::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2011/06/09 対中日ドラゴンズ4回戦
【ファイターズ○3-2●ドラゴンズ (札幌ドーム/19,738人)】


ここ最近は、先に点を取って投手陣が踏ん張って逃げ切る――という形が多かったので、終盤の逆転劇というのは久々な気がするんですが……いやぁ、勝ち越しの瞬間というのは実に良いものですねぇ~
ていうか、中田くんの打球、打った瞬間の角度で「ああ、深めのショートフライだな~」と思ったりしたのですが、実際はもうちょっと遠くへ飛んでいて、でも、普通の場合は走らせませんよね、あんなに浅かったら。
だから、実を言うと、コーチは走らせるつもりは無かったんだけど、陽くんが自分の判断で走ったのかな~と思ったりしてたのですよ、最初。実際は、真喜志コーチが「走れ! 走れ!」と陽くんをせき立てたんですけれども。

ギャンブルもギャンブル、最初から「追いついたしアウトでいいや」的な感じだったんでしょう。アレをセーフにする陽くんの脚力もすごいし、送球がちょっと逸れたラッキーもありましたね。
糸数がなんとか2失点で抑える→石井がピンチを切り抜ける→中田くんレーザービーム→代打佐藤がヒット→糸井の同点タイムリー→中田くん犠牲フライで陽くん激走→カンペキ久――と、今日は全部が線で繋がってるような試合だなぁと思いました。



交流戦のホークスのことはもう諦めました(汗。だって、誰も勝ってくれへんのやもん) 残り全部勝てるワケはないですが、でも、出来るだけホークスから離されないよう、今のこのイイ流れを大事にしていって欲しいなぁと願う次第です。明日、いいリフレッシュが出来るといいですね!


先発は2軍から上がってきた糸数。今年は投手陣がみんな調子いいので、なかなか2軍から上がってこれなくていつも以上に大変みたいですねぇ(でも、それを「昇格出来ない理由」にしたらアカンと思うけど)
「昨日のダルのあとは、さぞかし投げづらかろうて」と思っていたら、初回からいきなり満塁にしてしまうほどのハラハラ具合。
そのピンチをしのいで波に乗ってくれると思ったら、4回、2ベースを2本打たれて1失点、更に犠牲フライも打たれてもう1失点の2失点(汗)

6回にもヒット2本を打たれ、ノーアウト1・3塁としたところで降板――という、あまりイメージのよろしくないような投球になってしまいました。でも、数字的に見ると6回途中2失点と普通な感じなんですけどね。
チャンスがあれば、もう1回ぐらい投げさせてもらえるかな? 吉川くんはそれで上手く投げれませんでしたけれども、糸数はどうでしょう……??? 実績はそれなりにあるんですけどね~

6回途中からは石井。この石井が踏ん張ってくれたおかげで、今日の試合を勝つことが出来たんではないか――と。
ノーアウト1・3塁から三振→ゲッツーと、まるでダルがするみたいな見事な火消しぶり。勝利投手は谷元でしたけれども、ファンのみんなの「心の勝利投手」は間違いなく石井だったんじゃないかと思いますです。

6回途中~7回が石井、8回が谷元。谷元が投げてる時、レフトの中田くんがクッションボールを上手く処理して2塁打をアウトにする――って場面があったりしたのですが、中田くんも守備が上手くなりましたねぇ~ 陽くんと中田くんと、居残り特守してたのが実を結んで来たなぁと感慨無量。
9回は久。三振×2、ファーストゴロ×1と、非の打ち所のない内容でした。うちの守護神はホントに凄いねぇ~


打つ方は――中日先発・吉見の前になかなか点が入らないいつもの状態。しかも、先制点まで取られてしまって、「うーん、今日の吉見を打ち崩すのは難しいか~」と思っていたのですが、終盤に入った8回、1アウトから代打・佐藤がヒットを放ちます。
そこから、賢介→陽くん内野安打と繋いで満塁とし、糸井が、かわったばかりの中日・浅尾きゅんから2点タイムリーヒットを放って同点に。糸井は椎間板のあたりが痛いそうなんですが、大丈夫かなぁ……むぅぅ。

ここで終わらず、更に中田くんがファールで粘って粘って外野フライを放つんですが、他の球団なら突っ込まなさそうな浅いレフトフライでも、勢いよくホーム突入してセーフになった陽くんを誇りに思いますです。こういうのを積み重ねて、どんどん走塁に自信つけていって欲しいなぁ~ で、8回で一気に逆転、そのまま逃げ切って4連勝!すごいなぁ、強いなぁ~ 普通なら首位だよなぁ……(遠い目)



次は、横浜との対戦ですが――横浜って、あんまり勝てるイメージが無いんですよね(汗)
とはいえ、ホークスに離されるワケにはいかないので、なんとかみんなで頑張って欲しいです。上位打線がなんとなく良くなってきてる感じだから、打って打って投手を楽に投げさせてあげられるような試合が見たいにゃ~~~


中|000 200 000|2  H10 E0
日|000 000 03x|3  H 7 E0

【勝】 谷元(1勝1敗) / 【S】 武田久(1勝0敗14S)

投手/捕手:糸数-石井-谷元-武田久/鶴岡-大野



【通算成績】 44試合 29勝14敗1分(+15)
●●○●○○○○○●○○●○○△○●○●○●○●○○
●○○●●○○●○○○○○●○○○

※試合数メモ 猫-5(2-2-1) 鴎-3(2-1) 檻-8(7-1)
       鷲-5(3-2) 鷹-5(2-3) セ-18(13-5)

試合日記_2011  コメント(0)   トラックバック(1)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

【だが愛を超越すれば、それは憎しみとなる!】6月9日 日本ハムvs中日 4回戦
【一言】  オールスター、そんな日程でやんの?3試合はまぁいいですけど、元々2試合の日程に3試合を詰め込んだのが気になってたんですが、今回発表された正式な日程では第2&第3試合がデーゲーム、し...
2011/06/10 08:20│世界日本ハムの哀れblog@世界日本ハムはアレを応援していません!(詳しくは6月8日中日戦記事で)
| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。