::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::えええええ!
まったりモードでWBC親善試合@ヤフドの中継を見ていたら、飛び込んできたのは「稲葉結婚!」の一報。
試合どころではなくなって(←おい)、稲葉ファンの従姉妹にあわててメールをしたりしてたのですけれども、いやー、そうですか、ご結婚ですか~~~~~~
って、実はちょっと前、地元でバスケの試合があった時、稲葉さんが彼女らしき人を連れて観戦にきてた――というウワサというか目撃談を聞いた事がありまして、だからまぁおつき合いしてる事とかにはさほど驚かないんですけれども、結婚となると、ねぇ。「ここに来てか!」みたいな感慨が――(笑)
なんにせよ、お幸せに~って感じです。つか、一気に女性ファンが減りそうな(笑)

ガンちゃん、今頃、枕をかみしめて悔しがってるだろうなぁ~~~





(いやいやいやいや)
スポンサーサイト
ニュース・ネタ系  コメント(1)   トラックバック(0)  △ page top


::2012日本シリーズ第6戦
【ファイターズ●3-4○ジャイアンツ (東京ドーム/45018人)】

今季最後の試合日記。

負けてはしまいましたけれども、いい試合でした。前の試合がアレだったが故に(汗)、スッキリした気持ちで終われたなぁ~

序盤で3-0になってしまった時点で、「ああー、やっぱり日本一には手が届かないかー」ってな具合で悲しかったりしたんですけれども、中田くんの3ラン!!!
そうですよ、こういうのを見たかったんですよ! うちの選手たちはこんなに凄いんだよ!!!!ってのを。
少しの間でしたけれども、素敵な夢が見られました。糸井のライトフライがあと30センチ高く上がっていたら――その30センチが、今のファイターズの力なのでしょう。

シーズン終了の翌日には早速、コーチ陣の退陣報道があったり、賢介と糸井がメジャー挑戦とか、まぁ、恒例のようにアレコレあったりしましたけれども、あのダルが抜けてもなんとかなっていったように、誰が抜けても彼が抜けてもファイターズは「ファイターズ」としてやってくんだろうなぁという感じです。この9年で私もだいぶ鍛えられましたね(笑)

ってことで、みなさま、本当にお疲れさまでした。
誰が見てるのかもよくわからない――というか、見てる人も片手の数程度なこのブログ、やめても別にいーんじゃねーのと考える事が多かった今年でしたけれども、なんとか、ここまではたどり着けました。
来年もまぁ、ボチボチとやってくんじゃないでしょうかね。個人的には西川くんがどんだけ伸びてくれるのかなーってのと、ルーキーの鍵谷くんに期待です。ラジオを聞いてすっかりファンになってしまったので(笑)
試合日記_2012  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::2012日本シリーズ第5戦
【ファイターズ●2-10○ジャイアンツ (札幌ドーム/40579人)】

書こうかどうかかなり迷いましたが――


正直な所を言うと、ガッカリしたというか萎えたというか、そんな感じです……
あの演技(あえて演技と言う)にも、覆った判定にも、あの状況で「なんとか出来なかった」ファイターズの選手にも、抗議をしないという球団にも。
「勝つためには狡いプレーも必要」という人もいますが、でも、日シリって仮にも日本プロ野球最高峰の舞台だし、そこではやっぱり子供たちが「すげー」って言って目を輝かせて憧れるようなプレーを見せて欲しかった。それこそ、中村くんと宮国くんの投げ合いとか、中田くんのナイスキャッチとか、そういう感じのを。
C席の高い場所から見てましたけれども、あの位置からでも「ぶつかってないだろ」ってのは分かって、だから最初、なんで加藤選手が転がって痛がってるのが理解出来ず、その後、トレーナーさんらしき人が出てきても、別段心配する様子もなく、転がっていたバットを拾いに行ったりしてたから、審判が「危険球退場」を宣告した時、心底「はぁぁ?」状態。
場内ではリプレイも何故か流されずにモヤモヤしたものだけが積み重なっていって。ホント、状況説明も何もなかったから、遠い外野から見てた人なんて、もっとワケ分かんない状態だったんじゃないですかね。あのイライラとハテナはたぶん、現地にいた人にしかわからないと思います。
そんで起こったブーイング。あんな酷いブーイング、ずっとファイターズの試合を見たり聞いたりしてた私ですが、初めての経験だったんじゃないかと。「お人好し」「応援に威圧感がない」って常日頃言われてるファイターズファンが、あそこまでするなんて――と、かなり驚きました。
家に帰ってニュースで映像を確認して、あのインハイが危険球になるなら、退場者、もっといっぱいいるじゃん――みたいにやさぐれたりしましたけれども、加藤選手は「これがプロのプレーだ」って、胸を張って言えるんですかね。野球少年が真似しても「そうそう、そうやればいいんだよ」って言えますかね。ってまぁ、言えるんでしょうけれども。かつて「テレビ写りが悪い」って言い放ったW谷選手のいる球団ですから。
あれを是とする巨人ファンとも、永遠に分かり合えないだろうな……まぁ、向こうは向こうで「強い巨人以外をなんで応援出来るんだろ?」とか思ってそうですけれども。仮に、ファイターズの選手がああいう事をしたら、私はその選手に幻滅すると思います。そんな事をして勝って欲しいワケじゃないから。

負けたなら負けたで、すっきり負けたかったです。「負けちゃいましたー」って日記に書けるような。はー、なんかもう、すげーテンション下がりました。試合開始前までは、あんなにワクワクしてたのにな……頑固おやじのカレーを食べてご機嫌だったのにな~

試合日記_2012  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::2012日本シリーズ第4戦
【ファイターズ○1x-0●ジャイアンツ (札幌ドーム/40433人)】

か、か、か、勝ったどーーー!!

しかも、飯山さんのサヨナラヒットでサヨナラ勝ちや!! 
一年に一度(くらい)奇跡を起こす男……サヨナラの瞬間は、ちょっと、魂抜け出そうな感じでした(笑)


今日は、実に数年ぶりの外野ライト側席での観戦だったのですが、最初は大人しくしてたんですけれども、途中から立ちあがっての全力応援になって、今はもう喉は痛いわ、ヘロヘロだわでかなりヘバってます(笑) 家にたどり着いたら、午前0時半だしなぁ~ いやまぁ、明日(というか、今日)の試合も行くんですけどね。

先発の中村マサルくんが投げてたのが、遠い昔のように思えます(笑) ていうか、中村くん、マジ頑張ってましたよね。うん。遠目からだったので、球筋とかは詳しくは分からなかったんですけど、いい球放ってませんでした???
いやー、すごいですよね。日シリの舞台で、あれだけの投球。これは絶対、自信になると思います。欲を言えば、中村くんが投げてるうちに勝ち越したかったですけどね~

で、その後の投手リレー。もう、誰が出てきたかの記憶も定かではないですが(←おい)、マッスーの2イニング目が結構、印象深かったような記憶が。今日は守備も良かったですよね、糸井も、中田くんも。うちの外野は鉄壁なんだぜぇ~~~~~

んでんで、打つ方は――何度も何度もチャンスがありながら、「あと1本が出ない」という、ある意味ファイターズらしい野球。満塁のチャンスで点が入らないのも、もちろんお約束です――ていうか、ホント、10点取れっていうんじゃなくて、たった1点でいいのに~って感じなんですが、打てませんでしたよねぇ~

「これ、延長15回までいったら、日付が変わるんじゃないだろうか」なんて思っていた12回裏、栄ちゃんがノーアウトで塁に出たものの、中島くんがバント失敗してしまって、なんとなくシューンとしてしまった所で、大野くんが試みた送りバントが上手くいった上に、相手のエラーが出てしまって、1アウト1・2塁のチャンスに。
ここで打席には飯山さん。「飯山さんなら、あの西武戦でホームランを打った飯山さんなら、きっとなんとかしてくれる~~~~~~!!!!」と思っていたら、打球は見事左中間に飛び、サヨナラヒットですよ!! スタンドも大盛り上がりで、前の席のオバサマと抱き合ってしまいました(笑)

いやー、勝って良かった。これで負けてたらダメージ大なんてもんじゃなかったですよ。
まだ2勝2敗になっただけなので、喜ぶべきではないのかもしれないですが、明日も勝って勢いつけたいですね。うん。勝って東京ドームに典子みたい――じゃない、乗り込みたいなぁ~~~~(ていうか、明日はもうちょっと早い時間に帰りたい(汗))

さー、明日も応援、頑張ってきますよ。喉はかなり痛いけど、明日で札ドラストですからね。選手の力になれるよう、頑張ってきます~~~~

試合日記_2012  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


| home |
Copyright © 2012 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。