::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2011/07/19 対楽天ゴールデンイーグルス9回戦
【ファイターズ○3-2●イーグルス (東京ドーム/22,563人)】

試合後

増井「久さん、ドキドキ感を増すために、あえて1点差にしておきました!」
久「…………」

そうして、球場を後にする時、何故か増井は傷だらけの姿に――




なんてことは無いですけれども、マッスーの劇場体質はますます磨きがかかったようで(笑)
まぁ、大丈夫だろうとは思いましたが、でも、ちょっとドキドキしました。マッスーの思惑通りですか~(いやいやいやいや)

そうそう、今日は陽くんの守備がとっても良かったそうで。仕事してたので、全部のプレーは見れなかったんですけれども、いやー、オバチャン、ホンマに嬉しいわぁ~
陽くんといえば魔送球、守備が全然ダメみたいに言われたりしてましたが(最初の頃は)、やっぱり年数を重ねるとその分だけ上手くなっていくもので。
中田くんもそうでした、糸井もそうでした。中田くんなんて、フライを捕るだけで拍手だったんですよ(笑) そういや、あの賢介だってそうだったんですよね……うん。最初から全部上手には出来ないんですよ。だから、佑ちゃんとかももっと長い目でみてあげて欲しいなぁと、相変わらずガヤガヤ言ってる方たちに伝えたいです。



先発はウルフ。
立ち上がりをとらえられて初回に1失点してしまうんですが、その後は、結構、スイスイと投げてくれまして、最終的に6回1失点で勝利投手に。
もう1回ぐらい投げられそうな感じもしましたけど、中継ぎ陣が鉄壁ですし、球もちょっとあぶなくなってきていたようですしね……ちょうどイイ頃合いだったんじゃないかと。腹八分目。
これで、久々の勝利。10勝カルテットが見えてきましたね……うふふふふ。ああ、なんか、ファイターズファンになって今年が一番スムーズに事が進んでいるような感じがする~

7回からは榊原→増井→久のリレー。榊原と久は共に三者凡退で何の問題も無かったんですが、マッスーが2ベースと進塁打と犠牲フライで1失点。
あと1本ヒットが出たら同点に追いつかれてしまう――というドキドキ場面だったのですが、後続を断ってハラハラ劇場に幕を下ろします。今年は8回に胃薬が必要な感じですな~(笑)

打つ方は、1点ビハインドで迎えた3回、大野くん2ベース→スケさんタイムリーでまずは同点に。
5回には、またまた大野くんのヒットをきっかけに中田くんがタイムリーを放って勝ち越しに成功。
6回、先頭打者の稲葉が「打った瞬間それとわかる」ホームランで貴重な3点目をゲット。これが決勝点になりました。稲葉は東京ドームでよくホームランを打つ印象があります……相性がいいのかな?


明日は、ダル対まー君という、プロ野球ファンならワクワクな対戦。台風がちょっと気になりますが、まぁなんとか大丈夫でしょう。いい感じで前半戦を締めくくりたいなぁ~


楽|100 000 010|2  H7 E0
日|001 011 00x|3  H7 E1

【勝】 ウルフ(8勝3敗) / 【S】 武田久(1勝0敗26S)


投手/捕手:ウルフ-榊原-増井-武田久/大野
HR:稲葉6号(ソロ・6回)


【通算成績】 71試合 46勝23敗2分(+23)
●●○●○○○○○●○○●○○△○●○●○●○●○○
●○○●●○○●○○○○○●○○○○○○●●○●
○○●●●○○○○●●○○○●△○○○○○

※試合数メモ 猫-11(8-2-1) 鴎-9(4-5) 檻-10(8-1-1)
       鷲-9(6-3) 鷹-8(4-4) セ-24(16-8)


試合日記_2011  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。