::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2007/05/12 対西武ライオンズ7回戦
【ファイターズ○3-2●ライオンズ (長野/9,338人)】


江尻は八木君に酷い事したよね(´・ω・`)
小田さん猛打賞(含タイムリー2本)なのにお立ち台じゃなかったね(´・ω・`)


いやいや、今日の自分的ヒーローは苦手西武戦で「負け」なかった八木くんと、久々スタメンで結果を出した小田さんですよ!!
ていうか、負けなくて良かった(涙) 連敗しなくて本当に良かった~
ってことで、試合感想。デーゲームは仕事の関係で、テレビで見れないのが悲しい所です(って、忙しくなったらナイターも見れなくなっちゃうんですけどね(涙))


本日の先発は八木くん。去年、ホントに西武が苦手で、今年も1回先発回避したくらい――なんですが、いやいやいや、ラジオで聞いていてもボール先行・ランナー出しまくりの苦しいピッチングでした。
球自体は、そう悪くは無かったっぽいんですけどね。球速が遅い八木くんにしては、ストレートが143キロ出てたとか。
西武にカモにされてるのもあるけれど、苦手意識が強すぎて自滅しかけた面もある――みたいな感じだったんですかねぇ。でも、それでも、去年は序盤に大量失点してそれで終了――だったのが、今日は苦しみながらもなんとか抑えて、6回途中1失点、勝ち投手の権利を得た状態で降板と相成りました。
内容的にカンペキでは無かったけれども、あれだけ何やっても勝てなかった西武相手に「負け」なかったというのは、とっても良かったんじゃないかと。
これで、西武に対する苦手意識がちょっとでも払拭出来ればいいなぁ――と思います。

で、6回、八木くんが作ったピンチの場面で交代したのが江尻だったんですが………………えじり~~~~~
ストレート入らない&ワイルドピッチで同点に。八木くんが苦労して得た「勝ち」が消えてしまいます(涙)
まぁ確かにあの場面、他に出せるピッチャーがいなかったですけどね(オッシーでも良かったような気もするんですけど、オッシーもイマイチ安定してないしなぁ)
江尻も、まだ中継ぎの経験は浅いですけれども、1軍で生き残るためにはそうも言ってられないかと。うーん、信頼を勝ち得るにはまだまだ努力が必要そうだなぁ――という感じでした。次はカンペキなリリーフ頼みますよ!

そんでもって、いささか早いですが7回から武田久投入。まさに「神様仏様久様」な感じで。こちらはカンペキリリーフ。
8回も久続投→9回はマイケル登場。ラジオ中継で、マイケル、「ブルペンで投げてる時、ストレートが入ってない」と言われていてかなり心配だったのですが、フタを開けてみたら三振・ショートゴロ・三振のジェノサイド。マイケルを誉めるべきなのか、中嶋先生を誉めるべきなのか(笑)
去年も序盤は久とマイケルに頼りまくりでしたよね……という点では、やっと「少ない得点差を久とマイケルで守り抜く」という去年の形になってきたのかも?


打つ方は、今日スタメンの小田さんが全ての得点に絡む猛打賞!
いやもう最近1割どころか消費税が近いぐらいの打率だったものですから、小田ユニ着用者としては胃が痛い所だったんですけれども、今日はひとり大活躍って感じで…………良かった、本当に良かった(涙)
今日も打てなくて袋だたき状態か――と思ってたんで。これで調子を上げてくれたらいいなぁと思いますです。あっさりパコーンとホームランを打ってしまう小田さん帰ってきて~~~

「2点限界打線」ってのが分かるような「1点、1点の積み重ね」な感じで、ああでもよく3点取れたなぁと。
稲葉の所で西口が交代になった時に「これはいけるかも」と思いましたですよ。それまで、ちっとも打ててなかったですからね。
あと、ひちょりのファインプレーも大きかったかなぁ。あそこで抜かれてたら、もう今日は終わり――でしたからね。やっぱり野球は守備から始まるなぁ、と。

接戦をものに出来た事&八木くんが負けなかった事ってのが大きい試合だなぁと思いました。連敗もストップしましたし。
明日の先発は金村。「まだまだ俺がエース!」って投球を見せてくれ~~~



投手:八木-江尻-武田久-MICHEAL
【勝】 武田久(1勝2S) / 【S】 MICHEAL(3S)

【通算成績】 40試合17勝20敗3分
△△●○●△●○●●○○●●○●●○○●○●●●●●●○○○○●○○○○●●●○


+++
野球と全然関係ないんですが……大泉洋のお芝居見てきました~
前作の方が、ストーリー的には綺麗にまとまってる感じでしたけれども、流した涙の量は今回の芝居の方が圧倒的に多かったです。
というか、中盤から泣きまくりでした……(笑) どこか疲れてんのかなぁ、自分。
いやいや、「荒い」感じもしましたけど面白かったですよ! やっぱり大泉洋は「舞台」でこそ活きる人だなぁと。
試合日記_2007  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。