::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2011/04/20 対オリックスバファローズ2回戦
【ファイターズ○9-5●バファローズ (ほっと神戸/ 8,467人)】

現在、大阪の某ホテルにいます。
私が甲子園で、虎ファンに囲まれながら平野弁当を食べたり、ジェット風船を飛ばしたり、審判をヤジったり、ワッショイしたり、「読売倒せ~、おー!」と叫んだりしてる間に、神戸ではウルフが6回1失点だったり、稲葉が元気だったり、中田くんがタイムリー2本打ったり、金子が地上波中継がないのを見計らって1500安打を達成したり、林が炎上したり久が火消ししたりしてたんですね……北海道に戻ってから、また改めて書き直します。

明日は京セラで応援。勝ってくれ、ファイターズ!



***
以下、後日日記。


先発はウルフ。実際の投球を見てないので、どんな感じだったのかは分からないのですが、数字的なものを記載すると、6回、球数106、被安打4、奪三振2、四死球2、失点1――だそうです。やや球数が多いですが、他は充分合格点ですな~
失点も、1アウト満塁からのサードゴロエラーの1点――かな。そのあとは踏ん張ったみたいっすね。大野くんとの息もあっていたようで(コメントを読むと)、いやいや、寒い中、お疲れさまでした~ 去年の今頃、大野くんと呼吸が合わなくて二人ともぶち切れてたのを京セラで見たような記憶があるんですけれども、いやー、良かった、良かった。

7回8回は、宮西→榊原のリレー。両者とも四者凡退。これは良かったんですけれども――9回、林が連打を食らって失点を重ねてしまい、点差があったので、おそらくは余裕ぶっこいていたであろう久先生にご登場いただくハメとなってしまいました。は、林~~~~~~
宮西くんの安心度が、去年より若干落ちている状況なので、林にかかる期待は大きいのですけれども――うーむむむ。印象、悪くなっちゃったなぁ~


打つ方は――初回、賢介のヒットを足がかりに稲葉がタイムリーを放ってまずは1点先制。陽くんがしっかり犠打を決めたんですね~
同点で迎えた5回には、これまた賢介のヒットをきっかけにランナーをため、稲葉が打ったヒットをオリさん期待のルーキー駿太くんが後逸、この隙に走者全員がホームに生還。一気に点差を広げました。駿太くんはいい所もあったけどエラーもあって、天国と地獄みたいな試合になっちゃいましたねぇ……初々しくて、ホント、可愛らしいんですけれども。えへえへ。
更に中田くんタイムリーで1点追加。中田くんも、ヒット1本出たら、ホント見違えるほど変わりましたよね~

7回には小谷野のヒットを起点に中田くんがまたまたタイムリーを放ち、更には、北海道日常は中継がないのを見計らったかのように金子が1500安打を達成。まぁ、初日・3日目には中継があったというのに――実に、金子らしい感じです(笑) おめでとう、金子~~~~

なんだか序盤の打て無さがウソのような打線の繋がり。やはり、誰もが口にしますが、陽くんと中田くんがキーポイントですよねぇ。二人が同時にどん底にならないことを祈るのみです。なむなむ。


日|100 040 301|9  H16 E3
オ|010 000 004|5  H10 E1

【勝】 ウルフ(1勝1敗) / 【S】 武田久(0勝0敗2S)

投手/捕手:ウルフ-宮西-榊原-林-武田久/大野



【通算成績】 7試合 4勝3敗(+1)
●●○●○○○


※試合数メモ 猫-2(0-2) 鴎-3(2-1) 檻-2(2-0)


***
ツイッターの方には掲載したのですが、おまけ写真。

110420_1723~01

110420_1748~01

110420_2013~01

110420_2013~02

試合日記_2011  コメント(0)   トラックバック(1)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

【受難 -サクリファイス-】4月20日 オリックスvs日本ハム 2回戦
【一言】  視聴率77.2%。まぁ単純に20.6+20.0+29.4+7.2なんですけどね、4月15日からの3試合の視聴率を足してみただけで、実際には70%なんかじゃないんですが。  まぁ、そ...
2011/04/21 01:01│世界日本ハムの哀れblog@こんな時にこそ、愛を見せろ
| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。