、私に仕切らせろ!」って言いたかったです(笑))、1時間半前から並んだ割にはあんまり前の方では見られなかったんですけれど、でも、眼鏡江尻が格好良かったのでオールOKです。あはは。

20061123_01

>> 続きを読む
スポンサーサイト
イベントレポ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::2006/11/22 小笠原FA&選手トークショー(ダル・八木)
2時間しか寝てない頭で。

自分はハムファンで巨人ファンではないので、小笠原さんの事は巨人ファンのみなさまにお任せします。
残留署名もしたんですが……結局、届かなかったんですね。泣いたよ、ガッツ。泣いて、さよなら。
「ハムの小笠原って、全然大したことないな」なんて、セファンに絶対言われたくない。ガッツがいるからといって巨人を応援する事はないけれど、でも、ガッツは頑張れ。ハム戦以外、頑張れ。



そして、ガッツがハムを出ていく事を表明した日、ハムの選手は北海道各地に行って、イベントを行っておりました。私も、朝5時起床で行ってきました。札幌で3カ所ダル&八木のイベントがあったうちの2カ所(澄川ビッグハウスとラッキー・ルーシー店)をハシゴ。さすがに全部を行脚する気力と体力はありませんでした(オバサンやからなー)
>> 続きを読む
イベントレポ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::2006/11/19 ファンフェスティバル・2006
朝7時半の電車で札幌に行ったら、ドーム前には既に「ディズニーランド3時間待ち」みたいなスゴイ行列が……前の方の席を確実にゲットするには、泊まり込みか始発で来るぐらいの覚悟が必要だったようです。ううううう。
まぁそれでも、なんとか10列目ぐらいの席をゲット。3万7千人って言ってましたかね、観客数。空席があった去年とは違いギッシリな感じでした。これが優勝効果ってヤツですか。

ってことで、開始です。

20061119_01

>> 続きを読む
イベントレポ  コメント(1)   トラックバック(0)  △ page top


::2006/11/18 優勝パレード
パレード自体は11時から開始だったのですが、早めに行かなければ前の方を確保出来ない――と張り切って電車に乗りました。
朝8時頃、札幌駅到着。駅を出てみると、まだ道路は封鎖されてなかったのですが、いつもと違う、ちょっとソワソワしたような空気があたりに漂っておりました。

「どこで待機しよう」と駅前通を大通公園の方に歩いてみると、パレードの車列が通る方に近い歩道には割と見物人が多いものの、反対側の中央分離帯がある方は全くと言っていいほど人がいなくて、「これ、ホントに15万人集まるの?」と不安になったり。8時過ぎぐらいにはホントに誰もいなかったんですよ~
「選手は、2階建てのオープンバス(屋根がないバス)」に乗る」という情報を前日のニュースからゲットしてたので、「写真を撮るんだったら、あんまり車に近いと角度的に撮れないかもしれない」と中央分離帯側で待つ事に。これが失敗だったような成功だったような……
ちなみに、このパレードのために生まれて初めてデジカメを買いました。携帯カメラだと絶対に綺麗に撮れないと思いまして。

待ってる間は、とにかく寒かったです。雪もちらついてたし。
何かの宣伝をしてるお姉さんが配ってくれたホッカイロが、砂漠でオアシスみたいでした。アレが無かったら、ホントにくじけてたかも~
9時になってもあんまり人が集まってなくて、「これ、ホントに15万人の来るの?」と本気で不安になってしまいました。てか、私が早く到着しすぎたのか~
>> 続きを読む
イベントレポ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::2006/11/13~11/16  八木くん新人王ネタなど。
パレード&ファン感謝祭のために、着々と準備してますですよ。ふふふふふ。
あ、パレード翌日のファン感謝祭、今日、入場券が届きました。一応、ファンクラブ枠で応募したんですが、なんかファンクラブ枠でも結構な競争だったとか。10万通以上の応募があったのかな?
札幌ドームが4万3千人入って、ハガキ1枚で2人入れるから、当選数は約2万通ちょっとぐらい。5倍ぐらいの倍率を勝ち抜いたって事っすかね(うは、大学入試の時と同じ倍率だ(笑))

純粋に抽選の結果だとは思うんですが、「今年1年ハムを応援し続けたごほうび」を野球の神さまがプレゼントしてくれたのだと思って、楽しんできます。これも早めに行って場所確保しなきゃな……(去年は空席もかなりあったんですけれど(笑。たぶん応募者全員当選)、今年はギュウギュウ詰めになりそうだな~)

余談ですが、応募用ハガキに「好きな選手名とその選手へのメッセージ」を書く項があって、誰の名前を書こうかすっっっっっっっごい悩んだのですが、八木くんの名前を書きました。
で、余白があったので、ネットで見つけた写真を元に、八木くんイラストを添えたりして(笑) まぁ、それが選ばれた要因とは思いませんが、神さまには気持ちが伝わったのかな~と。うひひ~



ガッツ出演のはなまる。録画したものをまだ見てないんですが、とりあえず、家族の話題が中心だったみたいっす。
前にガッツの自叙伝を本屋で立ち読みしたんですが(立ち読みかよ)、ホントに家族ラブな人なんだよな~と。

ちなみに、今日が日ハムとの3回目の交渉でしたが、確定事項は何も無し。
「自分がいいたい事を球団側に伝えました。条件的な事は何も話してません」との事。なんか、お金の問題家族の問題云々じゃなくて、選手への待遇とかそういう事の不満があったりするのかなーと。ここ数年でベテランや結果を出せない中堅どころをガシガシ切ってたりしますから。金銭トレードであっさり放出したり。
まぁでも、経営側とすれば、ただでさえお金がない球団だったりするので、成績のでない選手を切るのはある程度はやむなしな感じもあるのかもなーみたいな。どちらの言い分も分かるだけに難しい所です。

とりあえず、巨人・中日との交渉のあとにもう一回日ハムと交渉するみたいなので、FA宣言→即移籍は無いのだと分かってちょっとだけホッとしているというか。
ガッツが最終的にどんな選択をするのかは分かりませんが、行くにせよ残留するにせよ笑顔になってくれればいいな――と思います。うつむいて辛い顔してるのは見てる方も痛いよ~
>> 続きを読む
ハム日記_2006  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::2006/11/12 対LA NEW ベアーズ(アジアシリーズ・決勝戦)
【ファイターズ○1-0●LA NEW ベアーズ(台湾) (東京ドーム/24,580人)】

(※ちょいと時間が無かったので、メモ書き程度で)

まずは。台湾ベンチ前に置かれてたクマちゃんのぬいぐるみがすっごいめんこかったです。いいなぁ、ああいうお茶目さ(死語)があるチームって……

んでもって、10奪三振のダル。すごい。何が凄いって、手を抜かなかった事が(爆) MVP受賞しておりました。おおお、おめでとう~
「武田久って身長168センチなんだけど、すっごいイイ球投げるんだよ」と両親に解説している私の目の前(のテレビ画面の中)で、久の頭を撫で撫でする196センチのダル。画像で見ると、もの凄い身長差です。っていうか、体育会系社会の中で年上にそんな事していいのか~(笑)

んでもって、アジアシリーズ優勝。安心しました。嬉しいと言うよりも、言葉にするなら――安心。ああこれで、今年の試合は全部終わりました……いや、長いシーズンでした。長くて嬉しくて、ほんのちょっぴり切なくて(ガッツ……)、そして、幸せだった2006年。

優勝パレードは紙吹雪ではなく本当の吹雪になりそうな感じです。初雪が降りました。今、うっすら積もってます。


そんでもって、明日からガッツのアレで悶々とする日々が……まずは明日の「はなまるマーケット」から(えええええ、なんでいきなり「はなまる」出演なんだ、ガッツ……)



投手:ダルビッシュ-武田久-MICHEAL
【勝】 ダルビッシュ(アジアシリーズ1勝0敗)/ 【S】 MICHEAL(アジアシリーズ2S)

【アジアシリーズ通算成績】 4試合 4勝0敗



+++
(別サイトの日記より転載・一部修正あり。投稿日時は、元記事の投稿日時です)
ハム日記_2006  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::2006/11/11 対チャイナスターズ(アジアシリーズ)
【ファイターズ○6-1●チャイナスターズ(中国) (東京ドーム/12,337人)】

本日のアジアシリーズ。

対中国戦。中国はプロ野球が出来てまだ5年で、年間でも30試合ぐらいしかしないという話なので、力の差はやっぱり歴然という感じでした。これからですね、中国の野球は。
今日の先発は金村。ってことは、決勝はやっぱりダルですな。ちょっと前までの金村だったら、「なんでエースの俺が中国戦なんだ」って不満に思ったりもしそうですけれども、あの件で生まれ変わって、納得してくれてたらな……と思います。
てか、各マスコミのみなさん、ダルはまだうちのエースじゃないっす(汗) ことごとくエース扱いなんだもんなぁ(さすがにまだエースの責任を負わせるのは早いかと)

技術的にはまだまだ……な中国相手という事でしたけれど(ピッチャーが牽制したら、誰もベースにいなくて暴投になってしまうとか、そういう初歩的ミスが)、金村はやっぱり金村っていうか、ちょこちょこ打たれておりました。でもまぁ、「ランナーを出しつつ粘りの投球」ってのが金村の味みたいなもんですし、結果的には無失点でしたから、それなりにそれなりだったんじゃないかと。

打線の方は、上位よりもむしろ下位打線の方が面白かったかも。稲田とか紺田とかの若手が。稲田は、「おれ、すんごい打つよ」な自信満々の打撃フォームだし、紺田は妙に腰が引けててへっぴり腰っぽく見えてしまう(笑)フォームだし。
それなりにそれなりな感じで、コツコツと点を取っていって、最終的に6-1で勝利。
>> 続きを読む
ハム日記_2006  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::2006/11/10 対LA NEW ベアーズ(アジアシリーズ)
【ファイターズ○2-1●LA NEW ベアーズ(台湾) (東京ドーム/11,038人)】

今日も凄いよマサルさん。

アジアシリーズ第2戦・対台湾の熊さん。今日はクマクマ対決。
テレビ中継が始まってすぐだと思ったんですが、フォアボールを出してしまって「ありゃ」って感じで舌をペロって出したマサルさんが、ちょっと可愛いと思ってしまいました。いやまぁ、マサルさん、年齢的には「可愛い」の範疇を越えてるんですけれど(笑。スミマセン、オバサンな感想で)
どんな時も普通に普通の顔で淡々と投げる人なので、ちょっとした表情の変化も微笑ましいです。っていうか、なんか、お公家様(というか、ひな人形のお内裏さま)っぽいイメージなんだよなぁ、マサルさん。
出会い頭の事故みたいな一発はあったものの、いつもよりもズバズバ三振を取ったりして、ああ、余裕だなーという感じが。

というか、むしろ打線が、春頃の「いいから野手は全員頭をまるめてピッチャーに土下座しろ」状態で(笑)、「こりゃどうなるんだ」とちょっと心配もしましたが、向こうのミスに乗じてなんとか勝ち越す事が出来ました。
マサルさんが完投する事はほぼ無いので、「誰がリリーフに出るのかなー」と思ってたら、久が。
>> 続きを読む
ハム日記_2006  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::2006/11/09 対サムスンライオンズ(アジアシリーズ)
【ファイターズ○7-1●サムスンライオンズ(韓国) (東京ドーム/15,147人)】

や、ややややややややややややややや、や、(←狼狽えすぎ)、八木くん、肩は、肩は大丈夫なのぉぉぉ~~~~~~~~っっ

ってことで、野球ファン以外にはあんまり(ほとんど?)知名度が無さそうなアジアシリーズが今日から開幕だったんですけれども、先発の八木くんが4回だか5回だか途中で「肩の違和感」を感じて、自ら降板というアクシデント発生。
え、ええええええええ、ちょっ、ピッチャーが「肩に違和感」ってちょっとヤバイんじゃないのぉ~~~~(超心配)

試合中継内でのコメントとか、あと、監督のコメントを見る限りは「肩が変な感じになったので、怪我をしてしまう前に大事を取って交代した」って感じらしいですけれど、とにかく、大したことが無く終わってくれと祈るだけです。
>> 続きを読む
ハム日記_2006  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::2006/10/29 日米野球観戦など。
2006/10/29

ハム特集の番組も少なくなってきて、やっと身辺が落ち着いて来た感じです。
というか、来年正月早々「48時間耐久日ハム番組?」というのをがおら(GAORA?)でやるみたいで、「すすすすすすすすすすすす、すげー見たい」と思ってるんですが、いかんせんがおら……
正月早々、48時間も録画頼める訳ないし、ここらで本気でCS導入とか考えてみたりして。でも、かねがね金がねぇしなぁ~


(昔懐かし源平討魔で~ん)
>> 続きを読む
ハム日記_2006  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


| home |
Copyright © 2006 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。