::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::ファイターズ・ファンフェスティバル 2005 in 札幌ドーム
ってーことで、ファイターズのファン感謝祭に行って参りました。
いやもう、朝、出かける時とかメッチャ寒くて(ちなみに、帰ってきたら車のガラスが凍っていた……)
「鼻の頭がちべたいよー」などと思いつつ、JRと地下鉄を乗り継ぎ、札幌ドームの最寄り駅・東豊線福住駅へたどり着きました。
前に、直通バスでドームに行った事はあったんですけど、地下鉄で行くのは初めてで、「場所、わかるかなー」なんて思ってたんですが、お仲間さんがいっぱいいて(笑)、ひとつも迷わずに済みました。
地下鉄福住駅の3番出口を出て、ローソンとかサンクスとか、なんだか賑やかな方へ向かえばOKです。

2005_fes_01


これが札幌ドーム。札幌中心からはちょっと遠いんですよね。
まぁ、札幌のど真ん中に建設する訳にもいかないし、この場所になったんだと思いますが。

中に入ると、もう、熱心なファンの方で良さそうな席が埋まっていて(始まるちょっと前に着いたんで)、やや遠い場所でしたけど、バックスタンドに対して出来るだけ正面的な位置に座りました。

2005_fes_02


いつもは外野席がある場所が取っ払われていて(?)、飲食ブースなんかが出てたみたいです。
客の入りは――ぶっちゃけ言ってしまうと、バックネット側・内野席は、結構な混雑具合でしたけど、外野の方に近付くにつれ、かなり空席がありました。
まぁ、こんなもんですかねぇ? 阪神ファンの友人にそれを言ったら、「阪神も、人が溢れるようになったのはつい最近の事で、昔はガラガラだったよ」と。
ファイターズも、もっと強くなればきっと、外野の方までぎっしり埋まるようになるんだろうなぁ。

で。
そもそも、私がファイターズファンになったのは、「ラジオ中継」が原因なんですね。
基本的に、私がしてる仕事のほとんどは「孤独な作業」で、ラジオでもつけてないと、ホント「しーん」としてる感じなんですよ。
で、ファイターズが北海道に移転してきて、ラジオ中継が格段に増えて、ラジオをつけてると中継が耳に入ってくる事が多くなったんですね。
最初は、全然、選手とかも知らなくて、せいぜい新庄と小笠原ぐらいだけだったんですけど、でも、何度も何度も聞いていたら、まず、打順を覚えて(「あ、次は坪井だ」とか)、解説を聞いてるうち、だんだんと選手の特徴やら何やらも覚えていって――気付けばもうファンです(笑)

今年は一度しか試合を見に行けなかったんですけど、来年はちゃんとファンクラブに入って、出来る限り見に行きたいな~――なんて思ってるうちに、各種表彰式の開始。

2005_fes_03


えーと、これじゃ誰だか分からないですけど、一応、ダルビッシュです(笑)
さすがに望遠にしても、携帯カメラだとこれが限界でした……ダル~

続いてイベントが始まったんですけど、HBC(テレ朝系)のアナウンサーさんが司会で、その繋がりなのか、マスコットキャラクターのonちゃんとnoちゃんも来てました。

2005_fes_04


更に、はむりんずも。

2005_fes_05


動きの軽快さは、断然、onちゃんnoちゃんの方が上。
っていうか、中に安田さん(チームナックス)が入ってたら、面白かったのに(笑。罰ゲームじゃないんだから)

午前11時から午後4時までの長丁場だったんですが、30分刻みぐらいにちょこちょことイベントがあって(綱引きとかクイズ大会とかキックベースとかドッヂボールとか)、途中で飽きる――ってな感じでは無かったように思います。
でも、「場内すごい盛り上がり」ってな雰囲気でもなく(笑)、終始、「ゆるゆるだら~んマッタリのんびり」って感じだったような。
「ファン感謝祭って、こんなユルユル具合でいいのかな~」と思ったりしたんですけど、まぁ、こんなんでいいんでしょう(笑)

イベントの中には、ヒルマン監督のライブショーってのもあって、実はヒルマン監督「歌う」人なんですね。前に、ラジオ番組にゲストで出た時も、ギター片手に歌ってたんですが。
で、ヒルマン監督の歌の伴奏をしたのが、ファイターズのマスコットキャラクターのBB(クマさんキャラ)で、私、凄く驚いたんですが、このBBさん、とてもピアノがお上手なんですよ。あ、「中の人」が入れ替わってるとか、そういうんじゃないみたいです(登場時には5連続バク転とかしてたし)

……あ、「中の人」なんていないか(笑)

まぁいいや。演奏中、手元とかも映ってたんですけど、素手じゃなくて着ぐるみの手のまんまなんですよ。あれって、かなり演奏しづらいと思うんですが、でも、見た目にも弾き慣れてる雰囲気でした。「この日のために練習した」レベルじゃなくて、元々かなり手慣れた感じで演奏出来る――みたいな。

……あ、「着ぐるみ」じゃないか、BBはBBっていう生き物ですもんね。うは。

で、ヒルマン監督はアメリカの方ですので、歌は当然、英語のものが多かったんですが(季節柄、クリスマスソングも歌ってました)、最後、一曲だけ「日本語」で歌ったのがあって、それが――松山千春の「大空と大地の中で」でした。しかもフルコーラス(笑)
道産子にとっては、やっぱりなんとなくトクベツ感がある歌だったので、結構大きめな拍手が沸き起こっておりました。なんかそのうちCDデビューとかしちゃいそうだな、監督(笑)

その他、選手紹介あり、選手トークショーなどあり。ついでに、選手がオレンジレンジを歌っちゃったりして、とにかく「まったりユルユルのんびりユルユル」な感じが強いファン感謝祭でした。
最後、監督が来季に向けて挨拶をして、サインボールを客席に投げ入れて、イベント終了。

今年は5位という成績でしたけど、若い選手もちょこちょこっと芽を出し始めてるみたいですし、頑張って欲しいなぁ。
来年はプレーオフを応援しに札幌ドームへ行きたいですね。張り切って応援しに行きますんで。

ってことで、最後のシメに、1枚だけ撮った新庄選手を。

2005_fes_06


……すみません、20倍望遠で頑張ったんですが(汗。これが限界) 
背番号「1」の人がそうです。言われなきゃ分からんわ~~~

(別ブログより転載・一部修正あり。投稿日時は、元記事の投稿日時です)
イベントレポ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。