::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::「ナンバー」&「メンタル・コーチング」
「ナンバー」と、白井ヘッドの本を買ってきました~

books

「ナンバー vol.677」
もうね、表紙のダルが格好良すぎます(笑)
メディア露出が増えて、色んな格好のダルを目にするようになりましたけれども、やっぱりハムユニ姿が一番素敵ですよ。えぇえぇ。
ダルは白いホーム用が、八木くんはグレーのビジター用が似合う気がするのは、気のせいですかね……(単なる好み?)

中のスペシャルインタビュー、冒頭から「うはうは、おいおい」みたいな事が書いてあって、思わずニヤニヤしてしまいました。ああ、うん、そうだよね、「ダル」はこうこなくっちゃ。

メジャーにはあまり関心がない――という話題の中で、

自分はファイターズの一員だし、つねにその意識を持ってやっています。ずっとファイターズにいるつもりだし、FAの資格ができても使う事はないと思います(p22)


というセリフがあって、「だ、だだだだ、ダル~~~(だぱー)」と涙が出そうなくらい感激したのですが、その理由が「ほかのチームに行って、一から人間関係を築くのがめんどくさい」だったりして、「あはははは、ダルらしいなぁ」と。
まぁいつかそこに「ハムが好きだから」ってのが、ほんのちょっとでも加わってくれればいいなぁ――と思いますです、はい。

世界でなければ、東京でなければ、自分を開花させられないとは考えない。逆に言えば、自分が投げる場所が、すなわち世界になる。(p22)


ダルが望む限り、札ドのマウンドに住んでる女神はダルに世界を与え、優しく微笑むことでしょう。

+++
「メンタル・コーチング/白井一幸」

白井ヘッドの「コーチング論」の本です。どうやって選手の能力を伸ばしていくのか――とか、そんな感じの内容で、基本的には、去年聞きに行った白井ヘッドの講演会のお話と同じカンジでした(そりゃ、同じ人が話してるんだから同じだわな)
詳しくは本を読んでみてください――なのですが、ハムの選手の名前も幾人か登場してました。って、そんなに凄い事は書いてなかったですけどね。
坪井、信二、新庄、ダル――あと、賢介かな。賢介の一言が白井ヘッドを絶句させたあたりは、申し訳ないんですけれども、場面を想像して少し笑っちゃいました。賢介すごいなぁ。

お値段1300円でやや高め。「野球」本ではないので、それを期待するとちょっと違うかも。逆に、部下の事や子育てで悩んでいる方とかには、ちょっとしたアドバイスになるかもしれません。
ニュース・ネタ系  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。