::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2008/09/21 対オリックスバファローズ24回戦
【ファイターズ○10-5●バファローズ (京セラドーム/25,036人)】

22安打で見事勝利したファイターズを見たファイターズファンの感想:




「やれば出来るじゃん!」





ていうか、貯金――いや、違うな、貯安打させてぇぇぇぇぇ~~~~~~~~~~~~!

そういや、携帯公式サイトにアップされていた宮西くんのCM(ファイターズ携帯ヨロシク!みたいなヤツ)を見たんですが、宮西くんが眼鏡男子だった(たぶん。うちの古い携帯だとあまり綺麗に画像が出ないんですが、たぶん眼鏡っ子だった)のに衝撃を受けました……がふっ(吐血) 
め、眼鏡、眼鏡はアカンのよ、重度の眼鏡フェチなのよ、わたくし…………あああああ、宮西くん、ダイスキよぉぉぉぉ~~~~~~~!

(↑とっても気持ち悪くてスミマセン(汗))


って、今日、勝てたからこんな事も気楽に書ける訳ですが、いやー、多田野が3ラン打たれた時はもうダメだと思いましたね。えぇえぇ。
千尋タンもイマイチだったので、3点4点ぐらいなら取れるかな――とは思ってたんですが、まさか10点も取っちゃうとは。なんだよぅ、やれば打てるんじゃないかよぅ~~~!

先発は多田野。って、そうそう、今日、中嶋さんがスタメンだったんですよ! 超ビックリ!
たぶん、ベテラン中嶋さんの力を借りた多田野のリハビリ(?)みたいな感じだったんだと思うんですが、立ち上がりは上手いこと引っ張ってたんじゃないかと思います。
で、問題の3回。ヒットと四球でランナーをため、ローズにタイムリー・後藤に3ランを打たれてしまいます。あうううう。
映像を見てないので詳しくは分からないんですが、球が高かった――のかな? ここ最近、どうも多田野は「球が高い」って言われてますよね。うーん、どうしたらええんかな。5月ぐらいはホントに針の穴を通すようなコントロールだったんですけどねぇ。むぅむぅ。

多田野は3回5失点でマウンドを降ります。その後を引き継いだのが、ロングリリーバーのヤタロー。
前回の登板の時も思ったんですが、ヤタロー、来季先発転向もアリかもしれないですね……ああでも、前もって登板を言われると緊張してダメだって何かで聞いたかな(スクランブル登板だと、余計なことを考える暇がないので好投出来る――と)
序盤で試合が壊れちゃうのって、前もって予測出来ないから、いつだってスクランブル登板みたいな感じになるだろうし、ヤタロー本人も、今の「敗戦処理(言葉は良くないですが、ね)」のポジションを気に入ってるみたいだし、このままがいいのかな。
つーか、先発とか勝ちパターンの中継ぎとか、そういう「陽のあたる」「格好いい」所じゃないポジションなのに、こんなに前向きなコメントしてくれて、なんかそれが凄く素敵だし、選手として格好いいなぁと思いますです。

たまにランナーを出したりしましたが、4~6回と無失点に抑えて、本日の勝利投手となりました。6勝目。なんか、去年の江尻みたいだなぁ(笑)
敗戦処理って、「相手に傾いた天秤を、力ずくでこっちに引き戻さなきゃならない」仕事だから、ある意味勝ちパターン中継ぎよりも大変かもしれないんですよね……いや、頼もしい選手になってくれたなぁと思います。

さて、打撃の方に目を向けますと、先制点はファイターズの方だったんですね。
3回、信二→スレッジ→糸井と連打で1点先制。糸井の打球は、もうちょっとでホームラン――みたいな当たりたったかな? 糸井は、当たる日と当たらない日の差が激しい気がします(汗)
で、すぐに逆転されてしまって、5-1。もうこりゃダメか~と思ったりもしたのですが、千尋タンもイマイチ良くなくて、次の回、ヒットと四球でランナーをため、信二が押しだし四球を選びます。中嶋さんがホームインしたんですけど、随分ノロノロでちょっと可笑しい感じでした。
って、そうそうそうそう、大事なことを書き忘れてました。今日、中嶋さん、2打数2安打ですよ。というか、今季通算が4打数3安打で、

「打率:.750」

な、七割五分って、どんだけ強打者~~~~~!!!

1塁→3塁に激走したり、ベテラン的にはなかなかしんどかったと思うんですが(笑)、でも、アレでチームに明るい兆しが舞い降りてきた感じがします。もー、さすが中嶋さんですよ~、格好良すぎる~

ヤタローが頑張っていた6回、ついに歓喜の瞬間が訪れます。
賢介ヒット→ひちょり死球→稲葉内野安打で、なんとビックリノーアウト満塁。ここで信二がセンター前2点タイムリーヒットを放ち、5-4に。
スレッジ三振のあと、糸井の代打ボッツがレフト方向に引っ張って更に1点追加、5-5に!
ここで止まらなかったのがエライ、稲田三振のあと中嶋さんの代打で途中出場していた小谷野が2点タイムリーを放ち、7-5に。逆転成功です!!

7回からは建山が登板。なんかこう……好調時の久と中身が入れ替わった?みたいな頼もしさで三者三凡(って、考えたら、「久の穴」は建山で埋まってるんですよね……問題はそれ以外の「穴」が埋まってないことか)
8回表、小谷野がソロホームランを打って更に突き放します。8-5。裏の攻撃は、これまた建山がピシャリとしめて9回へ。

稲葉ヒット→信二進塁打→スレッジフライアウト→工藤タイムリー2ベース→稲田タイムリーで更に2点追加。22安打・10得点というとんでもない結果になりました。最後の試合でオリ屈す中継ぎ陣をメタメタに出来たのは良かったかも(もし、CSに出場出来るとしたら)
つーか、湯水のように中継ぎを使うオリックスって、なんか凄いなぁ……

9回裏は、点差がありましたがマイケル降臨。清原を三振に仕留める――という大人げなさを発揮しつつ、いつもの通りの四凡でゲームセット。連敗は4でストップです。はぁ~、良かった~
明日は、ヤフードームで対ホークス戦。先発はダルビッシュ。今季、ヤフードームで勝ててるんで、なんとか勝ちを繋げて欲しいですね~
いい流れで札幌ドームに戻ってきてくれたら――と思います。頑張れ、ダルビッシュ!!



投手:多田野-坂元-建山-MICHEAL / HR:小谷野5号(ソロ・8回)
【勝】 坂元(6勝1敗)

日|001 105 012|10  H22 E0
オ|005 000 000| 5  H 7 E0

【通算成績】 137試合  67勝68敗2分(-1)
○●●○●○●●○●○○●○○○○○●●△●○○●○●○●●●○○○○○●●●●
●○●○○○●○○○○○●●○○○●○●○●○●●○○●○●○●○●○●●○○●
●●○○●△●○●●○●●○●●○○●○○●●●●●●○●○○●○●○○●●●●
○●○●○●○○●○○○●●●●○

※試合数メモ ろ:22 そ:22 ら:23 お:24 せ:22
試合日記_2008  コメント(0)   トラックバック(1)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

9月21日vs牛(24) ブルーウォーター
【枕】お題「頑張れ!オリックスバファローズ!」のココロだァ!  これも毎年一度はやっていこうと思います。旧近鉄ファンだった身としまし...
2008/09/23 00:04│【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式
| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。