::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2007/06/10 対読売ジャイアンツ3回戦
【ファイターズ○3-2●ジャイアンツ (東京ドーム/44,019人)】

「明日勝てば、連勝を止めてしまった今日の負けは『ただの一敗』になる」と思ってたんですが……勝ってくれましたね! ホント、ギリギリでしたけど、最後、江尻がよく踏ん張って――って、


ま、ま、マイケルはどうしたの~~~~~~っっっ?!!!





怪我とかそんなんじゃなくて、単純に「寝冷えしてお腹壊しちゃいました、正露丸飲んだから明日はバッチリ投げれるよ(はぁと)」でありますように。いやいやいや、マジでマジで。「久の17球」より今日の方がドキドキしたかも。


ってことで、色々ありすぎた感のある今日の試合、でも、負けませんでしたよ。アレとかソレとかコレとか、間違って出てきてしまったジャビットとかチアガールのお姉さんに負けないで(?)、勝ちましたよ!

本日の先発はグリン。交流戦負け無しです。そういや、ここ最近、グリンのヒロインばっかり見ているような気が……
春先、援護が貰えなくてなかなか上手い事勝てませんでしたが、波にのると頼りになるピッチャーですねー
紆余曲折ありましたが(ホントにねぇ……なんかもう、野球というか「グリンを苛立たせる罠をかいくぐって進むゲーム」をしていた気分です(笑))、結果的には一失点。
アウトを取ってからボーク宣告された時は、「なんじゃこりゃー」と松田優作ばりに叫びそうになってしまったんですが、なんとかゴールまでたどり着けました。交代時はキレまくってたそうですが(信二がグリンの口を塞いでる写真を見ました)、あんな試合展開だったし、かなーり興奮してたんでしょうねぇ。
基本的にハムは「他人を萎縮させるような乱暴な言動をしてはいけない」って方針らしいんですけど、グリンは、性格を矯正させるよりも「ああいうタイプの人」って割り切る方が良さそうな。
とりあえず試合には勝ってグリンにも勝ち星がついたから、今日のすったもんだを引きずる事は無いと思うんですが。ううううう、息子くん、父ちゃんのメンタルケアを頼んだわよ~~~

グリンの投球自体は、なかなか良かったみたいですね。ピンチでも「攻め」の姿勢が感じられるのが、個人的にはイイ感じかと。同じ「失敗」をするにしても、逃げて失敗するより攻めて失敗する方が納得がいきますし。
とりあえず、この調子で行ってくれればいいんじゃないかなーと。あとはもう息子くんに色々託します(笑) 父ちゃんを宥めてやってくれ~

攻撃の方は、2回、小谷野2塁打→坪井タイムリーで1点先制。小谷野のスライディングの仕方が格好良かったですよね!
6回に、ひちょりヒット→賢介キャッチャーエラーで出塁というチャンスで(巨人の阿部は大丈夫だったんでしょうか)、残念ながら稲葉がゲッツー。
「あらららら」と思っていたら、その稲葉のミスを帳消しにするセギの2ランが……っっっ!
いやー、ホント、このホームランがあってマジで助かりました。打った後のセギの格好いい事ったら!(笑) 誰かのミスを誰かがフォローする関係ってのは、ホント、いいですよね。落ち込んでしまった心も、「ほら、大丈夫だっただろ?」って結果になれば、傷として残りませんし(もちろん、反省は必要ですけれども)
セギは、どん底状態を抜けたと見てOKですよね。ああ、ホントに有り難う、セギ~~~~~っ!

3対0。8回久で9回マイケルで行けば、なんとか勝てそうだなーと思っていたら、アウトの後にボーク宣告で試合が巻き戻るという、どこかで見た事のあるような展開。
回が終わったと思って出てきたチアガールのお姉さんたちが、にこやかにポンポンを振りながら戻っていったあたりにはプロ根性を感じました(笑)
まぁ、そりゃ動揺もするでしょうよ、その後、タイムリーを打たれてしまって3対1。
でもまぁ、後続をしっかりアウトにしたし1点だけだったし、この失点はしょうがないか。うんうん。
で、8回、2アウトランナー1塁という所で久に交代。肩を作っちゃったから一人だけ相手で9回マイケルに交代かなーと思ってたんですが……どういう訳か、打席に久が立っている。あれ?

9回も久続投。「うーん、バッターとの相性的なものかなぁ、それとも、マイケルは割とぽこーんとホームランを打たれたりするから、その点で久続投なのかしら」などと思っているうちに、久がどんどんどんどんとピンチ状態に……え、ええええええ? あれ? マイケルは?
ラジオの方でも全くマイケル情報がないまま、連打で1点失って(ひちょりの守備も惜しかったですけどね。攻めの気持ちが裏目に出てしまったというか)、更に1アウト1・3塁。
ピッチャー交代となったのですが、ここでもマイケルは出てきません。出てきたのは……江尻!! ホント、マイケルに一体何が起こったの~~~~?????

この前、代打満塁ホームランを打った矢野が出てきた時点で、「あああああああ」と悲しい未来予想図を前に泣きそうになってたりしたんですが、スクイズ失敗(?というか3塁ランナー走らず?サインミス?単なる送りバント?ワケワカメ)で2アウト。
高橋由を敬遠して、迎えたバッターは、日ハムからトレードで巨人へ行った――実松! 「江尻vs実松」が試合を決める大一番になった、なんて、試合開始前にタイムスリップして周りのみんなに伝えても、誰も信じてくれないでしょう(笑)
「俺は抑えるのがダイスキさ!」の江尻だから、きっとやってくれるハズ、頼む頼むよ、えじり~~~~!!!という祈りが通じて、実松を内野ゴロに切ってとってゲームセット。いやー、ドキドキしたというよりもちょっと死にそうになりました(笑)

マイケル、どうしちゃったのかなぁ……大事無ければいいんですが。正露丸飲んで治る範囲の病気でありますように。なむなむ。
これで、対ヤクルト・巨人と交流戦勝ち越しが決まりました。この調子で全チームに勝ち越せればいいですよね~


投手:グリン-武田久-江尻 / HR:セギノール(2ラン・6回)
【勝】 グリン(5勝3敗) 【S】 江尻(3勝0敗1S)

【通算成績】 61試合 34勝24敗3分
△△●○●△●○●●○○●●○●●○○●○●●●●●●○○○○●○○○○●●●○
○●○●●○○○○○○○○○○○○○○●○

+++
これ、いい写真ですよね~ 監督と選手の間に、何の壁も無いんだなぁって分かります。色んなチームの在り方があって当然なんですけど、ファイターズは、これからもこの写真な感じであって欲しいなぁ~
試合日記_2007  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。