::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::ファンフェスティバル2008 その4(待ってました、卓球大会)
イベントレポつづき。

毎年おなじみファイターズガールのダンスを経て(今年はちょっとお見せ出来ない系の仮装だったので(汗)、写真は割愛)、プログラムも後半戦。ファンなら一度は見てみたかった、「卓球王座決定戦」の開始です。
入場時に「誰が卓球王になるでしょーかクイズ」みたいなヤツの応募用紙をもらっていて、ファンフェス開始前に投票しに行ったんですが、投票所は人人人人、人また人……(汗)
「誰に投票しよーかな~」と選べる状況では全然なくて、とりあえず人をかきわけていった先、目の前に現れた「藤井」「ひちょり」「マサルさん」の箱のうち、一番投票数が少なさそうな(失礼な!!(笑))マサルさんに一票を投じました。藤井は女性人気がすごそうだし、ちびっこはひちょりに入れるだろうし――と思いまして。
なので、後で「マサルさんが本命」だと知ってビックリ。「頑張ってくれ、マサルさん!」と思ったんですが、我らがマサルさんは、残念ながら予選敗退。
ファンフェス途中で1回、予選会場(ブルペン)から中継が入ったんですけれども、負けて大ショックのマサルさんは、言葉も出ないほどでした(これが、後の伏線となるとはこの時点で誰も思っていなかったでしょう)

で、参加16選手から勝ち抜いたひちょり・稲田・鶴岡・陽の4選手によって、卓球王座が争われることになりました。

P1260024.jpg

ちなみに、会場設置はこんな感じで。

P1260010.jpg

この広い札幌ドームで、4万人以上が小さな卓球台と更に小さなピンポン球に注目する――ってのは、ちょっと可笑しいかも(笑)

P1260036.jpg

予選で稲田と戦った中田くんが、急遽解説をすることに。
諸先輩に向かっての「いい試合してくれると思いますよ」と、若干上から目線な発言が、特に嫌味な感じではなくて普通に面白かったです。
納会ゴルフ大会では、「このホール、石川遼だったら3打入れるんですか? じゃ、俺もそれくらいで」と発言してたし、こういう性格の子なんでしょうね。今更性格をかえるのも出来ないだろうし、中田くんはこういうキャラで行った方がいいんじゃないかと(笑)


第1試合は、陽くん対稲田。

P1260054.jpg

序盤は陽くんが優勢だったのですが、後半、稲田が粘りを見せ、焦った陽くんがミスを連発、最終的に稲田勝利――となりました。

第2試合は、鶴ちゃん対ひちょり。

P1260070.jpg

「マイケルが去った後の卓球王は俺」と、何故か自信満々の鶴ちゃんでしたが、これまたミスが出たりひちょりが意外にいいショットを放ったり――で負け。ちょー悔しそうな顔で敗退――となってしまいました。つうか、どうしてあんなに自信満々だったんだ、鶴ちゃん(笑)

決勝戦は、ひちょり対稲田。

P1260090.jpg

もちろん、愛ちゃんみたいなレベルではないですが、素人卓球の域は軽く越えていたんじゃないかと。
序盤はひちょり優勢ながらも、稲田がやはり粘りを見せ同点に追いつき、ついに追い越して勝利!

P1260101.jpg

初代卓球王は、稲田直人――に決定致しました。
もし来年も卓球をやるならば、各所同時進行でいいから、是非グラウンドで予選大会をして欲しいなぁ~(4選手だけじゃなくて、他の選手の卓球姿も見たいですよ!)


そんでもって、今回、一番面白かった「ドリチャリレース」を残して、今回は終了~
また次回。おつき合い願えると嬉しいです。

イベントレポ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。