::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2007/06/01 対横浜ベイスターズ
【ファイターズ○5-3●ベイスターズ (横浜スタジアム/7,062人)】

同じ「負け」は「負け」なんだけれど、「まぁ今日はしょうがないか」という負け試合と「むっきー! 何やってんだよ、腹立つ~~~!」っていう負け試合とがあって、今日は、高卒ルーキー吉川くんが「たまたまのマグレ」なんかじゃなくて本当にプロ野球界で通用するってのが分かったのと(今のところは、ですけれど)、小谷野のホームランを含め主軸に当たりが出たのとで、まぁ、「いい方の負け試合」でしたよねぇ――――ってのを、同点に追いつかれた時、「今日のブログの出だしの文章にしよう」って思ったりしてたんですが、ありゃ、勝ちましたか。っていうか、え? 勝ち? あの「全然勝てない横浜スタジアム」で? 去年、ボロ負けだったハマスタで? うわ、うわわわわわ!

すごいよ、交流戦負け無し9連勝ですってよ!(まさにポカーンという感じ)

ていうか、ホントに、どうしちゃったんでしょうね、ハムは。もしかして…………もしかして、今、実は強いのかな?(いやいやいやいや、それは無いだろ~(笑))


本日の先発は、ルーキー吉川くん。
今日のラジオ中継はTBSラジオさんの製作だったんですけど、アナにも解説の盛田さんにも「落ち着いてるねぇ」って盛んに誉められてましたね。えへへへへ(お前が照れてどうする)
てか、生で見てきたヤクルト戦でも、打たれてもボール先行になっても、全然、動じた風に見えなくて、しっかりと後続を抑えたりしてましたもんね。普通なら打たれたり点を取られたりミスが出たりしたら、そこからアッサリ崩れそうなものなのに。

ていうか、もしかしたら吉川くん…………すっごい掘り出し物ですか?
(甲子園には出てなかったので、知名度的にはイマイチですが……でも、他の高卒ルーキーと比べたって今のところは全然引けを取ってないっていうか、むしろ安定感的には全然イイんじゃないかと思ったりする親バカ心(笑))
長い回を投げられない、どうしてもボール先行になってしまう――という課題は確かにありますけれども、それはこれからどんどん修正していけばいい事で、ていうか、高卒1年目ですからね。うん。この時期にこれだけ投げれたら充分ですよ。
ハムの最近のドラフト(投手部門)は当たりが多いんじゃないかと、今日の吉川くんの活躍をラジオで聞いていて思いました。名前を挙げるだけでも、ダル、八木、マサル、木下、吉川……それから、ダース。

(…………ダース?)


5回、2アウトを取った所でタイムリーを打たれて吉川くん降板。
あとを引き継いだのが、オッシーだったんですが、6回はなんと三者連続三振! オッシー! そうよ、オッシー、そういうオッシーをわたしは待っていたのよ!!
中継アナにも「球が重そうです」って言われてましたね~ オッシーも、一時の不調は抜けた――と見ていいんでしょうかね? まだ、長いイニングはちょっと怖いんですけれども……
そんでもって、次にマサルさんが出てきた時には驚きました。あれ? この前、先発してましたよね、マサルさん。
普通に久だと思ってたんで、いささか「???」な継投だったんですが、解説の盛田さんによれば「先発→中継ぎの感覚を取り戻すための登板」なのでは……と。うーん、何でも出来るマサルさんだから、ホント、色んな所で使われますよねぇ。
フロントのみなさん、マサルさんのお給料、上げてやってくださ~い(てか、マサルさんはお金の事は全く文句言わなさそうなイメージ(笑))

マサルさんの後は久。久が出てこなかったので、「もしかして何か久にトラブルでも……」と心配したりしてたのですが、ひょっとしたら誰か苦手なバッターがいた、とかかもしれませんね。ガッツリ抑えて、ラストのマイケルへ。
「さすがに普段対戦しないチームがマイケルを崩すのは難しいだろう」と思ってたら、その通り、三者凡退。まぁ、マイケルも「絶対」ではないですけどね。交流戦はいつもよりはちょっと安心出来る感じです。


で、打つ方は……というと、初回、ひちょりのミスから先制点を取られてしまって、でも、案外、嫌な感じでは無かったです。というか、「さすがに、もうそろそろ負けるだろうなぁ」というファンにあるまじき事を思いながら、ラジオを聞いていたので(笑)
稲葉はダブルプレーだし、満塁になったもののバッター吉川くんで三振だし(って、コメントを見ると打つ気満々みたいでしたね、吉川くん(笑) さすが高校卒業したて)、「うーん、このまま行っちゃうかなぁ」と思っていたら、5回、賢介の「あともうちょっとでホームラン」な三塁打の後に、稲葉がきっちり犠牲フライを打って同点。
更にセギノールフォアの後、小谷野が2ランを打って逆転っすよ。うわーうわーうわー、なんか強いぞ、ファイターズ~~~
(夜のNHKのニュースで特集されてましたね、小谷野。去年――というか、今年春先にタイムスリップして「小谷野がNHKで特集されてるよ」って言っても、誰も信じてくれないだろうなぁ(笑))

って思ったら、すぐに3-3の同点にされてしまって、実を言うと、ここで負けを覚悟しました。普通だったらね、逆転される筋書きになるじゃないですか。横浜ホームゲームだし、ハムは横浜スタジアム苦手っぽいし。
案の定、稲葉が盗塁死したりしてたんですが、ちょこちょこ投手を代えてくれるおかげか、8回、セギヒット→小谷野ヒットでチャンスを作り、続く坪井は内野ゴロだったものの、ホームに突入しようとしたセギが上手くオトリになってくれた形で1アウト2・3塁。
代打小田さんが敬遠気味の四球で満塁になった後、金子がタイムリーを放ち4対3。
今日のラジオ解説の盛田さんは、たまにハムの解説をする事があって、かなりハムの情報も的確だったんですけれども、今年の金子の得点力の高さをあなどってましたね。今年は「期待すると割と打つ」会長なんですよ(笑)
その後、9回に相手ピッチャーのワイルドピッチで更に1点追加し。これで勝負が決まりました。
また今日もエラーで点が入ったんですけど、最初は「ラッキーで相手にエラーが出てる」って感じだったんですけど、この頃は「ハムが何やっても動じないから、相手の方が勝手に焦ってきて、結果的にエラーに繋がってる」って感じのような気がします。なんかイイですよね。


2日間、雨で中止になって、「水をさされた」形になったファイターズでしたけれど、なんのなんの、いつも通りの「野球って楽しいよね!」なファイターズでしたね。
小谷野がNHKのインタビューで「野球が出来る事が純粋に楽しい」って言ってたんですけど、いつまでもその気持ちを失わずに、あれこれ欲を出したりせずに、「明るく楽しく真っ直ぐな野球」を続けてもたいたいなぁと思います。
私やみんなが好きなのは、「野球って、ホント楽しいんだよね」って教えてくれるファイターズ野球だと思うので。

ってことで、明日からは札幌ドームに戻っての阪神戦です。移動日無しなので、選手的にはきついと思うんですが……まぁ、連勝はいつか途切れるものだし、気負わず笑顔をなくさず、いつものとおりの野球をしてくれたらな、と。

今日は夜10時過ぎまで残業して、明日、明後日のための仕込みをしてきましたですよ。ってことで、2連戦、楽しんでくるぞ~~~~!!


投手:吉川-押本-武田勝-武田久-MICHEAL / HR:小谷野(2ラン・5回)
【勝】 押本(1勝1敗) / 【S】 MICHEAL(9S)

【通算成績】 54試合 28勝23敗3分(交流戦:7試合7勝0敗)
△△●○●△●○●●○○●●○●●○○●○●●●●●●○○○○●○○○○●●●○
○●○●●○○○○○○○○○

5割に戻すのにアレだけ大変だったのに、どんどん貯金が増えていってる~(すごいなぁ~)


+++
誰でしたっけ、横浜の選手が打てなくてバットを叩きつけて折っていたそうですけれども、アオダモの神様が怒りますですよ~(汗)
(ハムの選手は、たとえミスして悔しくても、その悔しさを周りにやものにぶつけたりするんじゃなくて、ぐっとこらえて他の選手への声援へかえなさい――という教育をされてるそうですね。白井ヘッドの講演会で、そんな話をしてました~)
試合日記_2007  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。