::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2007/06/05 対広島東洋カープ1回戦
【ファイターズ○2-0●カープ (札幌ドーム/19,213人)】

やっぱり、守備がイイと試合が引き締まりますよね。
広島サードの新井さんが、小田さんと小谷野のヒット性の当たりを取って素早く送球しアウトにしたあたり、本当は悔しがるべきなんですけど、「うおーすげー」とちょっと興奮してしまいました。いや、ラジオで聞いていたので、映像は見てないんですけれども(笑。あ、小田さんのいいプレーもありましたよね~)

広島先発・大竹の好投もあって、なんだか勝ってるんですが、0-0の投手戦を聞いているような感じでした。
本当に「たった一つのチャンス」、それを見事得点に結びつけて久とマイケルで逃げ切った――「今年のハム」の形で球団新記録となる12連勝目を飾れたのは良かったなぁ――と。


ていうか、球団新記録の12連勝? 交流戦連勝新記録の10勝目?

なんか全然そんな感じがしないんですが、でも、もう半月ぐらい負けてないんですよね。うーん。ホントに不思議。とはいえ、素直に嬉しいです。去年見つけた「勝つ方法」を選手が思い出してくれたって事は。

本日の先発は、マサルさん。って、あれ? この前、中継ぎで投げてませんでしたっけ……???
いやいやいや、なんで便利すぎるんだ、マサルさん(涙) もーフロントのみなさま、今年はホントにマサルさんの年俸をぐっとアップしてあげてください~~~~(あと、睡眠時間の確保も(笑))

ラジオ中継でも盛んに言われておりましたが、マサルさんが投げて試合が大崩れした――って記憶がほとんど無いんですよね。たまにぽこーんとホームランを打たれたりする事はあるんですが、連打連打でノックアウトって光景を見た事がないというか。
なので、今日の試合も「大量点は取られないだろう」とは思ってました。それが0封とは! やっぱりすごいよマサルさん!
ラジオ解説の元広島監督の方に、すごく誉められてましたね。140キロ出てないのにインサイドを強気で責めてくるピッチャーは、セリーグではなかなかいません――とか色々と。
「ピッチャーは球速が全てではない」って、マサルさんを見てるとホント実感します。ファイターズ自体は、「ホームランが得点源の全てではない」って感じですよね。うんうん。

3回、三連打で満塁になってしまった場面がありましたけれど、そこを踏ん張ったのが得点に結びついたんじゃないかと。
広島の選手が変化球狙いで来てる事に信二が気づいて、そこからストレートを織り交ぜて投げていった――みたいな事を言ってましたが、割とじっくりリードする信二にしては、今日はテンポ良かったですよね。
マサルさんはどのキャッチャーでも自分のピッチングをしてくれるから、そこも本当にイイですよね~(ベタ誉め過ぎっすか?(笑))

ってことで、球数もそれほど多くない状態で8回、久と降板。「マサルさん完投」なんてのもちょっと見たかったですけれど(笑)、でも、中継ぎ先発併用で調整とかも色々大変でしょうしね。いい判断だったんじゃないかと思います。
久に交代したあとはもう「いつものパターン」ってな感じで。久も、札ドと相性が悪い――なんて言われた事があったりしましたが、ここ最近は札ドでもきっちり仕事してますよね。打ち込まれたりしたのは、やっぱり、相性とかじゃなくて疲れの問題だったのかなぁ。
マイケルは交流戦は強いっすよねー 広島――というかセリーグ球団はあんまりパリーグのデータを用意してない所もあるみたいで、まぁもし仮にそんな状態だったら、なかなかマイケルは打てないんじゃないかと思ったり。


打つ方は、広島先発大竹がとてもいい投球をしてたので、良い所は片手で数えるほど――という感じでした。広島の守備も良かったですよね(あぁん、小田さんタイムリーだったかもしれないのにぃぃ~)
一回だけミスした所があって――それをハムナインは見逃したりしませんでした。
1塁に坪井を置いた状態でバッター金子。ランナーを進めようと、なんだか無理やり打ちにいったという感じの打球は、すごい回転がかかっていたらしく、広島ファーストの栗原がトンネルしてしまい、坪井が生還。
その後、賢介にタイムリー2塁打が出て2対0。これが得点の全てでした。

7回、坪井が作ったチャンスに金子がレフト前ヒットを打ったんですが、2塁からホームに突入してきた坪井の代走・紺田は残念ながらタッチアウト。
まぁ点に結びつかなかったんですけれども、積極的なプレイの末のアウトってのは結構良かったんじゃないかなーと思いました。
「もったいない」ってのもありますけれど、それよりも相手にちょっとしたミスが出て点になるかもしれないし、「もったいない」で残した所でそれが確実に点になる訳ではないのだから、こういう「点の取れない試合」では一か八かのギャンブルに出るのも、そう悪くはないですよね。

そんなこんなで、「たった一つ」のチャンスに獲得した2点を投手力で守りきり、球団新記録の12連勝です。
連勝はもちろんいつかは止まりますが、こうなったら、いけるところまで行ってみて欲しいですね。気負わず、浮かれず、ヒルマン監督が言う「身の丈野球」で。


投手:武田勝-武田久-MICHEAL
【勝】 武田勝(2勝0敗) / 【S】 MICHEAL(12S)

【通算成績】 57試合 31勝23敗3分(交流戦:10試合10勝0敗)
△△●○●△●○●●○○●●○●●○○●○●●●●●●○○○○●○○○○●●●○
○●○●●○○○○○○○○○○○○


マサルさんのヒロイン、マサルさんクオリティ全開でしたね(笑)
体調管理の秘訣は「よく寝る事」 1日8時間以上は寝なきゃアカンらしいですよ。よし、ハムのピッチャーは全員8時間睡眠を義務づけちゃおう~

+++
どうやら新外国人を獲るらしいですが、ポジション、どこに入れる予定なんでしょう……い、一塁?
なんか、今のシステムで結構いけてるから、変にいじって欲しくないような気もするんですが……うーむむむ。ていうか、グリーンは? グリーンはぁぁぁぁ~

試合日記_2007  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。