::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2011/04/30 対西武ライオンズ4回戦
【ファイターズ○9-6●ライオンズ (札幌ドーム/30,410人)】

な、なんか凄いぞ、ファイターズ!!


正直、エラー連発→6-1になった時点で、「ああ、今日は何やっても上手くいかない日だわ~」とか思ってたのですが、5点差をひっくり返し、あげくの果てに久にセーブをつけて勝っちゃうなんて……ひぇぇぇ~~~
これまで、マサルさん先発で7点差をひっくり返した試合とか、スレッジ逆転サヨナラ満塁ホームランお釣り無しとか、飯山さん13年目のホームラン試合とか、色々印象深い逆転試合がありましたけれども、今日のこの試合、シーズンを振り返った時に「あの試合がデカかったよなー」と、しみじみされそうな試合になりそうな予感です。


それにしても、新谷さんの解説は凄いわ。
5裏の稲葉の打席、「3球以内で勝負がつく確率89パーセント」、「ボールの後の2球目、狙ってるよ」って言ったら、ホントに2球目にホームランを打っちゃうんだもの!
これがああなって、ああだから、イイんだよ(ダメなんだよ)ってのを説明してくれるので、聞いてて「なるほどー」って納得出来るんですよ。「マウンドで自分が表現出来てない」とか、そういうのじゃなくて(笑)
明日も、新谷さん解説なのかな? 新谷さんが、のほほーんと解説出来るような試合になってくれればいいなぁと思いますです。



先発はケッペル。
今日は、大野くんとの呼吸がちょっと合ってない感じだったようで、初回から、球はイイんだけど「投球」の方はどうもイマイチ――って感じが続いてました。
ケッペルは、どんどんガンガン投げていきたいタイプなんだけど、エラーが幾つも絡んだり、大野くんの動作が、ケッペルが求めるものよりちょっと無駄が多い感じだったりして、どうにもテンポが上がっていかないのが、その原因じゃないかと……ケッペルは「打たせて取る」タイプのピッチャーなのに、大野くんは「三振を取る」配球をしていて、それじゃあケッペルもアゲアゲになっていかないよーみたいな事を、新谷さんは仰ってました。「三振を取る」ことがベストではない場合もあるのだと。それを聞いてて、なんとなく「鶴ちゃんと合うピッチャー」「大野くんと合うピッチャー」の違いが分かったような気が……まぁ、気がしただけですけれども。
今日の試合、大野くんが全面的に悪いワケじゃないですが、前半の6失点は大野くんにとって、いい勉強材料になったんじゃないかなーと思いますです。あのまんま負けてたら、ケッペルにも大野くんにもダメージになっていたと思うので、ホント、勝てて良かったっすわ~

ケッペルは、5回113球、失点6(自責4点)で降板。
6回からは、榊原→宮西→増井→久が各1イニングずつリレー。継投ではノーヒットですよ(確か) いやいや、頼もしいです~

5裏に同点に追いついた後、榊原の時、センター前ヒットになりそうな打球を、榊原が上手いこと捕球してアウトにしたのがあって、あれが結構、分岐点だったのかなーと。あれがヒットになってたら、「やっぱり流れはまだ西武にあるのね」って感じになっていただろうし……
マッスーにポジションを奪われてしまった感のある榊原ですが、二人で高いレベルでポジション争いをしていってくれたら、中継ぎは安泰だなーと思ったりしました。
宮西くんは、開幕当初はちょっと心配でしたけれども、だいぶ安定してきたかな?

マッスーは、今日だけ見るとあまり良い投球ではなかったようですが、それでも抑えちゃうのが好調ぶりを表しているかなぁと。
久はもう、見ていて何の心配もありませんでした。連投になってるのが気になるぐらいですかね。まぁでも、3点差の勝ち試合で久を出さないのもなぁ~


打つ方は――2回に金子のタイムリーで1点を取るものの、なかなか「打ち崩す」っていう形を取ることが出来ず、守備の乱れが思いきり失点に結びついて、気づけば6失点。もう、流れ的には最悪だったのですけれども、5回裏、金子のヒットをきっかけに、賢介2ベース→陽くん内野安打の間に1点→糸井、鋭いタイムリーでもう1点→栄ちゃんヒットで続いて→トドメは、稲葉の3ランホームラン! 一気に5得点して追いついちゃったのですよ~~~
新谷さんは、賢介の2ベースを評価してましたね~ あそこで球場内の空気がかわったと。

追いついただけでも凄かったんですが、6回には、大野くんが勝ち越しのソロホームランを放ちます。ていうか、「今日は守備でいっぱいいっぱいだろうから、打たなくてもいいよ、大野くん」とか思ってたらホームランですもの。しかも、全然、フルスイングとかじゃなかったし……ビックリしましたよ~ ホント、意外性のバッターだなぁと思いました。
7回には、栄ちゃんの四球を足がかりに、代打・鵜久森が綺麗なタイムリーを放ってもう1点追加。これはもう、本当にいいタイムリーでした。
更に更に中田くんが右方向にタイムリーを放って9点目ゲット。誰がこんな試合展開を予想したでしょう???


明日は、斎藤佑ちゃんの登板日。相手が帆足ということで、キビシイ試合になるかと思うんですが、佑ちゃんにも打線にも、なんとか頑張って欲しいなぁと願う次第です。




西|113 010 000|6  H 7 E0
日|010 051 20x|6  H11 E3

【勝】 榊原(1勝0敗) / 【S】 武田久(0勝0敗7S)

投手/捕手:ケッペル-榊原-宮西-増井-武田久/大野
HR:稲葉1号(3ラン・5回)、大野1号(ソロ・6回)


【通算成績】 15試合 10勝5敗(+5)
●●○●○○○○○●○○●○○


※試合数メモ 猫-4(2-2) 鴎-3(2-1) 檻-3(3-0)
       楽-3(2-1) 鷹-2(1-1)

試合日記_2011  コメント(0)   トラックバック(1)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

【一発勝負】4月30日 日本ハムvs西武 4回戦
【一言】  週ベ。週ベといえば今年もやっぱりあの御方、豊田泰光。その豊田の爺さんが先日とんでもない事を口走りまして。なんと、「CSは下位チームにも主催権をあたえろ」とか、キモい、キモ過ぎる!気...
2011/05/01 10:04│世界日本ハムの哀れblog@こんな時にこそ、愛を見せろ
| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。