::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2008/10/11 クライマックスシリーズ第1ステージ・第1戦
【ファイターズ○4-1●オリックス (京セラドーム/25,532人)】


大阪が車で1時間ぐらいで行けるところにあったら、仕事放り出しても見に行ったのに……空席があるなんてシンジラレナ~イ! ていうか、モッタイナ~イ!!
札ド開催なら、ファンの間で血みどろの争奪戦が怒りそうなCSチケットですけれども、第2ステージもまだ余っているのだとか。
うー、行ける方は是非行ってみてくださいよ~ せっかくのCS、もっともっと盛り上がって欲しいぞ~!!


ってことで、今日も、北海道各地で虹が観測されたそうなんですが、その虹の架け橋を見事ファイターズナインが渡りきってくれました。
ダルは、正直、調子がいい風には見えませんでしたが(特に序盤)、まぁそれでも完投1失点に抑えちゃうところはさすがです。「日本のエース」という名前にも、全然負けてないですよね!

オリは、エース小松を温存しての、ある意味「捨て試合」な第1戦だったんですが……これが、吉と出るか凶と出るか。
前に、西武が涌井を温存してCS敗退した事があったんですが、ハム側としてはその二の舞を踏ませてやりたいというか、まぁ、とにかく明日です。明日。

昨日、写真を掲載したあの虹は――実は、「二重」になっておりました。
さぁ、もう1つの虹の橋も、一気に突っ走って渡っちゃえ! 頑張れ、ファイターズ!!
先発はダル。初回、セーフティを決められ、更にカブレラの打球がワンバウンドしたもののダルを直撃!
「ここでダルビッシュ降板だと日ハムピンチ――」云々言い出すテレビ実況アナに心底ムカツいた心が伝わった訳ではないのですが(あれって、どっち寄りの制作だったんですか? オリ贔屓?)、特に痛がる素振りも見せず、後続を切って初回を無失点に抑えました。
初回、ローズを高速フォークで空振りに仕留めたのが、今日の試合の大きなポイントだったようですね(by白井ブログ)

2回は球が高めにすっぽ抜けたりする事があったりして、これまた心配だったりしたのですが、中盤以降はどんどん調子を上げていって、気づけば14奪三振・プレーオフ新記録を出したりしてて、「うああああ、やっぱさすがダルやなぁ~」みたいな。
つーか、今日、9回の3アウト目を取った球が153キロだったりしたのですけれども、これって、今季最速ですよ――ね? 今年は、球速を抑えてる印象があったゆえに、ちょっと驚きました。
相手が小松を温存してきたが故に、「絶対負けられない試合」だったもんなぁ。気合いも入りまくりだったんでしょう。

全体的に見て、あの「圧倒的な威圧感」ってのはさほど感じられなかったんですが、要所でゲッツーを取ったりするあたり、ホントに力のあるピッチャーだなぁ――と改めて痛感。
お疲れさま、ダル。今日は地元でオイシイものがっつり食べてくださいな。

攻撃の方は――ここんところ絶好調のスレッジが、2回にいきなり先頭打者ホームラーン!!
ランナーがいれば――だったんですけれども、贅沢は言わない、言わない。欲しがりません、勝つまでは。
その後、動揺したオリ先発近藤を攻めて、満塁まで行くんですが――残念ながら、追加点ならず。
そうそう、今日は鶴ちゃんが攻撃の方でも頑張ってたんですけれども、紅白戦でスレッジと共に絶好調だったんですよね。
なので、鶴ちゃんが打席に立った時、心の中で、「ふはははは、お前らが『コイツ、絶対打てねーよ(笑)』と思って見下してる鶴岡は、実はCSに於けるハムの秘密兵器なのだ。その威力をしかと見よ!(見よ! 見よ! 見よ!←エコーつき)」とか思ってたので(←大丈夫か、おい)、鶴ちゃんがしっかり打ってくれてとってもとってもとっても嬉しかったです。てへへ。

中盤は両投手とも点を許さず、静かな展開が続いてたのですが、6回、先頭打者のひちょりが四球を選んでから、稲葉フライアウト→スレッジヒット→信二タイムリー→小谷野タイムリー→糸井四球→鶴ちゃん、あとちょっとでホームラン――な犠牲フライで、一挙に3点を追加します。ダルが投げてる試合での3点は、ホントにデカイ。
「ランナーを貯めてのドッカーン」ってのが考えづらいから、なんかもう4点だけでほぼ絶対の安心感がありますよね。

8回に、カブレラの犠牲フライで1点を取られてしまうのですが、ここもタイムリーやホームランじゃないから、相手に流れが行く事もなく、試合はそのまま9回へ。
それなりの緊張もあったし、相手は協力オリックス打線だし、ダルもかなり疲れてたかと思うんですが、最後、代打濱中を三振に切ってとってゲームセット。
2勝勝ち抜けの第1ステージで、「王手」をかけました。あと1つで、第2ステージや!!

明日は、オリックスエースの小松が投げる――んですが、小松だって、全ての球が「完璧」ではないはず。
「残り2試合で1つ勝てばいい」というよりも、「明日勝って決める」勢いで頑張って欲しいなぁと思いますです。勝利目指して突っ走れ、ファイターズ!!


投手:ダルビッシュ / HR:スレッジ1号(ソロ・2回)
【勝】 ダルビッシュ(CS 1勝0敗)

日|010 003 000|4  H5 E1
オ|000 000 010|1  H9 E0


試合日記_2008  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。