::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::クライマックスシリーズ第2ステージ・第1戦
【ファイターズ●3-10○ライオンズ (大宮/20,500人)】


――ていうか、ベンチの様子がチラリとテレビに映った時、監督の傍にとっても素敵な眼鏡殿方がいらっしゃったのですが、あの方は一体、どういう方なんでしょう……気になるッッ!
色白な感じだったので、たぶん内勤な方(トレーナーさん?)だと思うのですが、眼鏡フェチな自分の好みのツボ直撃な感じでした。うああ、思い出してもニヤニヤしてしまう……今日もかじりつきでテレビを見なければ(←どういう目的だよ!)





てな感じの文章でも書いてなきゃやってられないほどのボロ負けだった訳ですが、いやいや、でも、よく考えてみると、打たれたのはグリン一人だけで中継ぎ陣は頑張ってたし、スレッジは相変わらず好調だし、稲葉も打席に立てるのが分かったし、なんだかんだで二桁安打だし、絶望のどん底――という訳でもないような。
まぁ、結果論ですけれども、「どうしてグリンをあそこまで引っ張っちゃったかなぁ」と。うちで働いてるパートのオバサンたちも、みんな同じ事言ってましたですよ(朝の挨拶代わりに、前日のファイターズ戦の話をする事とか多かったりする(笑))
「ある程度長いイニング投げてもらわなきゃならない」というコメントも見ましたけれども、でもさぁ、1勝のアドバンテージが向こうにある訳だし、「中継ぎ投手温存」とか悠長なことをやってられる余裕は無いと思うんだよなぁ。ヤタローとか多田野とか藤井とか、長いイニング放れるPもベンチ入りしてたじゃないですか。むぅむぅむぅ。
これが4点5点で食い止められてたら、どうなってたか分からない試合だったのかなぁ――と。
先発がグリンなのも、グリンの調子が悪かったのも、まぁ、納得(?)は出来るんですけれども、あれだけボコスカ打たれるまで交代させなかったあたりに、若干の疑問が残る感じでした。


というか、今年は「崖っぷち」になってやっと本領発揮するチームなので(?)、ひょっとしたら初戦を落とすのは予定通りだったのか――――も???(いやいやいやいや)

先発はグリン。かなり気合いが入っていたようですが、それが逆に力みになってしまった――のかな???(汗)
ラジオ解説の新谷さんが「こんなに悪いグリンはあんまり見たこと無いですよ」的なことを仰ってたのですが、特に「ボール」になる球が全然良くなかったようですね。
初回、中島にホームランを打たれたのはまぁ仕方ないとして、2回もランナーを出す苦しい展開、3回には2ランを打たれ、その後もズルズル打たれてしまって気づけば6失点――という厳しい展開(汗)
4回にもタイムリー&3ランを打たれて、計10失点となってしまいました。あううううう~

打つ方は――といえば、西武先発の涌井も決して絶好調という訳ではないようで、何度もランナーを出したりしてたのですが、あと1本が出ないといういつも通り(?)の展開。
5回にスレッジがホームランを打ったのですけれども、焼け石に水状態。とほほほほほほ。

投手の方は、グリン降板の後、5回坂元→6回多田野→7回宮西→8回久というリレーで、こちらは西武打線を無失点に抑えてくれました。特に久が失点しなかったのが嬉しかったかな~
9回、ひちょりが相手エラー→賢介ヒットでランナーを貯めて、4番スレッジ。右中間に2点タイムリーを放ち、なんとか最後に一矢報います。10点の前ではささいな点数ですけれども、まぁ、無いよりはある方がずっとイイって事で。


はー。昨日はラジオ解説が新谷さんで良かったなぁ。これがガンちゃんだったら、グリンへの恨み節満載だったの違いない(汗)
「ダルで2つ勝つでしょ、マサルも絶対勝つでしょ、次のグリンはリベンジで勝つでしょ、そしたらあと1個勝つだけで4つ勝てるじゃん。ハム有利だよ」とか、普通にサラリと言ってくれる新谷さんが大好きです!(笑)
新谷さん大好きだから、またハムのコーチをやってもらいたいんですけれども、そしたら解説が聞けなくなっちゃうし、それも困るなぁ――みたいな(女子野球の監督の方で忙しいかな?)

ふぅ。デーブコーチの喜ぶ顔だけは絶対に見たくない(!)ので、今日はなんとしても勝って欲しいです。「対戦相手をむかつかせる」という点では、もう既に日本一かも、デーブコーチ(笑)


投手:グリン-坂元-多田野-宮西-武田久 / HR:スレッジ1号(ソロ・5回)
【敗】 グリン(CS0勝1敗)

日|000 010 002| 3  H10 E0
西|105 400 00x|10  H13 E1


試合日記_2008  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
::
>デーブコーチの喜ぶ顔だけは絶対に見たくない
です、私も。何よりそれが嫌だから、絶対西武には負けたくないです。
ところで、なんで『デーブ』なんでしょうか?
G・G佐藤は『顔がジジむさいからそういうニックネームがついた』のをそのまま登録名にしたと、何かの記事で読んだ記憶があるんですが、じゃあデーブはおデブさんだから?
編集 △ page top
::
個人的に恨みがある訳じゃあ、もちろん無いんですが、でも、なんかちょっとムカっときますよね、デーブコーチ(笑)
まぁでも、「ムカッ」と来てしまうあたり、デーブコーチの手のひらの上で踊らされてるって事なの……かな??

「デーブ」の由来はよく知らないんですが、たぶん、体型から来てるんじゃないかなーと。
川原泉の「メイプル戦記」という漫画にも、ちょこっと出てきますよね~
編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。