::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2011年 ドラフト会議
運命の!ドラフト!会議!!!

いやー、今年も楽しかったです、ドラフト。ハムノドラフトは毎年エキサイティングだなぁ~(ていうか、5年スパンぐらいで見た時、ファイターズのくじ運って凄すぎないか???)
あんまりにも楽しくて、スポーツニュース巡りをしてはしゃいでいたら疲れてしまって、その日の内のブログ更新が出来なかったんですけれども(はしゃぎすぎや!)

ってことで、交渉権獲得した選手一覧。

1位 名前:菅野智之選手 投手/東海大

2位 名前:松本剛選手 内野手/帝京高

3位 名前:石川慎吾選手 外野手/東大阪大柏原高

4位 名前:近藤健介選手 捕手/横浜高

5位 名前:森内壽春選手 投手/JR東日本東北

6位 名前:上沢直之選手 投手/専修大松戸高

7位 名前:大嶋匠選手 捕手/早稲田大ソフトボール部


まずはやっぱり……菅野投手でしょう。
前日、ツイッターで「菅野特攻しねーかなー」とかつぶやいていたら、ホントに特攻してさらにクジもあてちゃって超ビックリ(笑)
ていうか、そもそもがおかしいじゃないですか、菅野投手の場合。一応、制度的に「逆指名」は存在して無くて、みんながみんな行きたい球団に行けるワケじゃないんだよ、クジと駆け引きと巡り合わせと最後は「縁」なんだよ――ってのがドラフト制度だと思うのに、なんで「原監督の甥っ子で巨人と相思相愛」だから、巨人以外は指名しないわよーんみたいな事になるんすか。ちょっとマスコミに根回ししてゴネたら行きたい球団に行けるってなら、ドラフト会議の意味なくなりません??? ダルもつぶいやいてたけど、他の球団が指名しちゃいけない「空気」が存在する方がおかしいっていうか。

もちろん、菅野くんに拒否権はあるし、来なかったら来ないでしょーがないかーって感じですけれども、何年も同じようなやり方で選手を獲得していこうというかの球団の姿勢にはゴニョゴニョな思いを抱いてたので、ホント「スッキリした!」ってのが正直な所です(笑)
日ハムがクジを引き当てた時のあの会場の歓声が、11球団のファンの「総意」じゃないですかね。

菅野くんはどうしますかね。こなさそうな気もしてますがね。自分の人生なんだから、周囲の声よりも「自分の意志」で選んで欲しいけど、そうも言えない環境になっちゃったるのかな……ま、2度のドラフト指名にめげずに愛を貫いたちょーの選手ぐらいに根性があるんなら、それはそれで凄いわーと彼を賞賛することになると思いますが(当時は「むむむー」って思ったけど、あそこまで頑張って意志を貫いて入団した今は、特に「むむむー」って感じはないっす、ちょーの選手) もし野球浪人するんだったら、来年はロッテが指名してくれ~(笑)

あと、今年のドラフトで特筆すべきは、7位指名の大嶋選手ですかね。硬式野球の経験無し! とんでもない隠し球選手だったりしますが、ニュースで会見を見たら、受け答えがものすごくめんこいんですよ。もうすっかり「うちの子」感覚(笑) 
ソフトボールの試合で13試合連続ホームランを打ったんだとか。打撃の選手ですね、期待しちゃいますよ。鶴ちゃんだってテスト入団→ドラフト下位指名で今の位置にいるんだし、大嶋くんだって頑張れば1軍定着しちゃうかもしれないぞ~~~!

5位の森内選手は、先日の社会人野球の大会でノーヒットノーラン達成した選手ですね~ 3位の石川選手は、結構、打つ子なのかな?
不勉強なので知らないことばかりですが、とにかく、すんなりと入団が決まって、新人お披露目会(ファンフェスあたり?)でいっぱい拍手をおくれたらいいな~と思いますです。
ああ、それにしても、ホント、今年のドラフトも楽しかった~~~ 

ニュース・ネタ系  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。