::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2007/07/12 対福岡ソフトバンクホークス13回戦
【ファイターズ○9-6●ホークス (札幌ドーム/31,882人)】


満塁ホームラ~ン!

はい、みなさんご一緒に。

満塁ホ~ムラ~~~~ン!

気持ちがいいので、もう一度。

満塁ホォォムラァァァァ~~~~~~ン!!!




今日、札ドに行かれた31,882名の方は、ホントにイイものをご覧になりましたね。
スレッジ満塁ホームラン、稲葉の技ありホームラン、そして、多田野の「(テレビ画面から)消える魔球」!
いやー、マジで羨ましいよぉぉぉぉ~(涙。夏場はどうしてもね、仕事が忙しいんでね、農家ですから)

それにしても、「満塁ホームラン」なんて、久しぶりに見た気がします。わたし自身は、去年のいつだったかなぁ、信二の満塁打を札ドで目撃したことがあるんですが、もしかしたら……それ以来?
年に数度しかない(と思われる)貴重なものを目撃出来た今日のお客さんは、超ラッキー! 明日も、いいプレーやら凄いものとかがたくさん観られるといいですね~~~


そうそう、明日から(?)、札幌ドーム限定の新しい応援を開始するとか。
元ネタは「ジンギスカン」だそうです。そう、あの「じん、じん、じんぎすか~~ん!」な曲。やはり「北海道」だからでしょうか(笑。ていうか、こっちのジンギスカンは人名ですけれども。歴史上の人とかをネタにした曲を歌ってたんですよね、あの人たち)

闘将会が配っていたというチラシを少し見たんですが、最初はお約束の「うっ、はっ、うっ、はっ」から入って、「じん、じん、じんぎすか~ん」の部分が「オイ! オイ! ○○(選手名)!」で、「へーたらほーこらへーこらほにゃらら(超適当)」の部分が、「打て! 打て! 打て! 打て!」になるそうなんですけど、外野を列で4パートに区切って、「打て!(前の方だけ) 打て!(前~中間ぐらいまで) 打て!(前~4分の3ぐらいまで) 打て!(外野全部+内野席)」って具合に、だんだん声を大きくしていく――って感じなのかな?

で、チャンスなので「わははは~×2回」と笑って、最後は「おーまーえーがーきーめーてーくーれ~~~○○(選手名)!」ってな具合になるそうです。うーん、文章で読むとちょっとピンとこないですけど、実際に聞いたら楽しいかも? 関東限定の「チキチキバンバン」もすごく楽しいし、これも楽しい感じだったらいいなぁ~
とりあえず、明日、このチャンテがたくさん聞こえてくるといいですね! 

先発は多田野。初回の立ち上がりはイイ感じで、「よしよし」と思ってたんですが、今日はどうも球が高くて、追い込んでからのコントロールが甘かったらしく、ホームランを2本打たれてしまい、更には長打を何本も食らう――というフラフラ具合。当たると遠くまで飛んじゃいますしね、多田野の場合。
研究されてきたのもあるのかな――とちょっと思ったりしたんですが、本人的にも、投球リズムがイマイチしっくり来てなかったようで。
修正能力はあるピッチャーだと思いますので、次の時はきっちり低めに投げてくれると信じております。

そんでもって、長打続きでちょっと雰囲気が悪かった場面、噂のあの……あの、「超スローボール」きたー!! 札幌ドーム初お目見えですよ!
ちょうど仕事中でテレビから目を離してた所で、アナウンサーの驚いた声に思わずびくっとしてしまいました(笑)
確かに、その後の雰囲気かわってましたね。しっかり後続を打ち取りまして、結果的に6回4失点。毎回のように失点するものの、大量点にならないところが、今日の多田野のポイントだったかと。ズルズル崩れず、なんとか最少失点で踏み止まったのが、9-6という点差で勝てた事に繋がったのでしょう。
ああ、わたしも生で多田野の「消える魔球」を見てみたいよぉぉぉ~~~~!


さて、打つ方ですが――いやー、今日は凄かった。
ホークス先発は、多田野の高校の後輩にあたる大場。こちらも期待のルーキーだったんですが、初回、ひちょりヒット→盗塁→紺田四球とイマイチ波にのれない感じで、賢介が倒れたあと、打席には稲葉。札幌ドームは初回から稲葉ジャンプ!
稲葉ジャンプの後の稲葉は、かなりの確率で打ちますよね……(うっとり) 打球は右中間を真っ二つ。1塁ランナーの紺田もホームに戻ってきて、タイムリー3塁打。いきなり2点を先制します。
その後が、今日大暴れのスレッジ。初球、高めの球をガツンとライト方向へ。稲葉が返って、これで3-0。幸先よすぎるスタートです。

1点を返された3回、まるで1回のリプレイのように、ひちょりヒット→盗塁→紺田ヒットでノーアウト1・2塁。今度は賢介がきっちり送って2・3塁となり、稲葉の打席で、稲葉は敬遠。1アウト満塁。
「えええええ、稲葉ジャンプやったのに~」と残念に思ってたんですが、目の前で敬遠を見せられて燃えまくった男がいました。そう、ターメル・スレッジ!
「大場にダメージを与えたいから、押し出し四球でいいよ!」と思ったりしてたのですが(志はまず小さめに(笑))、結果は、押し出し四球なんて比べものにならないくらい、相手にダメージを与えるものでした。
ボッツと比べると小柄に見えてしまうスレッジですが、放った打球はライトスタンドへ一直線。なんとびっくり、満塁ホームランですよ! ま・ん・る・い・ホ~ムラ~~~ン! ああああ、なんて甘美な響きなの~

これで7-1。「これはもう楽勝でしょう」と思ったんですが、いやいや、野球はやはりカンタンには終わってくれません。
多田野がどうもピリッとせず、またまた1点を失ってしまいます。そして、4回裏。紺田がまたまたまた四球を選んで出塁、賢介凡退で、打席には稲葉。
実を言うとこの時、私の目には、腕を上手くたたんでホームランを打つ稲葉の姿が見えてました。誰も信じてくれないでしょうが(笑。信じてくれなくてもいいけど)、稲葉の打撃フォームと打球の角度が予め見えてたのですよ。そしたら、その通りのバッティング!
貴重な貴重な2ランホームランです! やっぱり稲葉、3万人のっても大丈夫!!

その後も、チクチクチクチク点数を取られ9-4に。7回、マウンドには宮西くんがのぼります。
ここ最近、ちょっと打たれてしまってるので、「大丈夫かなー」と心配だったのですが、今日は、絶好調ではないにせよ、しっかり無失点で抑えることが出来ました。少しずつでも調子をあげていければいいですね。
そんでもって、7回裏、マウンドには――あれ、どこかで見たことのある顔? 背中には「YANG」の文字。
そうです、陽くんのお兄さんがマウンドに登場しました~ さすがに似てますねぇ(陽くんをもうちょっと大人っぽく研ぎ澄ました感じ。アジアンテイストクール男子――みたいな感じで、陽くんも数年後にはあんな雰囲気になるかと思ったら、興奮がとまりません(笑))
そんでもって、左ピッチャーとは! うああああ、他チームの選手ながら、今後要チェックだと思いました。

その陽兄からヒットを打ったのが、今日、1軍に戻ってきた信二。手の具合はもう大丈夫なのかなぁ~(汗)
まぁ、「大丈夫」だから、1軍に戻ってきたんだと思いますが、とりあえず、無理はしないで欲しいと願う所存です。ここで変なことになっちゃったら、選手生命にも関わって来ちゃいますものね。信二は、出来るだけなが~く、なが~く、なが~~~~~~~くファイターズにいて欲しいので(ユニ買おうと思ってるし)、ホント、無理・無茶・無謀だけはしないで欲しいと願っておりますです。

さて、試合に戻りまして。
8回、マウンドには武田久が登場するんですが、「あれ? あれあれ?」と思ってるうちにランナーがたまって、「あれ? あれあれあれあれ?」と思ってるうちに2点取られて、「あれれれ?」状態に。
ムネリンに打たれたのとか、クリーンヒットじゃないんですよね……だから、「なんでランナーたまってんだろ?」みたいな印象だったんですけど、不調だったのかなぁ~
まぁ、登板間隔がかなりあいてましたしね。藤川球児もそうらしいですけれど、多少投げて肩を重くしておかないと、調子が出ない――という事もあるそうで。ま、こういう日もあるでしょう。

そんでもって、久が3点差にしてお膳立てしてくれたおかげ(?)で、9回のマウンドにはマイケルが。松中に死球を与えてしまうのですが、他はきっちり抑えてゲームセット。ホークス相手に2連勝です!
こうなったら3タテ狙いたいですが、相手も必死にですからね。そうそうカンタンにはいかないかと(打線もイイ感じですし)
とりあえず、ホームランを打たれずに(←ここ重要)、新しいチャンテが何度も聞ける試合だといいなぁ――と願っております。
それにしても、ファイターズが勝つ日の西武は負けないですね!!(こんなところで仲良しなんて~)


投手:多田野-宮西-武田久-MICHEAL / HR:スレッジ11号(満塁・3回)、稲葉12号(2ラン・4回)
【勝】 多田野(5勝2敗) / 【S】 MICHEAL(2勝0敗16S)

ホ|001 111 020|6   H11 E2
日|304 200 00x|9   H13 E0


【通算成績】 84試合  45勝38敗1分(+7)
○●●○●○●●○●○○●○○○○○●●△●○○●○●○●●●○○○○○●●●●
●○●○○○●○○○○○●●○○○●○●○●○●●○○●○●○●○●○●●○○●
●●○○


そういや、ひちょり、稲葉からバットをもらって、それで打撃が良くなったそうで……よし、みんな稲葉からバットをもらおう!
試合日記_2008  コメント(2)   トラックバック(1)  △ page top


<<prevhomenext>>
::
昨日のことはおいといて・・・。
私も仕事中にラジオをチラ聞きしていたんですが、稲葉敬遠で満塁になった時、
「スレッジホームラン打って~~~♪満塁ホームラン見てみたいから打って~~~♪」
って、思ってたんですよ。
そしたら、スレッジが本当に打ってくれたじゃないですか。
気分は、自分が苦境に陥っているのを勇気付けてくれたプロ野球選手が、
「キミのためにボクはホームランを打つよ。キミも諦めずにがんばるんだよ」
と約束して叶えてもらった少女です。(笑)
まあその時の私は、かなり集中して食パンを切っていたんですけどね。
昨日の道スポで稲葉が「(スレッジとハイタッチした時)手が折れるかと思った」
と言ってのを読んでも、スレッジの興奮振りが伝わってきました。
(ハイタッチシーンで鬼の形相スレッジの横でひちょりの笑顔がまた良かった)
ぷっくりホッペの可愛いスレッジですが、熱い闘志のファイターなんですね。
肉離れ、本当に軽いものでありますように。
編集 △ page top
::
私は、「押し出し四球でいいよ、スレッジ」と思ってました(笑) スレッジ、選球眼がいいですからね~
なので、ホームランの時はメチャクチャびっくりですよ。現地で見ていたら、狂喜乱舞でとんでもないことになってただろうなぁ~

ヒーローインタビューのスレッジ、ちょっと照れたような顔をしてたのが、なんか可愛かったですよね(笑)
肉離れに関する続報も入ってきてませんし(かわりに、中田くん骨折の一報が……今まで放置ってどういうことじゃい!)、そんなに深刻なものじゃなかったのかなーと。
なんにせよ、一日も早く回復して、またあの「はにかみ笑顔なヒーローインタビュー」を見たいです。
編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

7月12日vs鷹(13) 上を向いて歩こう
【枕】お題「燃え尽き症候群?」のココロだァ!  結論から先に言わせていただきますけどね、そんなものは存在しませんですよ。ソフバンがた...
2008/07/13 07:37│【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式
| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。