::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2008/06/27 対オリックスバファローズ7回戦
【ファイターズ○4-3●バファローズ (京セラドーム/14,654人)】

これぞまさに、マイケルドキドキ劇場~~~(笑)

いやいやいや、これぞマイケルの真骨頂ですよ。これでこそマイケル!!
一昨年の阪神戦だったかしら、振り逃げで満塁になって絶体絶命、もう死にそう――ってのを未だに覚えてるのですが、今日もそれくらいハラハラドキドキな9回裏になりましたね! ひとりふたり、胃痛で倒れてしまったんじゃないかしら???

ドカーンドカーンとホームラン連発・大差の勝ち試合ってのも勿論イイんですが、こういうドキドキ劇場も、野球の「味」のひとつだよなぁ――と、今夜はそれを堪能させて頂きました。
ていうか、監督よりもファンよりも、ダルが一番ヒヤヒヤだったんじゃないかな?(笑)


そうそう、糸井がプロ1号ホームラーン!ってことで、おめでとう、糸井!
その後、バント失敗があったので、感激もかなり薄れてしまいましたが……(笑)
素材だけみれば「地球規模」だそうですから(fromFFFFF)、その能力をこれからいかんなく発揮してもらえれば、必ずやファイターズに欠かせない戦力になる――かと。ていうか、なってもらわなきゃ困るのですが。

レギュラーシーズン再開幕試合を白星で飾れて良かったなーと思います。この勢いにのって、イイ感じで夏場に突入していけたらいいですね~

本日の先発はダル。
ラジオ中継だと、序盤、いささか不安?――な感じの描写だったのですが、1回から2回にかけて5者連続三振、トータルでも久々の二桁奪三振ということで、100点満点ではないものの、それなりな投球だったんじゃないかなーと思いますです。
2ランホームランを打たれたし、満塁のピンチもあったりして、「らしくない」っちゃーらしくないんですけれども、でも、ダルだからこその「らしくなさ」であって、普通に考えりゃー、それくらいの山坂谷坂はあって然るべきで、とりあえずしっかり試合を作れたし、取られた点はホームランの点数だけだし、うん、「80点」レベルな投球だったんじゃないでしょうか。
本人コメントを見ても、それなりの満足感はあるみたいですしね。ていうか、パリーグの試合に戻っちゃって、自分で打てなくなっちゃったのが、ちょっと淋しい感じかも(笑)

打つ方は、オリックス先発のオルティズをなかなかとらえることが出来なく、初回には絶好のチャンスを潰してしまったこともあって、「ああ、今日もダルに負担がかかってしまうのかー」と、幸先悪いスタートだったりしたんですが、2回、2アウトから糸井がプロ初となるソロホームラ~~~~ン!

「(略)平野コーチから1打席目は外の球を流して内野安打だったので、甘く入ってきたらセンターに放り込めと助言されていました。その通り打っただけです(from公式サイト)」

ひ、平野コーチ、毎打席糸井に助言してあげて~~~~~

先制点を取ったものの、ダルが2ランを打たれて逆転され、試合は中盤から終盤へ――という領域にさしかかりつつあった6回、2アウトから賢介が四球で出塁→盗塁のあと、稲葉がタイムリーで同点に。
ここ最近――かな? 賢介の盗塁が目立つようになってきましたよね。賢介のスライディングは、ファイターズで一番格好いいと思うので、もっともっと盗塁して欲しいです~(「足」を使った攻撃を見ると安心しますしね)

8回には、今日1軍復帰の金子が股の痛み(?)をこらえて力走・内野安打→糸井、空振り三振……orz→紺田のセーフティは真正直すぎて1塁ランナー2塁でアウト→しかし、紺田が盗塁成功でなんとか2アウト2塁の形に→賢介四球→稲葉がまたまたタイムリー!で勝ち越しに成功します。
8回裏、マウンドには武田久。ヒットと敬遠四球で2アウト満塁というピンチ、バッターは北川。ちょーコワイ!――という状況だったのですが、最後、踏ん張って無失点に抑えました。

9回。ばばばん。簡単に野球の神様は試合を終わらせてはくれませんでした。
信二ヒット→代走工藤→稲田送りバント成功→ツルちゃんフライアウトで、バッターは金子。ここで三振するのが春先の金子だったのですが、帰ってきた金子はひと味違いました。粘った末のタイムリー!
貴重な、貴重な、後から考えると、ほんとーーーーーーーーに貴重な1点が入ります。4-2。

9回裏。じゃじゃじゃん。4日間、野球がなくてなんとなく気が緩んでいたファイターズファンを奈落の底に突き落として目を覚まさせるようなマイケル劇場の開始です。
1アウトをとった後、いきなりホームランを打たれて1点差。ぎょへ。でもまぁ、ここまではよくある事(?)なので、特に心配したりしなかったんですが、その後、ヒット・四球・エラーとバラエティに富んだ方法でランナーが貯まっていき、気が付けば1アウト満塁。長打じゃなくても同点、あるいはサヨナラになってしまう場面を迎えます。ぎゃふー。

「あああああ、神様、仏様、中嶋さま~」と祈りつつ聞いていたのですが、最後は村松→代打濱中と2者連続三振ですよ。満塁になってやっとマイケルエンジンの回転数が上がってくれたようで(笑。多少、自分を追い込んだ方が調子が出るんだろうか、マイケルは)
いやいやいやいや、4日間のお休みで緩んだ精神をピシッと引き締めるようなイイ試合(?)でございました。って、毎度こんな試合だと、夏場まで身が保たない気もしますが(笑)

明日は多田野か~ オリックスの強力打線を前に、多田野の投球が吉と出るか凶と出るか楽しみです。カブレラ・ローズあたりを手玉にとってくれるようなピッチングをしてくれたら嬉しいなぁ~

投手:ダルビッシュ-武田久-MICHEAL / HR:糸井1号(3回・ソロ)
【勝】 ダルビッシュ(8勝3敗) / 【S】 MICHEAL(2勝0敗13S)

日|001 001 011|4   H8 E1
オ|000 200 001|3   H9 E0

【通算成績】 73試合  40勝32敗1分(+8)
○●●○●○●●○●○○●○○○○○●●△●○○●○●○●●●○○○○○●●●●
●○●○○○●○○○○○●●○○○●○●○●○●●○○●○●○●○

※試合数メモ ろ:12 そ:11 ら:11 お:7 せ:8
試合日記_2008  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。