::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::20007/09/16 対福岡ソフトバンクホークス21回戦
【ファイターズ●3-4○ホークス (ヤフードーム/35,645人)】

試合に負けたのは、もうどうでもいいぐらいに心配……

い、稲葉っっ!!!!!!!!

試合後のニュースで、「骨折ではなく打撲の模様」とあって、とりあえず一安心したのですが、でも、たぶん数試合は――いや、もっとかな、スタメンはキビシイですよね。当たったの、膝だし。
楽天戦――オリックス戦あたりまでは代打かな。いや、一日も一刻も早く回復してくれる事を祈ってるんですけれども。

「怪我も野球のうち」とは、理屈で分かってるんですけど、でも、昨日の吉川くんに続いて稲葉まで――となると、野球の神様を恨みたくなります。なんでよりによってこんな大事な時期に、大事なバッターの膝にボールを当てるの~(号泣)

うううう、このピンチをみんなで乗り切ってくれ~~~~!! この一年をみんなで戦ってきたファイターズの選手なら、出来る、はずっっ!!
本日の先発は八木くん。序盤の出来をラジオで聞いて、「今日は10対3で負けだろう」と覚悟したんですが……てか、なんで3失点しかしなかったのか不思議なくらいです。だって、八木くんが降板するまでの4回、全て先頭バッターに打たれてるんですよ……orz
3回3分の2、打者18人で9安打……あ、でも、四死球が一つもないや。これが大量失点にならなかった原因かな?
いやー、参った。どうしちゃったんだ、八木くん……解説の島田誠さんは「メンタル的なものが大きいのかも」って言ってたんですけど、結婚もしてお子さんも生まれて、まさに、今、「いけいけ」な時だと思うんですけどねぇ。もしかして、強い気合いが逆に空回りに繋がっちゃってるのかな?
ただ、あれだけ打たれて3失点って、まだ「何か」は持ってると思うんですよ。普通ならもっと失点しますよ。
この時期に来てこういう投球を見せられちゃうとかなりキビシイんですが、でも、次こそ! 次こそいい投球をしてくれる事を信じて。あ、グラブで顔を隠すアレ、復活させたらどうだろう……??

それにしても、ホークスファンの方は、「どうしてもっと突き放せないんだ!」って苛々されたでしょうねぇ。点を取っても取っても、ファイターズがジリジリと差を詰めてくる。投手の出来からいえば、もっと点差が開いても全然おかしくないのに。
そんでもってファイターズファンの方も、「どうして逆転出来ないんだ!」って更に苛々したでしょう。勝ち越し出来るチャンスが幾つもあったのに、相手の好守に阻まれたり、味方のミスが出たり。下手に1点差とかだから、「今日はもう負け」と諦める事も出来ないし……試合展開がスローペースだったのもあって、今日はどちらのチームのファンも疲れたんじゃないかと思います。わたしも疲れました(汗)

初回、点を取られて3回に稲葉の犠牲フライで同点に。4回、連打を浴び(八木くんの悪送球もあったかな? なんか最近多いですよね、八木くん……)3-1に。
そしたら5回、賢介ヒット→稲葉のタイムリーで3-2。じりじり行きます。じりじり、じりじり。
この後もじりじり責めて、1アウト満塁になるんですが……後続が倒れて1点止まり。うーんうーん。

4回途中で降板した八木くんの後を、オッシー→江尻と繋ぎます。ここ最近はオッシーがいまいちで江尻がカンペキ――でしたが、今日はオッシーが合格点、江尻は連打と四球で満塁にしてしまい、犠牲フライを打たれて4-2になってしまいます。この1点が痛かったなぁ(汗)
こういうのがあるから、うちのハム友達、「江尻だけは信用出来ない」って力説するんですよ~ まぁね、ピッチャーも波がありますから。でも、ここで抑えてこその信頼度だしなぁ~

「ああ、ダメか」と思いかけた7回。賢介ヒット→セギタイムリーでまた1点返します。1点だけですけど(汗) 点は入るんだけど、たたみかけられないんだよなぁ。
そして8回。先頭打者の坪井が出て金子が送り、1アウト2塁。坪井の代走に川島が出るんですが……あっさり牽制死。白井ヘッドが激怒したそうですね、「集中力を欠いている、足で戻るのではなく、手から戻ればアウトにはならなかった」と。
コーチ陣の「叱る・叱らない」には線引きがなされていて、全力で積極的にプレーした結果のミスは叱らないけれど、やる気のないプレー(途中で諦めて全力で走ったりしないとか)に対しては厳しくしかるようにしている――と、白井ヘッドの講演会で聞きました。
うーん、1軍にあがってきたばかりで、絶好のアピールどころだったんだけどなぁ、川島くん……「追いつけるか」という場面だでとてもとても大きなミスになってしまったけれど、今回のことを野球をしている限り消えぬ「くさび」として自分に打ち込んで、今後のプレーで今回のミスを取り戻して欲しいです。

川島くん牽制死のあと、代打・小谷野が2塁打。野球ってこういうものですよね(涙)
ひちょりがヒットで続いたんですが、賢介は三振。今日は、とことん勝利の神様に嫌われました。「どれだけやっても勝利に結びつかない」ってのは、年に数度ありますけど、よりによってこんな大事な時期に……むぅぅぅ~

ため息ばかりになりそうだった試合ですが、でも、「おっ」と思うような事もありました。
江尻にかわってマウンドには、1軍に今日昇格した山本くんがのぼったんですが、これがもう、春先とは違う自信に満ちあふれたようなピッチングで!
ファームにいた間、かなり投げ込んだそうですね。球速も5キロほど速くなったとか。って、一夏を過ごしたとはいえ、5キロってすごくないっすか?
球速が速くなったため、変化球も効果的に使えるようになった――とか。ええと、いつの試合でしたっけ、ストライクがひとつもはいらなくて絶体絶命な顔をして投げてたのって……
もちろん、一試合だけで判断する事は出来ないですけど、金森くんといい山本くんといい、この時期にいい投球をしてくれる元気な若手が出てきてくれたのは、ホントありがたいです。チームも活気づくでしょうし。

山本くんを勝利投手にしてあげたかったんですけどね………………9回表、先頭打者の稲葉はデッドボール。150キロ近い球が膝を直撃ですよ。
「両脇を抱えられながらベンチに下がった」ってラジオで聞いて、目の前が真っ暗になるかと思いました。だって、稲葉ですよ……一番頼りになる男・稲葉が~~~!!!!
さっきも書きましたが、とりあえず骨折ではないと聞いて、少し救われました。ああもう、みんなの怪我が早く治るように千羽鶴でも折ろうかな……(ちょっと本気)

稲葉の死球を点に結びつけてもらいたかったんですけど、セギ→信二→工藤と倒れてゲームセット。ホークスファインプレー続出&いい当たりが野手正面と、とことんついてない日でした。
はぁ。でも、何事もなかったかのように明日も試合があるんですよね。明日の先発はスウィーニー。吉川くんと稲葉の痛みを、明日の白星に繋げて、スウィーニー!!(と野手陣のみなさん!!)


投手:八木-押本-江尻-山本
【敗】 八木(3勝5敗)

【通算成績】 130試合 71勝55敗4分
△△●○●△●○●●○○●●○●●○○●○●●●●●●○○○○●○○○○●●●○
○●○●●○○○○○○○○○○○○○○●○●●△●○○○○○●●○○○●●○○○
●○○○●○●●○●●○●●○●●●●○○○○○○○○●●○○●○●●●○●○●
○○●●○○●○○●

試合日記_2007  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。