::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2007/10/16 対千葉ロッテマリーンズ(CS第2ステージ・第4戦) 写真なし版
【ファイターズ●1-5○マリーンズ (札幌ドーム/42,222人)】

試合に負けたのもアレですが、日シリ先行予約がほぼ全滅でショボボボーン(´・ω・`)
確かに、ネット12口+電話12口しか予約出来なかったけど、ここまで外れるとは……いやまぁ、去年も同じような感じでしたけど。ハハハ。当たる人って、どんだけ予約してんだろ。
辛うじて、第7戦のチケットだけは当たったんですが、第7戦ってねぇ……ねぇ(涙) ありえねー

はぁ。抽選はキツイなー。自分的には、かけた分の労力が素直に報われる確率が高い先行予約の方が好きなんですけれども。まぁ、しゃーないや。
大人しく家でテレビ観戦する事にします。友達よんで、チケット代で美味しいものでも買って、レプユニ着て応援するさ~







(でもホントは札ドに行きたいよ~~~~!)

試合前の練習を見てたら、鶴岡が総攻撃を受けていて(賢介・飯山・工藤あたりから)、飯山にはプロレス技とかかけられてて、「お前ら、休み時間の小学生かよ!」ってツッコミ入れたくなってしまいました。これだけの大一番なのに、ホント、ファイターズの選手っていつもと全然かわりません。稲葉も身体動かしながら、大笑いしてましたよ~

そうそう、シートノックの時、「1塁・稲田&幸雄さん、セカンド・賢介、ショート・金子&飯山、サード・小谷野&小田さん」って感じで、小田さんがサードの守備練習をしていて、それがちょっと意外でした。足の事があるから、ファースト専門なのかなーって思ってたんですけれども。

さて、本日の先発は、意外にロッテキラーなスウィーニー――だったんですが、今日はちょっとランナー出し過ぎちゃいましたかねぇ。いや、失点は0だったんですけれども。
5回途中、1アウト満塁で降板。うーん、悪くはなかったと思うんですが、「合格」にはちょっと足りない感じでしたかね。
スウィーニー降板後のマウンドをひきついだのは――マサルさん。おお、やはりマサルさんが来ましたか!
かなりヤバイピンチだったのですが、早川を三振、続く福浦もPゴロ――と、見事な火消し能力を発揮します。今思うと、ここでピッチャー交代してれば――みたいな事も思うんですが、でも、先発Pですし、ある程度のイニングは……って思っちゃいますよねぇ。

その裏、このシリーズのラッキーボーイ的存在になってる稲田が出塁→金子送りバントでひちょりヒット、1アウト1・3塁。
ここで賢介がライトにフライを放ちます。やや浅めだった気もするんですが、稲田がホームへヘッドスライディング。先制点が入りました。
そういや、ボビーが凄い抗議をしてたんですけど、割とあっさり引き下がっていったような。あれはやはりタッチアップが早かったって事で抗議に来てたんですかね。

「やっと先制点ゲットだぜ!」と思った6回表。ランナーをひとり出して、打者は里崎。いやーな予感がしたんですが……まさか、的中するとは(涙)
なんか、「日ハム対ロッテ」っていうか「日ハム対里崎」になってるシリーズな気がします。ホント、嫌な所で打つバッターだよなぁ!(誉め言葉……か?)
ここでピッチャーは萩原に交代。前日より、多少、拍手が大きかったような気もするんですが、でもやっぱりまだまだ知名度・信頼度低いっすね~
ってまぁ、ストライクは入らないですけどね(汗) 「こりゃダメかー」と大半の方が思ってたと思うんですけど、いやいやいやいや、ハギーはちょっとだけ持ってるんですよ。自分で作ったピンチを自分で切り抜け、結果無失点。なんですか、マイケルから「劇場のコツ」を教えられたんですかね。

で、次の回もハギー続投だったんですけど、これはここで替えて欲しかった。ガンちゃんの説じゃあないですけど、ここのハギー続投は嫌な予感しかしませんでした。2イニングもつ雰囲気じゃあないんだよなぁ、ハギー。
ランナーひとり出して、山本くんとスイッチ。山本くんもヒットを打たれるんですが、ここで何とビックリ、武田久登場ですよ。山本くん、ワンポイントだったんですかー(ヒルマン監督にしては珍しい気が)

サブローにヒットを打たれて、満塁に。「そういや、いつかのオリックス戦の時、マイケルがノーアウト満塁にしちゃって、そこから17球で抑えた事あったねぇ」なんて友達と話してたら、里崎三振→オーティズ外野フライでしっかり無失点に抑えて、「うぉぉぉぉ!」な感じに。頼もしいよ、久!
2対1。充分逆転が狙える点差で、ヒットだって結構出ていて、何度もチャンスがあったんですけど、ことごとくそれを潰して結局無得点。おっかしいなぁ、セギノール大爆発かと思ったのにー

8回には、賢介がファーストにスライディングして内野安打(賢介のスライディングは格好いい!)
続く稲葉が四球で、ノーアウト1・2塁。「今度こそ……ッッッ」と思ったんですが、セギ→信二→工藤と倒れて無得点。あかーんあかーん、これじゃあかーん!
そして9回。マウンドには守護神マイケルがのぼったのですが…………………………マイケル(涙)
ヒットヒットヒットヒットヒットでいつの間にか5対0。アウトひとつもとれませんでした……この時点で席を立つ人がかなりいて、何よりそれが悲しかったです。「ちくしょー、帰った人を残念がらせるためにも逆転してくれー」って願ったんですけどねぇ。そりゃ確かに帰り混むのはイヤですけど、だからって……ねぇ。ファンが逆転を信じなくて、誰が信じるんですか~~~~

マイケル降板。誰が出てくるのかな――と思ったら、菊地くんでした。そういや、前の日に、菊地くんの名前が入ったレプユニを着たお姉さんを見かけたんですよー 「おお、目の付け所が凄いなぁ」と思ったんですが、あのお姉さん、菊地くんの登板見て喜んだだろうなぁ。
公式戦も1回しか登板してないんですが、この大舞台、しかも流れが向こうに行ってるところに出ていって、しっかりアウト3つとりましたですよ。この試合の一番の収穫かもしれないですね。

9回裏、「なんとか一矢報いてくれ」と願ったんですが……三者三凡。負けた負けた、まーけーたー!
悔しいですけど、まぁしゃーないや。ロッテもホント、強いチームですからねぇ。打線の迫力を比べたら、ハムファンから見てもロッテさんの方がすごいんじゃないかと(笑)
ってことで、第5戦までもつれる事になりました。いやー、チケット払い戻しにいくのを楽しみにしてたんですけど……ははは。
日シリチケットが取れなかった(正確にいうと第7戦しか取れてない(笑))ので、おそらく、今季ラストの試合観戦になるかと思うんですが(いや、日シリ前の紅白戦があったら、それ見に行くかな?)、自分に出来る限りの、今年一番の応援をしてこようと思います。そして、今年一番、野球を楽しんでこようと思います!



投手:スウィーニー-武田勝-萩原-山本-武田久-MICHEAL-菊地
【敗】 武田勝(0勝2敗)

○●○●

お、次は○の番じゃないですか!(笑)

+++
うちの母は、あんまり野球(というかスポーツ全般)に興味のない人だったんですが、わたしが毎日のようにファイターズの事を喋って、テレビで試合を見たりするので、ひちょりや賢介や稲葉、ダルといったあたりの選手の事は知るようになったんですね。
で、このクライマックスシリーズに突入して、自発的にラジオを聞いたりテレビを見たりするようになって、気づいたら「マイケルの前の前に出てきた投手はストライクがちっとも入らないし、色が黒い(さすがにハギーの名前は知らない(笑))」とか、「今日の最後に出てきたピッチャーは、いつも出てこない人だよね?(ってことは、いつも出てくる投手の事はなんとなく知ってるって事か)」とか、そういうことを言うようになってたんですよ。
ビックリしましたよ。いつの間に、こんなにファイターズに興味を持つようになったのかーって。
なんかすごいなー、ファイターズ。ついこの前まで野球なんて見向きもしなかったうちの母ちゃんの心を動かすなんて!

試合日記_2007  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。