::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2007/09/10 対千葉ロッテマリーンズ19回戦
【ファイターズ○9-3●マリーンズ (千葉マリン/14,835人)】

勝ち越したかった対西武3連戦。2戦目、3戦目の負け方がすごく悲しかったものですから、今日の試合に対しても「キビシイかなぁ」って思ってたファンの方が多数だったんじゃないかと思います。
それが、フタを開けてみたら、まさかの大量得点! 確かに、ここ最近、打撃自体は好調でしたが(繋がらないだけで)、でも、9点ですよ、9点。ビックリしました。まさに「想定外」な試合展開。

って、普通だったら、9点あったら「安心、安心」で中継を聴けるんでしょうが、「簡単に点を取られてしまった」あの2連敗を経験した直後故に、9点あっても全然安心出来なくて、2点返された時は「このまま逆転されて負けるんじゃないだろうか」とか本気で思っちゃって(!)、なんかもう、身も心も「日ハムファン」になったんだなぁと、ちょっと笑ってしまいました(笑)


それにしても、賢介のあの内野安打の打ち方ったら!(足元のボールをよく避けたいし、そんなボールをよくバットに当てたなぁ!)

いやーな連敗を背中にひっさげての千葉入り。相手は、9月になったら手が着けられなくなるマリーンズ……ですよ。まぁ、普通に悲観的になっちゃいますわな。
ただ、先発のスウィーニーが、ここ最近ロッテキラーっぽい感じなので、「それが救いかな~」なんて思ってたんですが……ニィ、いっぱいいっぱい頑張ってくれましたね(涙)
本人コメントだと、制球が定まらずに苦労したそうですけれど、どうしてどうして、責任投球回の5回まで2安打無失点ですよ。ダルと反対で屋外の方が得意なんですかね~

6回あたりから打たれるようになっちゃって2失点、7回、ランナー二人出した所で、歌さんと入れ替わりで、今日、一軍に上がってきた金森くんと交代になりました。
もうちょっと長く投げれたら、言う事ナシだったんですけどね……でも、大事な初戦に試合をいい形で作ってくれましたし、花まるあげてもいいんじゃないかと。来季も一緒にいられたらいいなぁ……っていうか、復帰後これだけのロッテキラーぶりなんですもの、来季もファイターズにいてくれますよね? ね?
娘さんたちカワイイし、日本を好きになってくれてるし、残って欲しいなぁ……ニィ。

打線の方は、さっきも書きましたけど、9点も取りましたですよ。ホークス戦あたりから上向いてるな~とは思ってましたが……繋がると、こんなにも点が取れるんですねぇ~(しみじみ)
3回。それまで「カンペキ」だったロッテ先発・清水直から、工藤がライト前ヒットを放ちます。ここからが繋がる繋がる、計5連打。
ひちょりヒットで俊足工藤ちゃんは3塁へ→賢介が、年に何度も見ないようなビックリヒットで内野安打、これがタイムリーになって1点先制。
清水直が放った球はそのままだとすねに当たりそう――ってコースで飛んできたんですが、賢介が両足をザッと後ろ側に引きながら、バットを下に垂直にするかのように動かしてそのボールを打ちます。
エンドランのサインが出てたんで、どうしても当てなきゃならなかったんですね。って、ホント、よくアレ、当たったよなぁ~ 「なんとしても当てよう」って気持ちが、咄嗟の行動に表れたんですかね。
続く夏男・稲葉が2塁打で2点目、4番小谷野がこれまた2塁打で4点目、更に信二にも2塁打が出て5点目。ベタベタですが「シンジラレナ~イ」な試合展開になります。

今日のファイターズの凄い所は、これだけ点を取ってから、更に追加点を入れる事が出来た事。
6回には、ひちょり→賢介の連打→稲葉犠牲フライで1点追加し、5回には陽くんと交代で1軍に上がってきた糸井のプロ初ヒット→糸井、盗塁→金子2塁打で1点追加、更に更に工藤ちゃんが2塁打を放ってもう1点。なんとビックリ8対0です。
守備に不安のある糸井は、今日はDHでの出場だったんですけど、今後の試合のラッキーボーイ的存在になってくれればいいですね~
1塁にランナーで出て、次の打者が長打を打って、グンと加速をつけて3塁を回ってホームに滑り込んでくる姿を見てみたい~(加速力が凄いという話を聞いてるんで。それにしても、ハムは足の速い選手が多いなぁ(ウキウキ) 直線じゃなくてベースランニングだと、紺田と工藤と糸井とひちょりと、誰が一番早いんだろ?)

6回には、賢介四球→稲葉ヒット→小谷野ヒットで満塁に。信二が押し出し四球を選んで9対0。欲を言えば、ここでもう一押し欲しかったんですけれども、いやいや、贅沢を言うたらアカンですよね。これまでだったら、ノーアウト満塁からでも点が入らないのがデフォだったし。

7回、スウィーニーが二人ランナーを出した所で、金森くんがマウンドにあがります。
今江にヒットを打たれ満塁になるものの、あわてず騒がず西岡を三振にして笑顔でベンチに戻ります。イイですよね、笑顔がベンチに溢れるのって。金森くんも、鎌ヶ谷のイイ風を連れてきてくれたのかな?
8回も、ヒットを1本打たれるものの無失点で切り抜けます。1軍あげになって、いきなりキビシイ場面での登板でしたけど、上手くいって良かったですね~ 
これで勢いに乗って、これからどんどん活躍していって欲しいなぁ~

9回裏、マウンドにはハッシーが。これ以上ない楽な場面での登板でしたが、2本のヒットで1点を失ってしまいます。うーん、ハッシーは調子がイマイチなのかなぁ~
でも、ズレータ・ベニーと長打力のある選手はしっかり抑えてるし、最低限のポイントはおさえられてるのかなぁと。もう、あとちょっとなんだから、とことん頑張れハッシー!


打線も「線」で繋がって、先発ピッチャーがしっかり抑えて、いい勝ちはいい勝ちなんですけど、後半、結構ロッテ打線に打たれたのが、今後の不安材料といえば不安材料でしょうか……てか、9点取ってても、試合終了するまでホントにホントに本気で不安だったよ!
明日の先発はマサルさん。ここ最近、調子を落としてるんですが……どうかどうか、明日、マサルさんのおとぼけヒロインが聞けますように。そんでもって、打線が点じゃなくて「線」になりますように。


投手:スウィーニー-金森-橋本
【勝】 スウィーニー(5勝7敗)

【通算成績】 125試合 68勝53敗4分
△△●○●△●○●●○○●●○●●○○●○●●●●●●○○○○●○○○○●●●○
○●○●●○○○○○○○○○○○○○○●○●●△●○○○○○●●○○○●●○○○
●○○○●○●●○●●○●●○●●●●○○○○○○○○●●○○●○●●●○●○●
○○●●○


今日、9点も取りましたけど、ホームランは1本も無いんですね……いやー、実にハムらしい!(笑)

+++
今日の「hanaテレビ」で、「ヒルマン監督の5年間」みたいな特集をやっていたのですが、川島(たぶん川島。オレンジのリストバンドだったので)を赤ちゃん抱っこしたり、監督の左右に稲田や陽くんや飯山(あと、もうひとりいたんだけど、誰だっただろう……ちょっとど忘れ(汗))が座っていて、監督がサインを出してる仕草をみんなで真似してるシーンとかが映っていて、「こんな監督、他にいないなぁ」って、改めて思いました。「この写真」も、ホントに和みますよね。
ストで試合が中止になった日、腕が上がらなくなるまでサインを書き続けたり、大通りのビアガーデンで歌ったり。
お別れするのは本当に淋しいけど、でも、監督が選んだ事なので、「アメリカでも頑張って」と、素直な声援で背中を押したいです。

試合日記_2007  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。