::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2008/06/04 対広島東洋カープ2回戦
【ファイターズ●2-3○カープ (札幌ドーム/ 23,870人)】

ダルが負けた事よりも、「強打者・紺田」が誕生しつつある(?)ことよりも、

よ、洋平、大丈夫なの~~~~~?!!!


ファームの試合で頭部に死球を食らってしまい、一度は試合に復帰したものの、めまいとか耳鳴りとかの症状が現れて、それで交代した――とラジオで言ってました。
報ステでも映像が出てましたね。前に尾崎も骨折したそうですし、もー、ホントに、これ以上の怪我人はいやだよ~~~~(涙)
洋平の無事を心から祈ってます。公式ページに何も情報が出てないから、たぶん大事無いとは思うんですが……



ってことで、話を1軍に戻しまして。
まぁ、ダルも悪くなかったですけれども、それ以上に広島先発・ルイスが素晴らしかった――って感じですかね。たぶん、信二やひちょりがいても苦労していたことでしょう(笑) ていうか、来年、違う球団にいたりしなきゃいいんですが……

そんでもって、紺田。昨日3安打、今日「あのルイス」から2安打。
スタメンで使われた2試合とも、上々の結果を残してます。うお、まさか紺田が「打撃面」で活躍するなんて!(と言ったら、球団広報さんに怒られそうですが(笑))
去年、宮城の楽天戦を見に行った時のこと。試合開始前にファイターズの練習が行われてたんですけれども、そこで驚いたことの一つに、「捕球練習をしている紺田が、ものすごく声を出していたこと」でした。

konta


私が見ていた中では、この日の試合前練習、ファイターズ選手の中で一番声が出てました。
そんでもって、稲葉と行動を共にすることが多かったんですけれども、打撃のことをアレコレ話してるのかな――なんて思えるようなジェスチャーをしながら、何事か熱心に話し込んでる場面なんかも見ておりまして、うん、すごく色々真面目で熱心な人なんだな――って思ったりしてたんですが、その努力が、今、花開いて来ているのだとしたら、それはすっごく嬉しい事だなって。
もちろん、キビシイ1軍の世界で、「続けて結果を出すこと」がとても難しいことは知っておりますが、でも、稲葉が万全ではない今、紺田が稲葉を守備・攻撃の両面でバックアップしてくれたらいいなぁ――と思いますです。

ていうか、うちのワンコと同じ名前だから(うちの犬は、「大根」のコンを取って「コン太」 ちなみにネコは「まめ子」 前に買ってた犬は、生まれた時タロイモみたいだったので「イモ子」(笑))、ホント、頑張って欲しいよぅ~
先発はダル。
ここのところ、普通に考えれば充分先発として合格なんだけれども、ダル的にはイマイチ――な感じが続いていたので、「今日はびしっと決めてくれ」と思ったんですが…………あ、いやいや、投球自体は結果の数字ほど悪くはなかったみたいですね。球速も150キロ出てたみたいですし、ラジオ解説だと「広島の攻撃が上手かった」って感じでしたし、ダル本人のコメントにも「不調」という文字はありませんでしたし。
相手Pがセリーグトップクラスのピッチャー・ルイスでなかったら――なんて思ったりもするんですけれども、まぁ、巡り合わせですしね。こればかりは。

三本間にランナーを挟んだ時、素早くアウトに出来なかったこととか、ワイルドピッチでランナーを進めてしまったこととか、そういう小さなマイナスが積み重なって、それが「3失点」という結果になってしまったんでしょう。こういう試合は、エラーにもならないような小さな小さなマイナスが、後々響いてくることになるのが多いんですよね~

まぁ、今日は負けてしまいましたけれども、なにしろ「ダル」ですから、「次はどうだろう」と心配するまでもなく――って、ああ、そうそう、ピッチャー返しの球が腰(?)に直接当たっちゃったんですよね。それはさすがに心配かな……一応、その後も投球続投したから、骨がどうこうとかいう事はないと思うんですが。
痣になってる――と考えただけでも痛そうですけれども、でも、痣程度で終わってくれればなぁと祈ってます。なむなむ。

さて、打撃の方ですが、広島先発・ルイスがすごすぎて、かなり早い段階で完封負けも覚悟したんですが、そんな好投手相手に「あと1点」というところまで追いつけたのは、負け試合ながらに収穫だったんじゃないかと。
交流戦に入ってから、スレッジが調子をあげてますね。数字だけ見て「助っ人としてはイマイチだから、若手使ってみれば」なんて言ってた某解説者に見せたいですよ、この状況を(って、見ても「ふーん」程度でしょうが……(汗))

完封負けが実際に目の前をチラチラし始めた7回裏、紺田セーフティバントで出塁→賢介2ベース→稲葉アウトの後、センター前、微妙な所に落ちるタイムリーで2点を返します。
打ったのはカットボール。今日のルイスのカットは相当、切れている。だからこそカットで勝負してくると思っていた。狙っていたボール
おおおおお。狙っていた球をしっかりヒットにするあたり、ホントに調子がいいんだなーと。
信二離脱・稲葉お尻痛の今、スレッジにかかる負担も増しているでしょうが、でも、どうにか怪我人続出でフラフラしてるハム野手陣の屋台骨を支えてくれたらなぁ――と願っております。

で、2点差まで追い上げたんですが――9回、広島先発の永川に抑えられてゲームセット。
完全に力負けかと思ったら、「あともうちょっと」な所まで行ってくれて、うん、そんなにそんなに悲観するような試合じゃあないと思いました。
明日はお休み。交流戦は日程が緩いので、怪我人続出なハム的には、ちょっと有り難い感じもありますね。ファン的には、試合を見れない日が多くなって淋しかったりするんですけれども(笑)

次の中日戦は、多田野とスウィーニーかな? どちらも好調ですから、いい投球してくれたらなーと思います。あと、紺田の打撃に期待!(いや、スタメンで使われるかわからないですけれども(笑))


投手:ダルビッシュ
【敗】 ダルビッシュ(6勝2敗)

広|021 000 000|3   H6 E0
日|000 000 200|2   H6 E0

【通算成績】 60試合  33勝26敗1分(+7)
○●●○●○●●○●○○●○○○○○●●△●○○●○●○●●●○○○○○●●●●
●○●○○○●○○○○○●●○○○●○●

※試合数メモ ろ:12 そ:11 ら:11 お:6 せ:8


そういや、中田くんが下で打ってるのに興味のない梨田監督――みたいな報道があったそうですが、ラジオで聴いた限りは、「大事な選手だからこそ、下でしっかり修業させたい。一度1軍に上げたからには、もう落とす必要がないくらいに。それに、今は稲葉もスレッジも故障を抱えながらの試合になっているので、中田のためだけにDH枠は使えない。となると、守備につかなければならないので、守備も1軍レベルでなければ1軍に上げるワケにはいかない」みたいな感じだそうで。

マスコミ的には「1軍中田」って話題だけがあればいいんでしょうが、ファン的には「1軍でずっと活躍してくれる中田」を待ち望んでるワケですから、先日も書いたように「満を持しての1軍上げ」になるまでは下でみっちり修業して、二回りも三回りもパワーアップして欲しいなぁと願う所存です。「腐ってやがる、早すぎたんだ(byナウシカ)」なんて事態はイヤですもん。
自分の周囲のハムファンも「今すぐ見たい」ってより、「しっかり下で修業して欲しい」って言ってる人がほとんどですよ。「今年は1軍に上げなくていい」って言ってる人もいるくらい。
って、マスコミ的には、取材するためには、わざわざ鎌ヶ谷まで行かなきゃならないから面倒なんでしょうけれども(笑) 仮に1軍上げがあるとしても、夏場以降――でしょうねぇ。そうあって欲しいと願ってますが。

試合日記_2008  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。