::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2008/05/28 対東京ヤクルトスワローズ
【ファイターズ○7-3●スワローズ (神宮/18,050人)】

ニッポン放送実況アナ「稲田、紺田、工藤……ファイターズは控えの選手も全国区」








え、えええええええええ?!


(↑失礼な(笑))


いやー、連敗がとまって良かったですね~
数字を出したワケじゃないので、間違ってるかもしれませんが、ダルは、チーム状況下降時に登板する事が多いような気がします。今日も助かったよ、ダル~

先発はダルビッシュ。
前回、腰の張りもあって早めに降板してたので、立ち上がりがどうなるかちょっと心配してましたが、ゴロゴロゴロの3ゴロチェンジ。
仕事してたので(っていうか、今日は仕事終わったら日付がかわってました(笑))、スカパーが見れなくて球速とかチェック出来てないんですけれども、まぁ、無難な投球だったんですかね?
というか、5回に乱れた以外はそれなりにアレな投球だったんじゃないかと思います。

今日は、HBCでの中継がなくて(大人の事情だそうで)、STV――というか、ニッポン放送の中継を聞いてたんですが、思ったより公平な感じで、結構すんなり耳に入ってきました。この前の巨人戦の元●さん解説応援実況よりずっと良かったよぅ~
ていうか、解説の関根さんが、アナに色々教えられて「へー」っていうのが、普通のおじいちゃんっぽくて和みました。
そういや、2年前の日シリの時、ちょうど所用で東京に行ってて、八木くんが投げた日の夜に北海道に帰ったんですけれども、羽田へ向かう電車の中、ちょっとでも中継を聞きたくてラジオのイヤホンを耳にしたら、関根さんが日シリ中継の解説をしていて、八木くんの事を「今日、初めて見るピッチャーなのでよくわからない」とか言ってて、「おい、そんなんで解説すんのか!」と思ったんですけど、まぁ、関根さんだししゃーないですか(笑)

って話が逸れました。ええと……そうそう、今日は「あんまりハム戦を見てない人たち」が中継をしてたんですけれども、必要以上に(?)ダルを「すごい」と思ってて、「いやいやいやいや(笑)」みたいな。
ハム戦をずっと見てる人だと、ダルも調子のすっごく悪い日とか、目に見えてイライラする時があるって分かってるんですけれども、そうじゃなくて数字や文字による情報が知識のメインだと、やっぱり「打てないピッチャー」だってイメージがあるんですかね。
中盤にちょっと乱れてからは、そうでもなくなりましたけれども、序盤の「ダルは絶対打てませんよ」な雰囲気が、普段、ダルを見てる人間からするとなかなか面白かったです。

8回投げて141球。ちょっと多いですね……球数。
被安打7、被本塁打1、奪三振9、四死球2、自責3点。ホームランはまぁいいとして(最近、また打たれるようになりましたね。って、打ち込まれた末のホームランとかじゃないから、そんなに傷にはならないですけれども)、5回に連打をくらいノーアウト満塁から2点取られたのには、ちょっと驚きました。不運な面もあったようですけれども。
ただ、そこでズルズルいかないで2点で食い止め、その後は点を取られなかったのが――今日のヤクルト先発村中くんとの違いですかね。年齢的には1歳差なのかな?
実績から見ると「当たり前」と言われてしまいそうですが、ラジオを聴いていても、「貫禄の差」ってのを感じました。つーか、ダルが「ベテランの雰囲気持ちすぎ」なんだよな~(笑)
今日は残念な感じでしたが、村中くんもノーノー未遂なピッチャーですし、このまま伸びていったら、将来、確実にローテの柱になれる感じですよね。敵チームのことも含めて、若いPが頑張ってるのを見たり聞いたりするのは楽しいなぁ~

で、打つ方は、その村中くんの立ち上がりが不安定な所を上手くとらえて、いきなり初回に3点先制します。
村田くん価値ある四球→高口しっかり犠牲バント→賢介走って内野安打→稲葉100人のっても大丈夫なタイムリー。1点先制。
信二がこれまた四球を選び、スレッジは三振でしたけれども、去年の交流戦男・小谷野が2点タイムリー。3対1。

その後しばらく膠着状態が続いたんですが、5回、2アウトから賢介がヒットで出塁。ここから怒濤の攻撃が始まります。
賢介盗塁→稲葉四球→信二・スレッジ・小谷野連打連打で一気に4点追加。7-1に。
今日は小谷野が大当たりでした。去年の交流戦を思い出しちゃいますよね、やっぱり。うーん、これからどんどん上昇気流にのって欲しいぞ!
そういや、今日はダルも打席に入ったんですけれども、「やる気ナシの見逃し三振」じゃなくて、普通にバットを振っていったみたいでちょっと驚きました。第1打席の時だったかな、内野ゴロだったと思うんですが、バットにボールが当たった瞬間、ものすごいどよめきが起きたのがラジオから聞こえてきて、一瞬、ヒットになったのか?――と錯覚してしまいました(笑)
その後の打席も、バットを振っていたようで――今日は、ホークスのガトームソンがホームラン打ったんですよね。それに対抗する意識もあったのかしらん? でも、ダルは基本的にはバッティングは好きじゃないんですよね……確か。奥方が観戦に来てたそうなので、ちょっと格好いいとこ見せたかったのかな?(てか、赤ちゃんは連れてきてないですよね……まさか)

その裏、ダルが乱れて7-3に追い上げられるもののそれ以上の反撃を許さず、後半はスイスイと試合が進んで8回までダルが投げ、9回は武田久登場。
先頭打者の川島くんには投げづらかったのか四球を与えてしまいますが、その後はゴロ・フライ・三振と幕の内弁当のような内容で3アウト、ゲームセットと相成りました。

オッシーにも会いたかったですけれども、オッシーが出てくるってことはヤクルトが勝ってるってことですから、いやいやいや、会いたくても我慢我慢(笑)
明日は、雨が降るかもしれないんですが……冷たい雨の中で試合をして体調を崩すのもイヤだし、予備日に試合して移動が大変になるのも困るし、どっちも「うーん」って感じですね(汗)
とりあえず、いいコンディションの中で試合が出来るよう祈ってます。んで、元気な顔で北海道に戻ってきて欲しいわ~


投手:ダルビッシュ-武田久
【勝】 ダルビッシュ(6勝1敗)

日|300 040 000|7   H11 E0
巨|010 020 000|3   H 7 E0

【通算成績】 54試合  30勝24敗1分(+6)
○●●○●○●●○●○○●○○○○○●●△●○○●○●○●●●○○○○○●●●●
●○●○○○●○○○○○●●○

※試合数メモ ろ:12 そ:11 ら:11 お:6 せ:8


試合日記_2008  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
::やっぱりダルビッシュ!
もうダル様しかいないですね。
鬼門の神宮で勝利!先日も鬼門マリーンスタジアムもクリアしています。本当に球界のエースですね。
後は、グリン・藤井の勝ち星が増えると安心なのですが・・・。
編集 △ page top
::
ダル本人のコメント通り、「完璧」ではなかったかもしれませんが、でも「屋外球場は苦手」な意識は薄れてきた……って感じですかね?(本人やチームだけじゃなくて、ファンの意識も)
「頼れるエース」がいるのは、本当に幸せなことだと、ダルの試合を見ながらいつも思います。

もうちょっとで月もかわりますし、グリンや藤井も気分一新で頑張ってもらえれば……実力はある選手ですからね、両者とも。歯車が上手くかみあってくれれば、もっとたくさん勝っていけるんじゃないか……と。
編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。