::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::ファンフェスティバル2008 その5(ドリチャリレース!)
世間では、選手道内行脚トークショーの話題が花盛りだったりしますが、こちらは月見草のようにひっそりとファンフェスレポを(笑)

最後の最後の大イベント、「ドリチャリレース」です。最初、「ドリチャリって何だ?」状態だったんですが、大人も乗れるやや横長の三輪車――みたいな乗り物でした。
競技開始前には、ファイターズガールが並んで花を添えます――って、あれ、

P1260112.jpg P1260118.jpg

なんか、やたらゴッツイファイターズガールが……(笑)

P1260124.jpg

正解は、背番号63の渡辺選手でした。今成くんもビックリ。

P1260129.jpg

試合開始に備えて、第1レースに出場する選手が集まってきます。手前に見えるのが「ドリチャリ」です。
乗るのに結構コツが必要らしくて(体重を「前」にかけなきゃ進まないらしい)、悪戦苦闘の選手多数でした(笑)

第1レースは

・ひちょりチーム:今成→須永→中田
・賢介チーム:浅沼→菊地→ダル
・金子チーム:渡部→伊藤→武田久
・稲葉チーム:多田野→松山→宮西

という布陣。

P1260140.jpg

見所はやはり第3走者。中田・ダル・久・宮西くん――という超豪華メンバー。
ドリチャリが三輪車とあって、試合前のインタビューでも「体の大きな選手は不利ですね」という感じだったんですが、久にそれを尋ねた時、久が「僕も身体デカイんで(←関西イントネーションで)」と言った時の他の三人の爆笑具合と言ったら(笑)

P1260155.jpg

そんなこんなで、試合開始です。この後、最初の爆笑が待ち受けておりました。
>> 続きを読む
スポンサーサイト
イベントレポ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::トークショーいいなぁ~
本日は、全道各地でファイターズ選手によるトークショーがありましたね!
色々、レポを読んだりしてるんですが、どこの会場も楽しかったようで。うんうん。

かくいう私も、一昨年、ダル八木のトークショーを見るために早朝からハッスル(?)したりした訳なんですけれども、今でこそ情報まとめサイトとか作って下さる方がいらっしゃいますが、当時は色々回りたかったら自分で調べなきゃならなくて、結構な労力が必要でした。まぁ、それでも行きたかったんですけどね。
思い出しても悔しいあの日、初めて行く場所だったが故に道に迷い、サイン会整理券配布の列に並んだ時にはもう既に遅かった――というか、わたしの数人前で「はい、終了~」状態で、結局、ダル八木のサインをゲットする事はかなわなかったんですが(あそこで道に迷っていなかったら……ッッ!)、でも、目の前でダル八木の二人を見れただけでも幸せですよね。うん。

最近は、あんまりミーハー的な視線(?)で選手を見ることが無くなってきて、トークショーとかもさほど食指が動かなかったりするんですが、でも、レポを見たりすると、やっぱり行けばよかったかなぁなんて思ったりもしてしまいます。ヤタロー久組、見たかったよぅ~
とりあえず、選手のみなさま、お疲れさまでした。参加されたファンのみなさまも。って、これからもまだまだたくさんイベントがあるんですよね~

ファンの数が増えるにつれ、色々大変なこともあるかと思うんですが、こういうイベントを通じて、選手とファンの交流がますます深まっていけばいいなぁと思いますです。
ニュース・ネタ系  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::ファンフェスティバル2008 その4(待ってました、卓球大会)
イベントレポつづき。

毎年おなじみファイターズガールのダンスを経て(今年はちょっとお見せ出来ない系の仮装だったので(汗)、写真は割愛)、プログラムも後半戦。ファンなら一度は見てみたかった、「卓球王座決定戦」の開始です。
入場時に「誰が卓球王になるでしょーかクイズ」みたいなヤツの応募用紙をもらっていて、ファンフェス開始前に投票しに行ったんですが、投票所は人人人人、人また人……(汗)
「誰に投票しよーかな~」と選べる状況では全然なくて、とりあえず人をかきわけていった先、目の前に現れた「藤井」「ひちょり」「マサルさん」の箱のうち、一番投票数が少なさそうな(失礼な!!(笑))マサルさんに一票を投じました。藤井は女性人気がすごそうだし、ちびっこはひちょりに入れるだろうし――と思いまして。
なので、後で「マサルさんが本命」だと知ってビックリ。「頑張ってくれ、マサルさん!」と思ったんですが、我らがマサルさんは、残念ながら予選敗退。
ファンフェス途中で1回、予選会場(ブルペン)から中継が入ったんですけれども、負けて大ショックのマサルさんは、言葉も出ないほどでした(これが、後の伏線となるとはこの時点で誰も思っていなかったでしょう)

で、参加16選手から勝ち抜いたひちょり・稲田・鶴岡・陽の4選手によって、卓球王座が争われることになりました。

P1260024.jpg

ちなみに、会場設置はこんな感じで。

P1260010.jpg

この広い札幌ドームで、4万人以上が小さな卓球台と更に小さなピンポン球に注目する――ってのは、ちょっと可笑しいかも(笑)
>> 続きを読む
イベントレポ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::ファンフェスティバル2008 その3(ドッジボール~障害物競走~ファッションショー)
ファンフェス写真つきレポ第2弾。

選手整列&挨拶のあとは、チーム対抗ドッジボール大会――でした。
今回は、「TEAM稀哲(緑)」「TEAM賢介(オレンジ)」TEAMマック(水色)」「TEAM AI(稲葉/黄色))」の4チームに分かれての対抗戦だったんですが、まずはマックチームと稲葉チームの対戦。

P1250650.jpg

画的にはこんな感じ。内野4人+外野2人で、外野は当てても中に入れないルールでした。

P1250655.jpg P1250658.jpg

一番の大活躍(?)が多田野。解説役のガンちゃんに「出ますよ、出ますよ、スーパーガチョーンボールが!」と前フリされ、見事、それに答えて「あの超スローボール」を放ちます。放ちます――が、ドッジボールにおいて「あの超山なりスローボール」は単なる「相手への緩いパス」でしかなくて(笑)、思いきりボールを取られ、しかも返り討ちにあってアウトになってしまう――という展開に。
試合後、「(イーファスは)ドッジボールでは通用しないことが分かりました」と真顔で語っていたのも面白かったです。いやー、多田野、1年目のファンフェスでこれだけ出来るって凄いわ~
(そういや、多田野、選手の納会のゴルフ大会でミスショットした時、「SHIT!」って言ってたそうですね(笑) 稲田には、「試合中、声かけに言ったら、『はい』じゃなくて『Yeah』って答えやがった」って言われてたし――おもろいなぁ~)

チームマック対チーム稲葉は、チームマックの勝利。続いて行われたチーム賢介対チームひちょりは、チーム賢介の勝ち。
で、決勝戦はチームマックとチーム賢介の戦いになったのですが、若手を揃えたチームマックが見事勝利いたしました。

P1250678.jpg

勝利の瞬間。多田野のイーファスが見られたのは嬉しかったんですが(生で見たことなかったので)、個人的にはキックベースの方が面白かったような――気が。来年はドッチをやるのかな~(シャレじゃないよ!)
>> 続きを読む
イベントレポ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::二岡・林、入団会見をする。
ファンフェスレポの前に。

hanaテレビの予告を見たら、入団会見の中継がある――ってことで、急いで仕事を終わらせてテレビの前に座りました。
午後4時きっかりに入団会見開始。「二岡が笑うのかどうか」が注目の的だったんですけれども、元々笑うキャラではないよう(?)で、だから、いくらハムがファンサービスファーストな球団でも、急にニコニコしなさいってのはキツイんじゃないかな~と思ったりしたんですけれども、所々にこってしてましたね。
満面の笑みよりも、むしろ緊張の中で少し表情が緩む――ぐらいの方が萌えかもしれないと思ってしまいました。てへっ。
一方の林投手の方ですが、こちらの予想以上に「積極的な入団会見」だったような印象が。
「パリーグのチームは自分のデータを持ってないからいけるんじゃないだろうか」的な言葉を聞いた時、「おお、コイツ、やる気だな」ってのを感じました。彼にとっては、心機一転、「よっしゃ、レギュラー獲ってやるで」なトレードだったのかもしれませんね~

二岡は背番号23(尾崎が23→37なんですね)、林が背番号19。
まぁ人生色々ありますが、ファイターズでこれまで以上の活躍をしてもらえればいいなぁと思いますです。もちろん、他の選手も二人に負けないように頑張って貰わないと――ですけれども。


って、ガッカリだったのが、代表質問とSTVの質問が終わった後、司会者のお姉さんが「他に質問のある方はいらっしゃいませんか?」と言った時、その場にいたマスコミの誰も手を挙げなかった事。HBCは何か質問してくれると思ったのに……テレビカメラ入れりゃいいってもんでもないべ~
せっかくの入団会見なんだから、もっと色々訊いて欲しかったよ~ こんなんじゃ「北海道のマスコミはレベル低い」って言われても仕方ないっすよ。新庄の引退会見(@札幌ドーム)の時も悲惨だったけど。とにかくガッカリでした。あーあ。
ニュース・ネタ系  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::ファンフェスティバル2008 その2(選手整列&挨拶)
081123_0748~0001 081123_0749~0001

開場前。1塁側の待機列から、札幌ドームを。
日ざしがあった間は、思ったほどの寒さではなかったので助かりました。風がなかったのが一番デカかったかな~
日に照らされたからか、ドーム内に暖房が入ったからか、途中から雪が落ちまくり。


当日、公式発表では4万3千人入ったそうですが、体感的にはもっとたくさんの人がいたような印象。
なんとかかんとか席を確保しまして、まずは腹ごしらえ。今年最後の炭火焼き鳥丼を食べていたら、選手がベンチに集まり始めていたので、パチリと撮影してみました(クリックで大きくなります)

P1250455.jpg P1250488.jpg

とにかく、ダルはヤタローと一緒にいる感じ。ブログでもあれこれやりとりしてますが、ホントに仲がいい(ウマが合う)んだなぁ――と。

P1250540.jpg

誰だ、あくびしてるのは!(ダルも大あくびしてました(笑))
ここには映ってないですが、宮西くんの隣では、陽くんと藤井が座り込んで何か喋ってました。

>> 続きを読む
イベントレポ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::ファンフェスティバル2008 その1(とりあえず……)
ファンフェスティバルに行って参りました~
って、始発電車で出かけたのに(札幌ドーム7時半頃着)、ドーム内に入っていざ席を探そうとしたら、1塁側3塁側ともS席あたりが既に埋まってるってどういうこと?(汗)(汗)(汗)
始発電車で行ってこれじゃあ、札幌組に勝てるわけないじゃないっすか~あうあう。帰り道、「来年はシートを張るか」と友達と真剣に話し合ったりしてしまいました。ホント、前の日からシート張りしないと前の方で見れないよ~
つうか、今日、ホントは何人ぐらい来てたんでしょ? だって、座席はほぼ満席、グラウンドには地べた組が多数、その他、通路やら階段やらコンコースやらにも人が溢れ――状態ですよ。これ、絶対、定員数以上チケット発行してますよ(爆)
なんかもう、人で人で人で――なファンフェスでした。今年これなら、来年、どうなっちゃうんだ~~

イベント自体は、最初の方がかなりまったり――というか、ゆるゆるすぎて、「去年の方が面白かったかなぁ」などと思ったりしてたんですが、障害物競走と卓球とドリチャリレース(大きめの三輪車みたいなのでレースをする)で、後半、かなり盛り返した感じです。特にドリチャリレースが面白かった! あと、生卓球が見れたのも良かったかな~

とりあえず、今回のファン感のMVPは多田野だったんじゃないかと(笑) はじめて、生であの「超スローボール」を見ました。ドッヂボールでしたけれども(笑)
のちほど、写真つきのレポを書こうと思ってますが、とりあえず忘れないようにメモメモ。

・ドッヂボール→多田野の超スローボール「ドッヂボールでは通用しないことが分かりました」
・障害物競走→須永メイド&ダルみつばち&ヤタロー熊ぐるみ。佐藤の高速バク宙。
・卓球→予選で負けたマサルさん、言葉も出ないほど落ち込み。解説の中田は、相手が先輩でも常に上から目線(笑) 優勝は脅威の粘りを見せた稲田。
・ドリチャリレース→身体が硬すぎて前に進まない多田野、ダルに対抗して「自分も身体が大きい」と言い張る久、久と宮西くんのデッドヒート、抑えつけるわ引っ張るわで大人げない久、空気を読んでなかなかゴールしなかった信二をあっさり追い抜く負けず嫌いなマサルさん、1位ゴールしそうな稲葉を妨害した建山と恍惚の表情でゴールした金子。
・意外なほどにこやかだった須永、最後の罰ゲームで何故かめちゃくちゃ弾けて躍っていた陽くん。

とりあえず……これくらいかな。明日から、写真を整理しつつレポを書いていきたいと思いますです。
イベントレポ  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::マイケル・工藤、巨人へトレード。
マイケル&工藤←→二岡・林

かなり前から噂は流れてましたので、「お知らせメール」を見た時、ショックと言うよりは「ヘビの生殺しはやめてぇな、さっさと発表せんかい」な気分でした。マイケルブログに「チームから出された理由には心当たりがある」みたいな文章がありましたから、これはもう、かなり前から決まっていたトレードだったんでしょうなぁ(だから、今年、あんまりマイケルを登板させなかったのかな)

「トレード発表で死にたい……」気分は、去年のオッシーハッシー川島くんの時で、だいぶ使い果たしてしまったので(プロ野球ファンである以上は避けられない痛みですもんね……)、思ったよりは冷静で居たりするんですけれども、二岡って、マイケルを出して出来る「損失」分を埋めれる活躍が出来るんですかいな???(不倫云々はこの際、脇に置いといて)
林も、手術?とかしたそうですけれども、大丈夫なんかなぁ~(北海道で裸になったら風邪引くぞい)

とりあえず、二岡が「必ず」期待通りの活躍をしてくれるかどうか&工藤ちゃんが巨人でもしっかり1軍で使ってもらえるかどうか――が、今、一番の心配事項なんですけれども、中嶋センセイのいないマイケルって、しっかり「劇場」出来るのかなぁ。うーむむむ。いや、中嶋センセイは渡せませんが。

それにしても、ダルも多田野もそうですけれども、ハムってこういう「ちょっと色々あった」選手を集めるのが好きなのかも?????
ニュース・ネタ系  コメント(0)   トラックバック(1)  △ page top


::ファンフェス当たった~
読者に大好評だった江尻夫婦

雑誌を読んでないのでにんともかんともなんですが、これ、「プロ野球選手ですよ」って事は書かれてあるんですかね?
週刊誌やら野球雑誌に載る選手は珍しくないですが、奥様向け雑誌に載る野球選手って、なかなかいないのかも。江尻、来季は期待しとるで~~~~


ってことで、ファンフェス当選のお知らせメールが届きました。10時頃送信という予定でしたが、10時数分前には到着してました(笑)
ローソンに引き替えに行ったら、同じ目的の人がチラホラと……私の前に並んでいた人が、予約番号とファンクラブ会員番号と電話番号がゴッチャになってしまったのか、何度数字を入力してもエラー画面が出るようで、結構な時間、待たされたりしたんですけれども、こういう場合、後ろから突然「これは、こういう風に入力するんですよ」って教えてあげてよいものなのか……どうなんでしょう。
明らかに年配の方だったりすると、割と抵抗なく口出し出来たりするんですが(相手も割と素直に受け入れてくれる)、今日の場合、わたしより多少年下っぽい女性の方でして、「何この人、ウルサイおばさんだなぁ」とか思われたら悲しいなぁ――と迷った末に、結局、何も言えず終いで。うーむむむ。

まぁそんなこんながあったりしたんですけれども、友人も無事に当選しておりまして、これで今年の心配事が無くなりました。あ、いや、あと駐車券ゲットがあるか。つうか、私自身は一応、始発電車あたりで出かけようかと思ってるんですけれどもね(天候次第ですが)

ドラフト指名した子も、順調に仮契約が進んでいるようですし、このまま全員無事に入団してくれるといいなぁ~(そういえば、ちょーのさんはどうなったとですか?)
ニュース・ネタ系  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::岸くんやったね!
なんかもう、すっかり岸ファンのノリになってますが(笑)

日本シリーズ第7戦。いやー、今日ほど西武の勝利を願った日は無いです。9回裏はドキドキでしたよ(笑)
当初の予想(豪快な打ち合い)を覆すような投手戦・接戦が多かったんですけれども、やっぱ西武が勝ってくれた方が嬉しいよなぁと。そりゃ、いつもは「敵」ですけれども、「パリーグ仲間」でもありますからね。デーブコーチの笑顔も、今日は許します(笑←偉そうだな)
MVPは岸投手。いやー、良かった良かった。昨日の力投がこれで報われましたね~(涌井にも、個人的に「がんばったで賞」をあげたい)



ってことで、来年、その旗を返してもらいに行くからね!! それまで大切に飾っておいてよ!!




ていうか、岸くん、飛びすぎ!!

ホントに飛びすぎ!!(笑)
ニュース・ネタ系  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::岸くんカコイイ!
ちっ、日テレめ、勝利監督インタビューを途中で打ちきるとは……これだからイヤなんだよなぁ~


ってことで、日本シリーズも第6戦。諸事情あって、途中からしか見れなかったんですが、稲葉さんの解説は「さすが喋り慣れてる」って感じで、全く隙がありませんでしたね。
ダルの時は「ダル喋りすぎ!」と思ったんですけれども、今日の稲葉さんの解説は「もっと稲葉に喋らせろや、ゴルァ!」って感じで(笑)、いやいやいやいや、もー、稲葉引退後は北海道各局の争いが凄そうですな(って、ちゃうわ、稲葉は日ハムの打撃&守備コーチになる予定だから(←勝手に決定)、解説者にはならんか)

試合の方は、崖っぷちの西武が意地を見せての勝利。つーか、岸くん凄すぎやわ……(惚れ惚れ)
って、来季が始まったら明らかに「敵」になる訳なんですけれども、今日みたいな投球を見せられると、岸くんファンになってしまいそうな感じです。
中2日って事もあったし、「絶対途中で替えるだろ」と思ってたんですが、最後の最後まで岸くんでしたね……うーん、凄い。ダルの06年の中継ぎも凄かったけど(アレはもう生で見ていて鳥肌ものだった)、今日の岸くんも凄かったわ~
もし、西武が日本一になる事があったら、MVPは岸くんになりそうな予感。ていうか、岸くんを選んであげて欲しい~(と、涌井好きの自分が言ってみる)
いよいよ、明日で勝敗が決まる訳ですが……岸くんの今日の頑張りが報われてくれればいいなぁと思いますです。頑張れ、ライオンズ!!


(――――ファイターズは来年頑張るぞ!!)

試合日記_2008  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::生涯ハム宣言!!
>今シーズン途中に自身2度目のフリーエージェント(FA)権を取得した稲葉篤紀選手が
>本日11月5日、札幌市内の球団事務所で交渉を行い、FA権を行使せず2年契約で
>更改いたしました。会見では現役をファイターズで全うする意向を示しました。

>◎稲葉選手コメント
>「前回(04年オフ)FA宣言した時にこの球団に助けていただきましたし、
>支えてくれる仲間やファンの皆さんを裏切るようなことはしたくありませんでした。
>来年はもう優勝しかないですし、梨田監督を札幌ドームで胴上げするという目標を持って
>プレーしていきます。FAで来た身ですが、改めて“生涯北海道日本ハム”を宣言します。
>2000本安打という大目標に向け、まずは来シーズン戦える体を作っていこうと思います。」


携帯に「ファイターズメルマガ」が届いたので、「ぎゃふ、また戦力外通知か!」とビクビクしながら見たんですけれども、開封してみれば、こんな嬉しいお知らせが……(涙)
稲葉のコメントの全てが嬉しくてたまりません。こちらも「生涯稲葉ファン」宣言をしたいくらいです(笑。いやもう張り切って宣言するよ!)

稲葉2000本か……幸雄さんの時もすげー感動的だったけど、稲葉の時も凄いだろうなぁ。てか、泣くな、きっと。札幌ドームで達成出来ればいいなぁ~
ニュース・ネタ系  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::契約更改第1号。
>今シーズンフリーエージェント(FA)権を取得しました建山義紀選手と
>札幌市内の球団事務所で交渉を行いました。
>建山選手はFA権を行使せず、1年契約で残留することが決まりました


やったー! ありがと、タテヤマ~ン!!
ってまぁ、建山が出ていく訳無いと思ってましたけどね(えっへん)
何より嬉しかったのが、

>僕自身もこのチームに愛着がありますから

との建山コメント。自分の好きなものを誰かに「好き」って言ってもらえたら、もー無条件で嬉しいじゃないですか。
そりゃ野球選手的には金額面とか球団内でのアレコレとか色々あんでしょうが、それは選手側の理由であって、ファン的にはやっぱり選手にもチームを好きであってもらいたい訳ですよ。って、「チーム愛なんて無くていいよ、成績残してくれれば」なファンの方も当然いらっしゃるでしょうが、少なくとも自分は、ファイターズの選手はやっぱりファイターズを好きであって欲しいなぁと思いますです。
なので、建山のコメントはとってもとってもとっても嬉しかったです。まだファンになって年数は浅いですが、色々ありましたからね……ははは(遠い目)



で、日本シリーズ第3戦。もー、おかわり君、目覚めるのが遅いよ!!!
あと、誤審(?)ていうか、「明らかにアウトだろ、今の!」みたいなのもありましたよね……スローにしなくても分かるのに、なんで一番近くで見てた審判が変な判定するのん? 萎えるわ~
ふぅ。西武の打力はこんなもんじゃないはず……もー、どうにかして頑張って~~~! 
ニュース・ネタ系  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::わくいわくわく!
アナ「~~~~~~~~~」
解説「~~~~~~~~~」
アナ「~~~~~~~ですよね、ダルビッシュさん」
ダル「そうですね、はい」



――的な扱いをされるのかと思った日本シリーズ第1戦・ダルビッシュ解説、始まってみたらアナウンサーがダルに話題をふるふる、ふりまくり(笑)
そんでもって、ダルの解説。「こりゃ、解説でも飯が食えるなぁ……てか、ダル、本当に野球大好きなのね(笑)」って感じで、とってもとっても頼もしかったです。
「選手としてどう思うか」だけじゃなくて、技術面・戦術面での解説もかなり的確で、他の解説の人、いらなかったんじゃないかと思ってしまうくらい。うへへ。
データの把握もきちんとされてたし、ダルがアレだけの投球をする裏には、「身体」「技術」だけじゃなくて、しっかりとしたデータ管理と分析があるのだな――と思いました。うちのエースはすごいわ、ホンマに!!!



んでもって、試合の方は2-1で勝ち。1点先制された時は、若干エラーくさい感じだったので(ライト・ボカチカが捕球しきれずにボールをこぼしてしまう)、「あちゃー」って感じだったのですけれども、我らが涌井はそれしきのことでは乱れませんでした。うん、やっぱ涌井はええピッチャーやなぁ~(めんこい、めんこ過ぎやわ!←と日本でそう思うのがたった一人であっても主張し続ける)
で、後藤&中島のソロホームランで逆転。そうだ、打って打って打ちまくってしまえ~~~~!
9回、グラマンが出てきた時はちょっとドキドキでしたけれども(笑。ハム的には慣れた光景ですが)、きっちり抑えてゲームセット。初戦をモノにしました。
やったね、涌井! もちろん明日も勝ってや~!(って、テレビ見るかどうかは分かりませんが)

>> 続きを読む
ニュース・ネタ系  コメント(4)   トラックバック(0)  △ page top


| home |
Copyright © 2008 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。