::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2007/08/15 対福岡ソフトバンクホークス16回戦
【ファイターズ○2-1●ホークス (ヤフードーム/33,242人)】

「あともうひと踏ん張りで完封勝利」って所まで来て、ぽこーんとホームランを打たれてしまうあたりがマサルさんらしいというか、何というか(笑)
いやいや、でも、ホント、素晴らしいピッチャーですよね。「速球」も魅力的な手段のひとつだけれど、それ以上に「制球」ってのが大きな武器になるよなぁと、昼間の甲子園(仙台育英戦)と夜のハム戦を見て思いました。

ヒロインが真面目真面目路線だったのは、ビジター試合だったからですかね。なんか「言おうかな、言おうかな」って思ってて、でも、あまり知らないアナウンサーさんだし……とためらってるうちに、結局、面白い事を言えないまま終わってしまった――って印象を受けました(笑)
ま、「面白ヒーローインタビュー」は、次に札ドで投げる時までとっておいてもらって。うはは。

今日は15日なので、夕方、親戚の家にちょろっと言ってきました。
一応、ラジオのイヤホンは耳に突っ込んでいたんですが、さすがに試合に集中する事は出来ず、ちゃんと試合を見れたのは家に帰ってきてからでした。5回ぐらいからかな?

初回、ラジオから「武田勝、上々の立ち上がりです」的なセリフが聞こえてきて、「ああ、今日も大丈夫だなー」と。
マサルさんが得意意識を持ってるというより、むしろホークスの方の苦手意識の方が強いようなイメージがあるんですが、今年、ホークスを苦手としてる中でそういう存在って、ホント、頼りになりますよね~
昼間、甲子園の智弁学園-仙台育英の試合を見てたんですが、佐藤投手が155キロ(!)を出すものの、そこから制球を乱し大量失点をしてしまう――ってのがあったんですね。
「打たれてしまう150キロ」と「打たれない130キロ」
投手って「球速が全て」ではないのだなぁと、マサルさんを見て思いました。なんか、マサルさんが「球が速くない」事をコンプレックスに思ってるような投手の「憧れの星」みたいになったら素敵ですよね~

今日も変化球のキレが抜群だったようで、8回、田上選手にソロホームランを打たれてしまうんですけれども、それ以外は文字通り「完璧」でした。
8回、球数90、被安打5(本塁打1)、四死球0、自責1。「四死球0」ってのが素晴らしいじゃないですか!
9回、マイケルにスイッチ。連投するマイケルって、なんか妙に調子がいいんですよね。三振三振セカンドゴロで、これまた完璧な出来。マイケルも、かなりセーブの数を貯めてきました(って、それだけ接戦続きって事ですが(笑))

攻撃面は……相変わらず「爆発」って事はなくて(もう諦めましたよ(笑))、1点1点をコツコツとって感じなんですけど、その「コツコツ」がしっかり出来てるあたりがイイよなぁと思います。連敗中は1点すら取れませんでしたもの。
3回、先頭打者の賢介が今季初のホームラン! 2番固定の時はどんだけ打席に立っても出なかったのが、打順が下がったら出ましたですよ。「2番の縛り」ってのが無くなったのが……今年の賢介にとっては良かったのかな?
セギもホームラン打ってから、ダメダメ状態だったのがちょっとずつ上向きになってきてる気がするし、賢介もこのホームランでスイッチが入ってくれたらなぁと願ってます。
5回には、金子会長が四球で出塁→ひちょりがフェン直の3ベースヒットで更に1点追加。金子はすごい一生懸命走ってましたねぇ~ ぎっくり腰なのに……ホント、有り難うございます。

7回だったかしら、小久保が三振を取られた時、バットを投げつけて更にヘルメットまで脱ぎ捨てて怒ってたんですね。
前に、白井ヘッドの講演会に行った時、ハムではそういう行為は厳禁だっていう内容の話をされていたんですよ。「自分がダメ」な時に周囲(のものや人)に当たり散らしたら、雰囲気が悪くなって他の選手が萎縮しちゃうじゃないですか。萎縮してしまった選手にイイプレーが出来る訳もなく、だから、そういう時はその悔しさを自チームの応援に向けなさい――みたいな事を言ってらしたんですけど、小久保のあの行為を見て、その事を強く思い出しました。小久保がハムの選手だったら、白井ヘッドから大目玉でしたでしょうね。
(あと、サードに飛んでいった打球を弾いて(?)しまった時、コロコロと転がっていった打球を追おうともしないのもちょっと淋しかったです。間に合わないって分かってても、あそこは自分で走っていって欲しかったなぁ)


8回、田上のソロホームランで1点返されるものの、それだけ――でした。2アウトからでも先の塁を目指し、少ないチャンスを確実に点にして、投手を中心にしっかり守りきる。
派手さはないけれど、こういう試合をこれからもしていって欲しいなぁと願ってます。選手はしんどいでしょうけれど。ぐは~

明日は、バースデー登板のダルビッシュ。未来の嫁さんが来るかもって噂もありますし、こりゃ負けられないっすよ。負けたら未来の嫁さんの立場がアレになっちゃうから、絶対勝つのよ、ダル~~~~~!(笑)


投手:武田勝-MICHEAL / HR:田中賢(ソロ・3回)
【勝】 武田勝(7勝2敗) / 【S】 MICHEAL(1勝27S)

【通算成績】 105試合 58勝43敗4分

△△●○●△●○●●○○●●○●●○○●○●●●●●●○○○○●○○○○●●●○
○●○●●○○○○○○○○○○○○○○●○●●△●○○○○○●●○○○●●○○○
●○○○●○●●○●●○●●○●●●●○○○○○○

+++
東福岡(賢介母校)-広陵(稲田・吉川母校)、どっちを応援すればいいんだろ~(汗)

試合日記_2007  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。