::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2007/08/01 対西武ライオンズ13回戦
【ファイターズ○3-5●ライオンズ (グッドウィルドーム/10,638人)】

木元が……木元がいてくれたらなぁ!(と、2004年プレーオフの時の事を思い出す。あの時も場所は西武ドーム)


ああでも、裏に和田さんに打たれるから、やっぱダメかぁ~(とほほ)



松坂がメジャーに行って、「よっしゃ、今年はもうちょっとは西武に勝てるようになるかも~」と思ってたのですが、相変わらずサッパリのようです。
なんでこんなに西武戦苦手なんだろ?(鷹さんも苦手だし、檻さんにも打ち負かされるし、ロッテさんにも鷲さんにもなかなか勝てないし……って、あれ、なんで首位なんだろ???)


本日の先発はマサルさん。「マサルさんで勝てないなら、いつ勝つのよ」って感じだったのですが……うーむむむ。むぅ。
序盤、ラジオ解説によると球が高めに浮いてたらしいですね。先頭バッターにヒットを打たれて、「あら、マサルさんにしては珍しいなぁ」と思ったのですが、その後、2番3番と打ち取って、対するは表でエラーしてしまっていたカブレラ。
「昨日は眠ったままだったから、マサルさんならどうにか料理してくれるだろう」と思っていたら――2ランホームラン。あちゃー(汗)

まぁでも、マサルさんがホームランを1~2本打たれるのはデフォみたいなもんじゃないですか。ここら辺ぐらいまでは、まだ、心穏やかにラジオを聞いてたんですけどねぇ。はぁ~(ため息)
今日は、ローカルの方のNHKニュースで「おもいで甲子園・ダルビッシュ版」が流れまして、6時35分ぐらいに家に戻って録画したりなんだりしてたんですが、見終わってラジオの方に意識を傾けたら3-2になっていて驚きました。ありゃ、またホームランですか、マサルさん(汗)
そこら辺まではちょっとフラフラしてましたけれど、そこ辺りから「いつものマサルさん」な投球に戻ってましたね。ここでね、1点でもいいから勝ち越せていたら、あるいは――って感じだったんですけれども。なんでこんなに投打がかみ合わないかな~(歯医者行って矯正しろ~←おい)

攻撃の方は、初回、ひちょり→賢介と連続三振で「ああ、今日も完封か」なんて思ったりしたのですが(って、今思えば、この時点で「今日も負け」が決まってたのかもしれませんね……)、腰が痛いのに頑張ってる稲葉がファースト・カブレラのエラーで出塁。「打席に立てば内野ゴロゲッツー」ばかり見てるような気がするセギが、今日は打ったよタイムリー2ベースで1点先制。
更に信二もセギが返ってこれるようなライトへの2塁打を放って2点先制。
最近はほら、先制出来たら勝てる――って感じじゃないっすか。だから、今日はちょっと期待したんですけどねぇ……うーんうーん(汗)

裏にカブレラ2ランで追いつかれて、まぁそれはいいんですよ。振り出しに戻っただけですから。その後がグダグダでした。いや、ダメダメっつーかなんつーか。
4回。小谷野四球→みっちー2塁打でノーアウト2・3塁。点が入らない方がおかしい状況じゃないですか、ノーアウト2・3塁で。
バッターは工藤。「スクイズ来るかな」ってドキドキしてたんですけど、結果、工藤は初球だったか2球目だったかに手を出してセカンドゴロ。ランナー動けず。
9番陽くん、ショートフライ。「はぁ?」って感じですよ、「はぁ?」って。どうしてノーアウト2・3塁で点が入らないの???
ひちょりが四球を選んで満塁。あともうちょっとで点が入る――というところで、賢介三振。おいおい、「ぶっちぎり優勝する」とか言ってなかったかい、賢介(汗)

更に腹が立つ5回。稲葉頑張って走って2塁打→セギヒットでノーアウト1・3塁。またノーアウトで3塁ですよ。ゲッツーとかでも1点入ったりすんですよ。
続く信二がファールフライ。し、しんじ…………せめて外野に飛ばしてくれ~
今日の野手陣で一番頑張っていた小谷野がタイムリーを放って、なんとか同点に追いつくんですが、ここで引き離さなければならないというのに、みっちー三振。み、みっち…………
工藤四球を選び満塁。陽くんファーストゴロで1点止まり。これだけお膳立てされて1点だけっすか~~~~! へこー

確か、残塁数二桁行ってたはず。こんだけ点が取れなかったら、マサルさんだって持ちこたえられませんって。
7回、ずんどこ細川さんに2ランを打たれてしまって5-2。確かにホームラン3本ってのは打たれすぎですけど、でも、「今日の敗因はマサルさん」って事にはならないかと。「マサルさんが打たれたから負けたんだ」って思う人っているんですかね?
札幌に戻ったら、投手陣で卓球台を一週間独占したってバチは当たらないんじゃないかと思いました。てか、そういうルールを作ったら、もうちょっとは野手陣も奮起してくれるかしら……???

マサルさんの後は、オッシー→江尻と継投。オッシーは多少頼りなかったですけど、まぁ、無失点で負われたから及第点はもらえるかしらん?
2004年のプレーオフで起死回生のホームランを打ってくれた木元みたいな存在を期待したのですが、木元はやっぱり魂ごとオリックスの方へ行っちゃったみたいです。反撃の芽すら見えぬままゲームセット。
いいピッチャーにも勝てないですけど、2軍からあがってきたばかりのピッチャーにも勝てません。どうしましょうね。どうにもならないですかね。

よーし、魔法の呪文を唱えちゃおう。

「今がどん底、これを抜けてしまえばあとは上がるだけ」


明日の先発はダル。某雑誌の件で色々思う事はありますが……まぁ、それは明日書く事にします。つーか、野球に大した興味のない妹が「立ち読みしてきたけど、アレはちょっとねー」と苦笑いするようなアホな仕事を受けんでくれ~(あら、書いちゃった)


投手:武田勝-押本-江尻
【敗】 武田勝(6勝2敗)

【通算成績】 94試合 51勝39敗4分
△△●○●△●○●●○○●●○●●○○●○●●●●●●○○○○●○○○○●●●○
○●○●●○○○○○○○○○○○○○○●○●●△●○○○○○●●○○○●●○○○
●○○○●○●●○●●○●●


余談:楽天の試合終了後にインタビューを受けるためにノムさんが登場するシーン、あの現れ方って、そこら辺の芸人がするよりももっとずっとコントっぽいと思う~(注:もちろんバカにしてるのではなくて自分なりにはスゴイ誉め言葉。やろうと思って出せる雰囲気じゃないと思う)

試合日記_2007  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。