::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2007/07 対オリックスバファローズ17回戦
【ファイターズ○4-2●バファローズ (京セラドーム/15,800人)】

連敗が止まって良かった~……というか、ホント、マサルさんの安定度は素晴らしいですね! しかも今日は11奪三振。ひょえ~
柔よく剛を制す――ではないですが、球速もさほどではないマサルさんが、その制球の良さで強打者をばったばったと打ち取っていく様が、「日本人的痛快のツボ」を押しているような気がします。飄々とした義経――みたいな感じ?


あ、いや、ローズにはしっかり打たれてましたけれど(笑)


本日の先発はマサルさん。
ラジオ解説によると、序盤、スライダーがイマイチだったようですが、徐々に持ち直してきて、後半は完璧な感じ。
特に4回は、ラロッカ・ローズ・アレンを三者連続三振に仕留め、7回も打者4人のうち3人が三振――ってな感じで、いやー、マサルさん格好良すぎる~(格好いいのに「格好いい」って言葉が似合わない所が、マサルさんの魅力なのですが(笑))

初回と7回に点を取られてしまいますが(ローズのタイムリー&ローズのソロホームラン)、それ以外のバッターを確実に抑え込み、終わってみれば7回で被安打3、自責2、11奪三振――と先発としては申し分ない仕事をしてくれました。剛速球じゃなくても、三振は取れるんですよね……
今日もナイスなお仕事でした、マサルさん。マサルさんがあと二人ぐらいいてくれたら、すっごくブルペンが楽になるのになぁ~(「実は三つ子」とかいう展開は無いんですか、そういう展開は)

打つ方は、初回、ひちょりヒット→賢介バントでいつもの形(賢介は犠打チーム記録に並んだそうですね)、稲葉四球の後、セギが倒れて「うーん」って所で、続く信二がデッドボール。
満塁になった所で、バッターボックスには工藤。当たり自体はバウンドの高い内野ゴロだったんですが、そこは俊足工藤、足で稼いだ内野安打。その間にひちょりホームイン、稲葉もホームインで2点先制。
内野安打で2点取れたのは大きかったですよね、稲葉の走塁グッジョブでございました。

3回には、セギヒット→信二ヒットで1・3塁、信二はなかなかイイ感じで後半戦に入れましたね~
続く工藤がまたまたヒットを打って、1点追加。今日は、信二→工藤の打順が上手い事機能してくれたみたいです。

3回以降はオリックス先発・デイビーも立ち直って、スコアボードに0が並ぶ状態が続いていたのですが、8回、大きな追加点が入りました。
オリックス戦で超打つ男・稲葉が2ベース→当たりが戻ってきたっぽい信二タイムリーで1点追加。「イケイケモード突入」になりそうな所で1点で終了ってあたりがハムっぽいですが(笑)、3-2と4-2じゃやっぱ違いますからね。信二のタイムリー、グッジョブでした。

で、8回久→9回マイケルと繋げるいつものパターン。
9回、マイケルが1・3塁にランナーをためる展開になったりしましたが、まぁこれも「いつものパターン」なので、それほどドキドキはしなかったです。4点目がデカかったですね。
「1点取られてもまた勝ってるし」っていう余裕がありましたから。

つーことで、連敗ストップ。よかったよかった。
マサルさんは6勝目です。シーズン当初からローテ入ってたら、二桁いける感じですよね……来年に期待か~?(今年はギリギリ行けるか行けないかぐらいかな?)


投手:武田勝-武田久-MICHEAL
【勝】 武田勝(6勝1敗) / 【S】 MICHEAL(20S)

【通算成績】 89試合 50勝35敗4分
△△●○●△●○●●○○●●○●●○○●○●●●●●●○○○○●○○○○●●●○
○●○●●○○○○○○○○○○○○○○●○●●△●○○○○○●●○○○●●○○○
●○○○●○●●○
試合日記_2007  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。