::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2008/05/21 対横浜ベイスターズ2回戦
【ファイターズ○4-3●ベイスターズ (札幌ドーム/ 20,271人)】

信二、決勝激走!


NHKの全国ニュースで「足の速くない高橋」と言われてしまう信二が、今日は頑張って走りました。
というか、今日に限らず、今年は「おっ、信二すごい走ってる」って思う試合が幾つもあったような……って自分が見た限りで――の話ですけれども。

取って取られて取られて取って――という、シーソーゲームのお手本のような試合。なんていうか、東京ドームのロッテ戦ぐらいから、「取られても取り返せる」ようになってきてると思いません?
もの凄い爆発力ってのはやっぱり存在しないんだけれど(笑)、マラソンとかに喩えると、じわじわと気づかれないうちに差を縮めたり、相手の背中にピッタリ貼り付いて、最後の最後で追い抜く――みたいなイメージが。
あと、守備もすごく軽快になってきてる感じがします。開幕当初は、ひちょりや稲葉といった「鉄板」と思われてた選手もイマイチな感じで、ショートを中心(……汗)に、色んなエラーが頻発してた感じだったんですけれども、ここ最近は守備の面でいいプレーがたくさん出ているような気がします。
「ファイターズは、守備が攻撃」ですから、守備から攻撃にいい流れが出来てるのかもしれませんね。うんうん、こういう野球ってなんか安心出来ます。

ハマの番長こと三浦投手も、すごくいい投球をしてましたね。ファイターズの若い投手陣が何か学びとってくれたらいいなーと。「ただ目新しい」ってだけじゃなくて、普段なかなか接することの出来ない選手の良さを見ることが出来るのも、交流戦の魅力のひとつかもしれませんね。
それにしても、横浜の打線は怖いわ~(汗) セリーグ1位なんですよね、チーム打率。とりあえず今年負け越しが無くなったのでホッとしました。
2連勝――ということで、幸先の良いスタートがきれて良かったですね!


先発はダル。
初回かな、151キロ出してたので、「今日は調子がいいのかな?」と思ったら、球速が出てたってだけで、あんまり良くはなかったみたいですね。今日は夜9時半くらいまで外で仕事してたんで、テレビ中継は見れなかったんですけれども、ニュースでチラッと見た限り、いつもの球と比べるとやっぱり力強さを感じなかったかな――と。
7回・88球投げて、被安打8、奪三振3、失点2。四球が1個だけってのはさすがですが、ダル的にはちょっと打たれ過ぎちゃった印象。って、7回2失点なら先発として充分合格点ですけれども、なにしろダルビッシュですからね、要求されるレベルが高い高い(笑)

降板は、ベンチの指示で強制的なものだったそうです。実は試合前から腰に張りがあって、それもあって早めに降ろしたのだと。
ダルは他のPに比べて投球回数も多めですし、開幕からの疲れがちょっと出ちゃってる――ってこともあるんでしょうか。1年通して頑張ってもらわなきゃならない投手ですからね。無理に引っ張らなかったのは良かったんじゃないかと思います。
なかなか上手くいかなくて、ちょっとイライラしてもいたようですし。札幌でゆっくりリフレッシュして、次の登板に向かって欲しいです。お疲れ、ダル~

さて、打つ方ですが――三浦投手の防御率が1点台ということで、なかなか打ち崩せないのかな……と思ってたんですが、1点先制されて迎えた3回、陽ヒット→ひちょりヒット→稲田犠打→賢介2点タイムリーで逆転に成功。賢介は一日遅れのバースデータイムリーかな?
陽くんは、今日は守備もしっかりこなしてヒットも打てて、イイ感じでしたね。今日は叩かれないと思うとちょっとホッとします(ってのと同じモノを小田さんにも感じてます。去年、札ドで打てなかった時、ひどい言葉で野次られてるのを実際に聞いてるんで、昨日の試合、代打・小田のコールの時ものすごく盛り上がってたってのを試合を見に行っていた友人から聞いて、嬉しいと言うよりもホッとしました。「結果が全て」の世界ではあるけれども、聞くに堪えないような言葉で野次られてるのを聞くのはいやだよ~)

6回、ダルが3連打を食らって2-2の同点に。番長の方は尻上がりに調子がよくなっていって、ヒットを打つことも難しくなってきてます。
「うーん、こりゃヤバイぞ」と思っていたら、7回でダル降板。マウンドにはモジャパー星野。
「よっしゃ、星野、ここはしっかり抑えたれ~」と思った途端に、先頭打者内川にソロホームランを打たれ勝ち越しを許します。
終盤でのこの1点は痛い。「打って~打って~打ちまくれ~」なチームではないですから。しかも相手は三浦投手。うーんうーん、こりゃマズイですよ~~~
ってまぁ、打たれちゃったのは仕方ない。とにかくこの1点だけで抑えてくれ――という願いが通じたのか、ズルズル崩れることなく後続はしっかりと断ち切ります。後から考えると、ここで踏ん張れたのが大きかったですね。うん。

8回裏。先頭打者のひちょりが簡単にアウトになって、「うああああ」と思ったところで、今日は2番には言っていた稲田がヒットで出塁。続く賢介が相手エラーで1塁セーフ。
♪ら~らららら~ら~ら~ら~ら~~~~~ららら~ららら~ら~ら~ら~ら~~~~~~~~い・な・ば!――で稲葉が技ありのタイムリー。3対3の同点に。
続くスレッジが四球を選び(今日のラジオ解説の金石さんは、ここで四球を選んだスレッジが今日のMVPだと仰ってました)、代打・高橋信二がタイムリー――は打たずにショートゴロだったんですが、頑張って走って走って走って走ってゲッツーを免れ、その間にランナーホームイン、4-3と勝ち越しに成功します。思いあまってヘッスラしなくて良かったよぉ(涙。信二は永久ヘッスラ禁止!)

こうなったらハムペース。9回表、マウンドには武田久があがります。
ショートゴロ→三振→三振と「くぅ、格好いい~」な形できっちり試合をクローズし、見事、交流戦2連勝と相成りました。
ヒロインは久。ほんのり関西弁な所が、いわゆるひとつの「萌え~」な感じでした(笑) 抑え投手のヒロインってなかなか無いですから、今日のお客さんはいいモノ見ましたね~


明日は試合お休み。交流戦は、日程的にゆるゆるでファイターズ的には大助かりなんですが、ファン的にはちょっと物足りない感じも(笑)
次は札ドで中日戦です。お約束の「日シリ・リベンジ」ってことで。おそらく先発は多田野かと思われるんですが、あの「……え?」って言う投球フォームに中日選手が思いきり戸惑ってくれればいいなぁと思いますです。
マサさんと当たらないので、200パーセントファイターズを応援するぞ!(マサさんが相手だと150パーセントぐらいになる(笑))



投手:ダルビッシュ-星野-武田久
【勝】 星野(2勝1敗) / 【S】 武田久(2勝2敗3S)

横|001 001 010|3   H10 E1
日|002 000 02x|4   H 8 E0

【通算成績】 50試合  27勝22敗1分(+5)
○●●○●○●●○●○○●○○○○○●●△●○○●○●○●●●○○○○○●●●●
●○●○○○●○○○

※試合数メモ ろ:12 そ:11 ら:11 お:6 せ:8


オリックスのコリンズ監督が、シーズン途中ながら辞任ということで……ニュース見てビックリしました。
前に、解説者に悪く言われてたのを聞いたりしたので、「野球そのものじゃなくて、その他の部分で色々あって嫌になっちゃったんじゃないか」と邪推したりもするんですが……色んなものに負けないで欲しかったなぁ。
「情熱がなくなってしまった」というのが辞任理由なんですが、これ、また外野からアレコレ言われちゃいそうだなぁと。って、「言われても構わない」と思うぐらいに、もう、色んな所が破綻しちゃってたんでしょうね。
というか、監督はやめるだけで済むけれども、これからも闘っていかなきゃならない選手が気の毒です。ハムファンが言うセリフではないかもしれないけど、オリのみなさん、がんばれ!(そんでもって、ここ最近の「癒しの元」である大久保選手が一日も早く復帰出来ますように。なむなむ)
試合日記_2008  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
::いやいや
稲葉さん3塁まで行ってから代走出されてましたけど何かあったんですかねぇ?
何気に心配です・・(泣)

陽は精神的に脆い部分が多分にありそうなんでどう克服してくかでしょうね。
たんに守備下手なら下で特守してこいって話なんですが、ちょっと違いますからねぇ。
いや、下でもよく魔送球はしてましたが(苦笑)
編集 △ page top
::
ケガの情報等は入ってきていないので、ケガで交代――ではないと思うんですが>稲葉に代走
まぁよくわからんですが、とりあえず早くケガが治ってくれればいいなーと思います。

陽くんのエラーに関しては、「三振かホームランか」じゃないですけれども、ファインプレーもあればミスも出る――みたいな感じに割り切ってしまうのが、精神衛生的にはよろしいんじゃないかと。
吉川くんもそうなんですけれども、欠点を補おうとするあまり長所まで削っちゃうのは、個人的にはちょっと勿体ないかなーみたいな印象が。
守備を上手くさせようとして打撃面が疎かになるより、守備は今の感じでいいので(いや、多少は伸びて欲しいですが)打撃をとにかく伸ばしてくれ――みたいに思っちゃうんですけれども、まぁ、それも人それぞれの好みがありますしね。

とりあえず、苛ついた感情をそのままキツイ言葉で選手にぶつけて、自分はすっきりイライラ解消するようなファンの姿はあんまり見たくないなーと思う次第です。
誰かを力任せに罵ってる言葉って、たとえ自分に関係なくても聞いていてホントに滅入りますから。ましてや、応援してる選手にそういう言葉が向けられたら……根底に愛情のある「叱咤激励」な感じでお願いしたいです。
編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。