::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2008/06/18 対広島カープ4回戦
【ファイターズ●1-2○カープ (広島市民球場/18,527人)】

交流戦1位の可能性がまだ在る中、この負け試合は痛い……はず、なんですが。


多田野の超スローボールきたーーーーー!


イーファスって言うんですよね? あの「(テレビ画面から)消える魔球」
こんなことを言ったらハムファンのみなさんに叱られるかもしれないですが、わたし的には、あの球を見られただけで大満足です。うふへ。負1点差でけたとかノーノーされる寸前だったとか、結構、どうでもいい感じです(笑)

前々から噂は聞いてましたし、メジャーでAロッドに対して投げた映像も見たことはあったんですが、いやいやいや、日本であの球を見ることが出来るなんて。うあああああああああああああ、見たい、生で見てみたい~~~~!!!
ていうか、すごいですよね。試合の中で、あんな「へろ~ん」とした球を本気で投げようと思って本気で投げちゃうってのが。
強い精神力が無ければ、あの気合いの抜けた球を投げることは出来ないんだな――と、報道ステーションの多田野特集を見ながら思いました。普通、怖くて投げれないですよねぇ、あの球。
ていうかていうか、あんなオイシイ素材を報道しないなんて、NHKも日テレももったいなさ過ぎや!(いや、広島・前田くんのプロ初勝利も重要な素材ですが)

広報レポには107キロって書いてありましたね、球速。メジャーで投げた時より、今日のは更に遅かったそうで。
あああああ、多田野がハムに入ってくれてホント良かったわ~! 「いつ、あのスローボールを投げるんだ」って思うだけで、毎試合ドキドキですもの。
今日は残念ながら負けがついてしまいましたけれども、投球自体は相変わらずの安定度で、ホントに凄いピッチャーだなぁと。今年中に、生多田野を見れれば良いなぁ~(仕事が忙しくなるから、さすがにこれから札ドに通うのは無理っぽそうな。あとは9月の最終戦あたりかなー)



とりあえず本日の結論:

ハムの野手陣は、多田野からバントのコツを習え!!!


(投手陣を並べた方が打ちそうな気がするのがハム打線のお約束(笑))

先発は多田野。
今日の広島は蒸し暑くて、結構体力を消耗してしまったみたいですね。それでも、7回投げて2失点、「打たれて取られた点」は市民ムランな1点だけですから、本当に安定度抜群です。
初回、ボークで1点を失ってしまうんですが……グリンもそうですけれども、なんか多田野も狙われてるような気がします(もちろん、とられないよう修正しなきゃアカンのですが)
ラジオ中継で「吉井コーチが(多田野に対して)渋い顔をしてる」とか言ってたんですが、わたし的には「そんな細かいボークとんなや、このう○こ審判」とか思って渋い顔してんだろうなーって感じでした(笑)
ていうか、今日はHBCラジオの中継アナといまいち波長が合わなくて(解説にむかつく事はたまにあるんですが、中継アナの喋りがちょっと――みたいなのはあまり無いから、わたし的には珍しい現象)、STVにかえてみたんですが、こっちのアナは、普段は普通に喋ってるのにホームラン性のボールが飛んだら、今まで2速でノロノロ走ってたのがいきなりトップギア、120キロで突っ走る――みたいな喋りになって、それがちょっと面白かったです。中立放送だったせいか、ハムファンが聞いてもさほど違和感が無い感じでした。

って、話が逸れてしまいましたが。
5回――だったかな、超スローボールを投げたら、球場がザワザワしてるのがラジオを通しても伝わってきました。140キロ150キロ160キロの世界ですもの、あの山なりボールを見させられたら、そりゃ驚くわな~
7回を投げて被安打6(被本塁打1)、奪三振3、四死球1、自責2。多田野的には若干打たれすぎな印象もありますが、多田野だからそう思うのであって、普通に余裕で合格ラインの投球ですよね~
あああああ、勝たせたかった。セーフティバントで一生懸命走ってくれる多田野を勝たせたかった。でもまぁ、こういうのは巡り合わせもあるし――「不敗神話」が途切れた方が、この後投げやすいかもしれないしなぁ。そういうことにしておきましょう。うんうん。

さて、打線ですが――「打てそうで打てない」の見本みたいな感じで、7回までノーヒットノーランですよ。いやいやいや、「もしノーノーされたらどうしよう」と、応援がそこからのスタートなのが実にハムらしい感じですが(笑)
ていうか、ごめんなさい、テレビで放映されてたオリンピック特集のダルのコーナーを見てたので、実をいうと、稲田が初ヒットを打った場面、(ラジオで)聞いてませんでした。ごめん、稲田、せっかくの見せ場だったのに!

ちなみに、ダル特集ですが、ダル本人の事よりも、ダルが勝った場面でダルの肩をモミモミしていた信二の笑顔の方が強烈に印象に残りました(笑)
1年目2年目の映像も懐かしかったです。そうなんだよなぁ、2年目最初の頃のダルは、あんまり勝てなくて、結構簡単に試合を諦めちゃったりしてたんだよなぁ。それが今や「エース」の貫禄。うーん、男の子って、ホントにちょっとしたことでグンと成長しますよね。そういうのを見られることが出来た自分は本当に幸せものだわ~
(ていうか、ファルサさんの若い頃の写真、髪の毛がモサモ(以下略))

8回、ノーノーを阻止したあとのマウンドにはヤタローがあがります。ヒットを打たれたり、2アウトから四球を与えてしまったり――と「よしよし、よくやった」的な投球からは、今日はちょっと遠かったかもしれませんが、そこから崩れたりしなかったのは良かったんじゃないかと。シーズン開始当初から考えれば、こういうところが成長しましたよねぇ。防御率も、かなり良くなってきてるんではないかしらん??

9回、賢介→稲葉とアウトになって、「ああ、完封負けか……」と思いかけたその時、スレッジの放った打球が広島の夜の闇を切り裂き、ライトスタンドに突き刺さります。やったー、完封負け阻止だ!(ハムファン的には「ノーノー阻止」の次の第2段階(笑))
スレッジはいいですね。ノースカロライナパワー。いい外人さんをとってくれたなぁと思います。新外国人のボッツさんは、どんな具合なんでしょう?

お約束のような「追いつかない程度の反撃」をし、ゲームセット。札ドの「グリン・ノーノー未遂」のお返しのような試合でしたねぇ。
さて、これで交流戦も残り2試合。甲子園の阪神戦が待ってるワケなんですが――そりゃ優勝してくれれば嬉しいですが、とりあえず怪我無く(←ここ超重要)、いい試合・見ていてワクワクするような試合をしてくれればなぁと思いますです。

ていうか、信二は代打にも出られないぐらいの状態なんですか……?(なら、何故、1軍登録したの??(汗))


投手:多田野-坂元 / HR:スレッジ9号(ソロ・9回)
【敗】 多田野(3勝1敗)

日|000 000 001|1   H3 E0
広|100 010 00x|2   H7 E0

【通算成績】 70試合  38勝31敗1分(+7)
○●●○●○●●○●○○●○○○○○●●△●○○●○●○●●●○○○○○●●●●
●○●○○○●○○○○○●●○○○●○●○●○●●○○●○●

「貯金8」になると、必ず次の試合負けるのね、ファイターズは……(汗)

***
そういや、昨日、うちの母(セリーグ最強のピッチャーは中日の川上だと認識している)がいきなり「岩隈ってすごいピッチャーなんだね」と言い出して、何事かと思ったら、「2段モーションにひっかかって調子を落とした」とか「めんこい(カワイイ)顔をしてるのに結構ベテラン」とか、「あれ? いつの間にそんな細かい情報を」ってな事を次々口にするんですよ。
どうも、朝の情報番組とかで野球情報を仕入れてるみたいなんですが――ファイターズが北海道に来るまでは、野球の「や」の字だって口にしたことがないような母なんですよ。いやー、なんか、リアルタイムで「野球に興味を持ってく」過程を見てるよなーって思ったりしました。

とびっきりの出不精人間だから、札ドに行きたいと言い出すことはないと思うんですけどね(笑)

試合日記_2008  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。