::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2008/06/01 対阪神タイガース2回戦
【ファイターズ●4-5○タイガース (札幌ドーム/ 42,126人)】

公式サイトには、まだ情報は出てませんが、報道によると、とりあえずレントゲン撮影では骨の異常は見られなくて、明日、精密検査をする――とのことです。
去年の吉川くんも、X線では異常なしだったけれども、精密検査で剥離骨折が判明――だったので、まだ楽観は出来ないですが、それでも、不安の第一段階は乗り越えてかな……と。





今はただ、信二の骨の強さを……信二てます!!



昨日がサクサク試合だったので、今日の4時間試合はちょっと疲れました。
信二のことを抜きにすると、二日間とも1点を争う好ゲームだったかなぁ――と。セリーグ首位の阪神相手にこれだけの試合が出来たってことは、怪我人が多い現状ですが、チーム力的にはそんなにそんなに悪くないんじゃないかと。
うん、今、これだけ頑張れてるから、怪我人が万全の状態で戻ってきたら、もっと勢いつくんじゃないかなーと思ってます。いや、信じてます。


先発は藤井。なんか、藤井が投げてたのが遠い昔のことのようです……(遠い目)
さすがに今日は「頑張ったのに、何故勝てない」と擁護することは出来ないような(汗) ちょっとねー、打たれすぎました。しかも、フェンスに当たるようなのをポコポコと。
初回が良かっただけに「今日も投手戦か」と思ったりしたのですが、金本のホームランから崩れちゃった――んですかねぇ。むぅむぅむぅ。
いやでも、ソロホームランだし、そんなに気にするほどの事でもないと思うんだけどなぁ。実際はどんなもんだったんでしょ。
2回、2アウト取ってから四球を出して、その後、フェン直タイムリー。3回も、点こそ取られなかったものの、同じように2アウトから四球を出して、ランナーを貯める展開。うーん、この四球はイカンですなぁ。現地で見てても、ボールが多くてなんかこう――守備が間延びしてる感じで。
昨日が両チーム無四球試合だっただけに、今日は「グダグダ感」が更に強くなった感じです。いや、うん、もちろん藤井だけのせいじゃないんですけれども、前にすっごいイイ時とか見てるんで、今日はちょっと残念な感じでした。
ていうか、勝ちがつかなくて、本人のモチベーションが低下してるんじゃないかって、それが一番心配です(汗)

4回、3点目を取られた時点で、ヤタローに交代。
雰囲気的に、阪神イケイケの場面だったんですが、あの「超スクランブル登板&ヒールキック」で自信がついたのか、ヤタローは踏ん張りました。えぇ、阪神ファンの友人も「ヤタロー頑張ったねぇ」と誉めてくれましたよ。
5回、2アウトから金本に四球を与えてしまって、それで動揺したのかランナーをためて満塁にしてしまったんですが、最後は気合いで無失点。この時はパニくってたのか球がかなり高めにきてたそうなんですが、次の回は落ち着いてしっかり投げることが出来てました。
2アウトから四球を出してしまったのは藤井と同じでしたが、次の回に立て直せたのが、今日のヤタローの偉かったところかと。
ここで踏ん張れたから、きっと試合が壊れたりしなかったのでしょう。もしもサヨナラ勝ち出来てたら、ヤタローが影のヒーローだったかもしれませんね。
フラフラしてた子が頑張って色々学んで、そんでいい投球するようになってるのを見れるのは、ホントに幸せだねぇ――と友人と語り合ったりして。

6回までヤタローで、7回8回は宮西くんが投げました。
基本的に1イニングだけ投げる投手だから、8回はどうかな――と思ったんですが(前の日も投げてたし)、8回はやっぱり打たれてしまいました。ピッチャー送球エラーも出てしまったし。
宮西くんが投げた時、あわててしまったのか、送球体勢が若干崩れてた印象があります。って、しっかり立て直してからの送球だったら、セーフになってたかもしれないですけれども。難しいですね、そこら辺は。
まぁでも、これも「勉強」だと思って。しっかり分析出来る宮西くんのことですから、このエラーから得たものを次の機会に活かしてくれるでしょう。

で、ピンチの場面に出てきたのが……建山。前のヤクルト戦であっさり打たれたりしてたので、ちょっと不安だったりもしたんですが、今日は「さすがベテラン!」と唸るような投球で、新井・金本という強打者をしっかり打ち取りピンチを切り抜けました。


さて、打つ方ですが――阪神先発アッチソンをなかなか打てなくて、打ててもバントミスとかがあって得点に結びつけることが出来ず、「うーん」な感じだったんですが、4回、賢介2ベース→稲葉進塁打→信二犠牲フライでまずは1点返します。
そんでもって6回、お腹のあたりがポヨっとしててめんこいエグエグ――じゃない、江草が出てきて、「阪神逃げ切り体勢かー」と思ったら、あれ? あれれれれ?――ってな感じで、工藤ちゃん四球→賢介タイムリー2ベース→稲葉もタイムリーで3対3の同点に。
「よし、いけいけ、逆転だ~」と思ったら、ピッチャー交代で渡部投手が登場。いや、いいピッチャーですね、後続をしっかり打ち取られて、結局同点止まりで終わってしまいました。
ここで一気に勝ち越せなかったのが、今日の敗因――だったんでしょうね。「久が打たれてしまった」というよりも。阪神の中継ぎ陣は相変わらず鬼やなぁ(汗)

そうそう、思い出した。今日はやたらショートにボールが飛んで、「ショート守備強化試合だね」と友達と笑ったりしてました。高口くんはショートにボール飛んできまくりーのバント失敗ありーのヒット打ったりーの、なんか今日の「主役」って感じでした(笑)
いやいや、守備、頑張ってましたよ~ バントは――難しい1・2塁の場面でしたけれども、フライを打ち上げるのはマズイよなぁと。平野さんに徹底特訓してもらえ~~~!

9回表も建山がきっちり阪神打線を無失点に抑え、両チーム3対3のまま、試合は延長戦へ。
「いいピッチャーから出していく」のがセオリーですから、マウンドには武田久があがります。
先頭バッターにヒットを打たれたものの、四者凡退はここ最近の久のデフォでしたから、それほど心配してなかったんですが、ランナー2塁まで進んで打者藤本といったところで、右中間に大きな当たりを打たれてしまいました。
稲葉の状態が完全だったら、あるいは追いついてたかも――なんて、少しだけ思ったりもしましたけれども、でもまぁアレは「打たれた」打球だったよなぁ~
これで1点勝ち越され、続く「数年ヒットを打ってない(らしい)」秀太セカンドゴロがフィルダースチョイスになり、結果、更に1点追加。
藤川を残してる阪神相手に、延長戦に入っての2点は正直痛かったです……が、まぁ、久が打たれたらしゃーないやぁね(涙) 

で、10回裏には当然のように藤川球児登場。生球児を見たのはこれが初めてだったので、負けてる状況ではありましたけれど、プロ野球ファンとしてはちょっと嬉しくもありました――って、その球児がちょっとビックリするよな状態だったんですが。
久も「適度に肩が重い方がよい」ってタイプだそうですが、球児も肩が軽いと球が荒れるそうで、久々の登板ってのもあって、ストライクがなかなか入らないんですよ。
途中から1番に入った村田くんと稲葉に四球を出して、一発出ればサヨナラ――という場面で、打席には信二。「おっしゃいけ、信二!」という状態だったんですが、球児の放った149キロの速球が信二の手首?腕?を直撃――地面にもんどり打って転がり込むような痛がりようだったので、「骨折か?!」と血の気の引く思いでした。
ひちょりが離脱して、ただでさえ打てる右打者がいないってのに、ここで信二が長期離脱となったら――やっと繋がり始めた打線の元気が、またなくなってしまう~~~~(涙)

ホントに、ものすごい痛がり方だったので、「たぶん折れただろうな」と思ってたんですが、今日の検査結果では、とりあえず骨は大丈夫――なようで。
明日の精密検査が怖いですけれどもね。うん。吉川くんの例もあるし。あとは信二の骨が硬い事を祈ってます。ていうか、今もきっと痛いだろう信二の腕と、私のこの腕を交換したいよ……

信二の代走小山が出て、試合再開。スレッジが押し出しの四球で1点差まで詰め寄ったんですが――そこで力尽きました。もう残ってる野手、鶴ちゃんしかいなかったんでないかな。
試合後、友人とご飯を食べに行ったんですが、二人とも信二の心配が先になって、飲んで食って大騒ぎ――という感じではありませんでした。うん、さすがに……ね。
最後に最後で心配事が出来ちゃいましたけれど、でも、この二日間、とってもとっても楽しかったです。阪神の選手についてちょっと詳しくなりましたよ! サードのバルちゃんは守備が良い選手で、寮のご飯が美味しいって喜んで食べてる――みたいな。頑張って欲しいなぁ~

阪神ファンの応援、今日も凄かったです。ビジターの応援があれだけの勢いになるのって、阪神戦とロッテ戦がツートップかなぁ~(人数は圧倒的に虎ファンの方が多いんですが)
ラストは、ファイターズ側の応援と虎側の「あと一人コール」で、ムチャクチャカオスな空間になってました。甲子園でのものすごい「わっしょい」チャンステーマを聞いてみたいな――とか、ちょっと思ってみたり。来年は大阪方面に遠征に出かけたいなぁ~

ってことで、1勝1敗。セリーグ独走首位の阪神相手にこの結果なら、まぁ、そんなに悪くはないんじゃないでしょうか。あとは、信二にとっても、そんでもって球児にとっても、骨に異常が無ければいいな――と祈ってます。

野球のかみさま、どうかどうか信二の骨が折れてませんように。なむなむ。


投手:藤井-坂元-宮西-建山-武田久
【敗】 武田久(2勝3敗6S)

神|020 100 000 2|5   H13 E0
日|000 102 000 1|4   H 7 E1

【通算成績】 58試合  32勝25敗1分(+7)
○●●○●○●●○●○○●○○○○○●●△●○○●○●○●●●○○○○○●●●●
●○●○○○●○○○○○●●○○○●

※試合数メモ ろ:12 そ:11 ら:11 お:6 せ:8
試合日記_2008  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。