::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2007/10/28 日本シリーズ第2戦・対中日ドラゴンズ
【ファイターズ●1-9○ドラゴンズ (札幌ドーム/40,770人)】

あまりにも点差がついてしまって、さすがに逆転の望みも薄れ(貧打自慢打線ですしね)、「うーん」って感じの雰囲気がそこかしこに漂っていたのですが、ハギーが登場したあたりから、妙にテンションが高まってしまい、最後の代打代打代打のあたりでは負け試合とは思えないほど盛り上がってしまいました(笑)
ていうか、「代打を出される鶴岡」はよく見ますけど、「代打に出される鶴岡」って……! 鶴の盗塁といい、今年は珍しいものを見るなぁと。セギの「3試合連続ホームラン」もね!(日本シリーズに限っていうなら、これまた3試合連続ホームラン?)
8月9月ぐらいにタイムスリップして、「セギが3試合連続ホームラン打つよ」って言っても、誰も信じないだろうなぁ……うはははは。

完膚無きまでの負け試合でしたけど、気分的にはそう落ち込んではないです。というか、楽しかったです。
選手の方も、スポニチの記事を読んだら、「敗戦後のロッカールームからもいつも通り卓球に興じる声が聞こえてきた。森本は敵地・名古屋での不安材料を『宿舎に卓球台がないこと』と真顔で話した」って感じみたいですしね(笑)
って、これ、中日選手とかセリーグチームの人が聞いたら、「なんて不真面目な!」とか思うのかなぁ。パリーグチームは、ハムがどんなチームか知ってるから、「あー」って受け入れてくれそうなんですけど。試合の事より卓球台がない事が不安って……(笑)

「勝っても負けてもかわらない」チームですから。まぁ、名古屋にいっても大丈夫でしょう。
若手Pもいい経験出来ましたしね。吉川くん、高卒ルーキーで日シリのマウンドに立つなんて、よくよく考えたら凄すぎるぞ!!

P1150806.jpg


生ドアラも見れました。やばい、ドアラ、かわいすぎる……ッッ(あのお尻の丸い部分がふよんふよん動くのがたまらん~~)

先発はグリン。カイル君も来日して、勇気百万倍――かと思ったのですが、初回、先頭打者にいきなりヒットを打たれて、「おおぅ」な感じに。
井端も、いやらしい所にポテンと落ちるヒットで出塁。3番森野が犠牲フライを打ち、1点を先制されます。
4番ウッズをダブルプレーに仕留めて、なんとか流れを渡さずに初回を終える事が出来た――と思ったんですが。むむむむむ。

中日先発は中田。いやー、面白いぐらい打てなかったっすね~(汗)
四球や死球でチャンスを貰うものの、あとが続かず。まぁ、打てないのには慣れてますけど……とほほほほ。
そういや、審判、ちょっと厳しくなかったですか? 外野スタンドのセンターよりの所から見てたんですが、「これは入っただろ」ってのが幾つもボール判定されていて、周囲からは「ええええええ」という不満の声が。もちろん微妙な所は見えないですけど、でも、「あ、これは決まった」と思うボールって、これまでほとんどストライク取れてたんですよ。あまりに「今のボールかよ」ってのが多かったので、もしかしたら審判のストライクゾーンが狭かったのかな――って。まぁ、気のせいかもしれないですけどね。テレビで見てた方、どうでした??

4回、3連続四球→ノリさんタイムリーで2点を失い、吉川くんに交代。
キビシイ場面で出てきた吉川くんですが、四球を更に連続させてしまい押し出しで1点献上。うーん、球自体は悪くなかったような気もするんですが……実際どうだったのかなー
いい所無しだった(涙)吉川くん→ハッピーバースデーなオッシー登場。
いやー、ドラゴンズの攻撃の長い事、長い事(汗) どっと疲れてしまいました(選手はもっと疲れただろうけれど)

4回裏、頼みの稲葉も倒れてしまって、ますます「こりゃダメだー」な雰囲気が漂い始めたところで――セギのホームラン! うおおお、セギ、どうしたんだ!!(失礼な(笑))
こんだけ打てるんなら、もっとたくさん打ってよ――と思わないでもないですが、ああ、セギの前にランナーが出ていれば、あるいは流れが多少なりともハムの方に来たのかなーなどと思ったり。ま、今更ですけれども。
「よしよし、1点ずつでいいから返していこう」とやる気になったところで、6回表、オッシーが被弾(涙) 2ランを打たれてしまいましたですよ。これで6対1。大逆転なライオンズ戦の例もありますが、「さすがにキビシイなぁ」という空気がスタンドに流れ始めます。

7回からは菊地君が登場……ですが、これまた2ランを打たれ8対1。フェンスの一番上に当たって跳ね返ったのが見えましたですよ~ あともうちょっと、あともう5センチ手前に落ちてたらホームランにはならなかったのになぁ。
ノリさんに四球を与えたところで、山本君にスイッチ。山本君は8回を三者三凡でおさえます。

8回まで、たまにヒットを打ったりなんだりしてランナーを出したりしてたんですが、ホントに後続が続かなくて(涙) まぁ、ハムらしい負け方っていえばとってもハムらしいんですけれども。
9回表、マウンドにはハギーの姿が。ここらあたりからテンションがおかしくなっていって、ハギーが投げるたび「おおぅ」と反応、ランナーが出ると「さぁ、ハギー劇場の始まりざんスよ」とワクワクし始め、あっさりダブルプレーに終わってちょっとガッカリしたり(笑) いやだって、それくらいしか楽しみなかったんですもん~
てか、ハギー、地味に安定してません? いや、ストライクは入らないんですけれど(爆)、なんとなくアウトに出来てる――みたいな。
今日も、ハギーの名前がコールされた時、スタンドは微妙な空気でしたが、来年はハギーレプリカの人がひとりでも現れればいいなぁ――なんて。
(え? わたし? わたしは、来年、中嶋さんで作ろうかと……←ちょっと本気だったり)

9回裏。
セギの代打に幸雄さんで大盛り上がり。外野席センターよりだと、幸雄ジャンプをした時に「どすん」と凄い音がして、ちょっと怖かったり(笑)
代打第2弾・川島。でも、出てきた途端に死球。運がいいのか悪いのか(笑)
代打第3弾・飯山。「♪ゆうじ~(中略)エネルギッシュなお前が欲しい~♪」を力いっぱい歌えて、それだけで満足。最初の空振りを見て、悔しいよりも先に笑ってしまいました。
代打真打ち・鶴岡。ちょっ、鶴岡代打って!!!!! 周囲も、自棄になったのか結構盛り上がってましたよ(笑)

中日の守備もさすが……ッ!って感じでしたし、噂通り長打力もありますし、やっぱ強いッスねぇ~
まぁ、元からすんなり決まるとは思ってませんでしたし、とりあえずひとつでも多く試合が見れればなぁと思いますです(選手は大変でしょうけど(汗))
さて、明日からはテレビ観戦。気合い入れて念を名古屋に送るぞ~~~~!(笑)


投手:グリン-吉川-押本-菊地-山本-萩原 / HR:セギノール(4回・ソロ)
【敗】 グリン(日本シリーズ0勝1敗)

○●
試合日記_2007  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
::しかし
酷い有様ですね(泣)高橋のリードは完全に読まれてますし・・短期決戦でタニシゲみたいないい捕手と相対すると厳しいですね。ま、落合さんからすると決戦前に帰るような監督に情報戦で負ける訳にいかないという事でしょう。どうしたら札幌に帰ってこれるんですかね?
編集 △ page top
::
信二のリードについては、シーズン中からずっと言われてますよね。
素人なので、どこをどうすればいいとかは分からないのですが……うーん。

選手達も「名古屋で終わりたくない」という気持ちはあるでしょうし、あとはもう選手を信じて応援するしか。
編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。