::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2011/07/01 対西武ライオンズ6回戦
【ファイターズ○6-2●ライオンズ (西武ドーム/15,819人)】

>糸数、「初回に点を取られたときは『終わった』と思いましたけど(以下略)」



いやいやいや、ものすんごく素直なコメント(笑)

初回からノーアウト満塁、しかもバッターはここ3試合で4本だか5本だかホームランを打っている「手がつけられない状態」なおかわり君ですよ。もう「どんだけー」って感じだったんですが、そのおかわり君を打ち取って、それでなんだか踏み止まった感じでしたよね、糸数。確かに、そのあとタイムリーは打たれて2失点してしまうんですけれども、ギリギリのところで崩れ落ちなかったというか、そういう印象です。

いわゆるひとつの「ローテの谷間」、しかも向こうの先発は苦手・帆足。この試合をしっかり勝つことが出来たってのはチームにとって大きいんじゃないかな~と。
稲葉も打ったし、中田くんも打ったし、そうそう、糸井も打ってました。2塁打が結構、出たんですよね。5本? 6本? ていうか、札幌ドームの試合でもっと打っ(以下略)



先発は糸数。
久々の1軍マウンド、しかも、「結果」を出さなければ生き残れない(←佑ちゃんが前回、負けはしたけどまずまずな投球をしてたのもあって)という状況で、序盤はかなり緊張してたみたいですね。
上にも書きましたが、あれよあれよという間に気づけばノーアウト満塁。しかも打者はおかわり君。もう「終わった~」って感じ満載だったんですけれども、そのおかわり君を投ゴロに打ち取り、次の栗山にはタイムリーを打たれてしまうんですが、そのあとの打者は打ち取って、2回以降はグンと調子を上げていって、終わってみれば5回を投げて被安打4、自責点2。

早めに降板したのは、やはり緊張感とかが強かったからですかねぇ……あるいは、暑かったとか? ちょっとよくわからんですが、ただ、あのまま続投してたら打たれていた気もするので、これはこれで正解の継投だったのかな~と。
おそらく、またチャンスをもらえる事と思われるんですが、そこが勝負ですね、糸数。さてさて、踏ん張れるかどうか~ 楽しみです。うんうん。

6回以降は、谷元→宮西→増井→榊原の継投。4人でヒット2本、無失点ですから、うちのリリーフ陣は本当に頼もしいなぁ――と。宮西くんの三凡が嬉しいですね! 


打つ方は――まずは4回、糸井の2ベースのあと、稲葉がタイムリーを放って1点目ゲット。
5回に陽くんの2ベースをきっかけに、糸井→中田と連続タイムリーで逆転に成功。中田くんは連夜の勝ち越し打ですね~ うーん、成長が目に見えるなぁ~
6回にも稲葉→金子の連打を活かして1点追加、7回には、糸井2ベース→中田・小谷野連続四球でノーアウト満塁にしたところで、稲葉が今日4本目のヒットとなるタイムリーを放ち5点目、更にはホフさんが犠牲フライを放って6点目もゲット。ホフさん的には、犠牲フライ自体にはたぶん納得してないでしょうが……でもまぁ、打球が外野に飛んだだけちょっとは前進してるかな~みたいな。

暑い西武ドームの方がむしろ打撃にスイッチが入るのか、今日は6点も取っちゃいましたですよ。明日はマサルさんですよね……今日の2点ぐらい、明日に移動出来へんかなぁ~~~~




日|000 121 200|6  H13 E0
西|200 000 000|2  H 6 E2

【勝】 糸数(1勝0敗)

投手/捕手:糸数-谷元-宮西-増井-榊原/大野


【通算成績】 57試合 36勝20敗1分(+16)
●●○●○○○○○●○○●○○△○●○●○●○●○○1
●○○●●○○●○○○○○●○○○○○○●●○●
○○●●●○○

※試合数メモ 猫-6(3-2-1) 鴎-6(3-3) 檻-8(7-1)
       鷲-5(3-2) 鷹-8(4-4) セ-24(16-8)



京セラの大阪夏の陣、オリが赤ユニでホークスが水色ユニって、なんかすごく見慣れない感じ(笑) 特に鷹の水色。

試合日記_2011  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。