::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2009/03/14 対中日ドラゴンズ(オープン戦)/写真は後ほど版
【ファイターズ○8-4●ドラゴンズ (札幌ドーム/16411人 )】

昨日の時点の予報だと、今日は大雨&凄い風――で、ずぶ濡れ覚悟で札ドに向かったんですが、ファンの熱気が雨雲を吹き飛ばしたのか、行きも帰りも雨に当たることはなく、帰りなんかうっすらとお日さまが見えたりしておりました。いやー、超ラッキー☆

んでもって、試合もとってもとっても楽しかったです。
札幌ドームに通い始めて今年で5年目――かな?(って、1年目は1試合しか行ってないですけど(笑)) 5年目にしてはじめて見ましたよ、「天井にぶつかったヒット」!
「天井に当たりそう」な打球は何度か見たことあるんですが、ホントに当たったのを見たのは初めてです。しかもそれがヒットだなんて! うひょ~

んでもってんでもって、今日はもう「大野くん」デーでしょう!
先制したものの逆転され、なんとなく消沈ムードだったんですが、大野くんのあの一打で「流れ」が一気にファイターズの側にやってきました。目に見えないけど、スポーツには確かにありますよね、「流れ」ってヤツが。
いやー、今年一番興奮しました。走ってもいないんですけど、打球がスタンドインしてからしばらく心臓がドキドキしっぱなし(笑)
札幌ドーム初お目見え&初ヒットがレフスタへのホームランだなんて――「持って」ますね、大野くんは! ホームランボールが、大野くんの手許に戻ってくればいいなぁ――なんて思います。やっぱ、最初のボールは欲しいですもんねぇ~

吉川くんの予想以上の好投も見られたし(ゴメン、もっと四球出すと思ってた)、ヒメちゃんの守備も見られたし、江尻の151キロも見られたし、「指名打者鶴岡」のコールの時のスタンドの「ザワザワ」も可笑しかったし(笑。そんでもってホームでアウトになっちゃうのが鶴ちゃんのイイ所)、もー、すっごい楽しかったです。
これで、多田野と山本マサさんが見られたら言うことなかったんですけどね……まぁ、しょーがないか。そうそう、帰りについつい「ドアラ&シャオパオのウチワ」を買ってしまいました。だって、可愛かったんだも~ん(浮気じゃないのよ、B・B~)

先発は吉川くん。久々に見た吉川くんは、やっぱり雰囲気が大人っぽくなっておりました。
十代後半から二十代前半にかけてって、男の子が一番魅力的な成長をする年代ですよね~(ダルもそうだった)
吉川くんといえば「四球、四球、また四球」のイメージがあったんですが、3回まではストライク先行気味の投球で、なんか、安心して見ていられる感じでした。
4回、ちょっとバタバタしちゃって暴投とソロホームランで2点を失ってしまうんですが(後ろの鶴ちゃんファンらしきオバサンが「大野だからダメなんだ、鶴ちゃん出せ~、鶴ちゃん~」とうるさかった(汗))、連打で打ちこまれた訳でなし、ズルズルと崩れてリリーフをあおぐハメになった訳でもなし、次の回にはしっかり立て直してきていた事もあって、全体的に見てさほど悪い印象は受けませんでした。
今日は5回だけですが、5回2失点なら、まぁまぁの出来なんじゃないでしょうか? この投球を安定して継続出来るようになったら、1軍ローテも全然OKって感じじゃないかなーと思うんですが。
わたし的には、予想以上の好投だと思いました。風貌だけじゃなくて、投球もちょっぴり大人になったねぇ、吉川くん(しみじみ)

吉川くんのあとを次いだのがヤタロー。「ヤタローは安心して見ていられるだろう」と思ってたら、あれ、あれれれれ?――みたいな。昨日、ススキノでハッスルしすぎたんだな――と思うことにします(笑)
つーか、去年の春先はもっとメタメタだったような記憶が……(スロースターターなのかな?)
ヤタローのあとは江尻。色々あった彼ですが、今日もマウンドに立ってくれてありがとう――って感じです。ラストの球が凄くて反射的にスピード表示の所を見たら、「151キロ」の表示が……す、すげー!
ファイターズで150キロ越えの球を投げれるのは、ダルと江尻ぐらいですよねぇ? 「手術の時、すんごい筋肉を移植したのでは」なんて友達と喋ったりしたのですけれども、「江尻復活」となれば、とても頼もしいなぁ――と思いました。頑張れ、江尻!!

江尻の後は、先日、格好悪い投球をしてしまった星野。鎌ヶ谷へ行くか1軍へ残るかの最終テストなんだろうな――と思いながら見ていたんですが、最初のバッターでボール先行になってしまって、「おいおい」みたいな。
でも、そこから持ち直して結果的に打者3人で終われたのは、とっても良かったんじゃないかと思います。次にあるチャンスで今日みたいなスムーズな投球が出来るかどうか――ですね。うんうん。
ラストは宮西くん。ヒットを1本打たれはしますが、4凡で終わらせるあたり、好調ぶりが見てとれるなぁ――と。試合の序盤は吉川くんユニが欲しくなり、スタンドで多田野ユニを着ているお姉さんを見つけて「私も欲しい」状態になり、ラストは「宮西くんユニが欲しい!」と駄々をこねて友達を呆れさせてしまいました(笑) ピッチャーはみんな格好いいわ~


打つ方は――スレッジと小谷野の調子がよくて、なんか嬉しくなっちゃいました。
スレッジの「天井ヒット」は凄かった(笑) スレッジは札幌ドームの女神に愛されてますね~
特筆すべきは、やはり大野くんの逆転ホームランかと。ボッツが四球で出て、バッター大野くん、次のバッターが金子――だったので、バントはないだろうと思っていたのですが、打席の大野くんはバットを寝かせていて、「ボッツ、走れるのか?」と心配に(というか、「金子が打てるのか」という心配も(笑))
バントが上手くいかず、レフスタからは「しっかり送れ、大野」のコールが。「いやいや、ルーキーにプレッシャーかけるのはどうよ。でも、これがプレッシャーになってるようじゃ、1軍ではやっていけないしなぁ」と思っていたら、2ストライクの後、構えが普通の構えに。
「あら、ヒッティングで行くんだ」と思っていた時、凄い勢いで舞い上がったボールがレフトポールの方へ向かってグングンと伸びていって、「切れるな、切れるな、入れ~~~~!」と絶叫するファンの声を乗せてそのままレフトスタンドに吸い込まれていきました。いやー、もう、超大興奮!!! まさかバント失敗未遂が逆転ホームランになるとは! しかも、ボッツと比べたらすっごく小柄に見える大野くんが!!!
まわりもすごい盛り上がりでした。その空気が流れをグイと引き寄せて、そこから打って打って打ちまくれ~状態。一気に6得点(!)ですよ、奥さん。いやー、最後の方はバンザイするのも疲れてる感じでした(笑)

8回には、小谷野の猛打賞となるヒットを足がかりに、「指名打者」鶴ちゃん→信二タイムリーで更に1点追加。鶴ちゃんが本塁憤死したのは見事な「オチ」って感じで、アウトになっても楽しかったです。

で、試合の方は結局、8-4でファイターズの勝ち。お立ち台は、やっぱりこの人、大野くんでした。
つーか、今日の試合は勝たなきゃダメでしょう。「お兄さん」たちの面子にかけても。うんうん。
初お立ち台ではありましたが、大野くんはしっかりした受け答えで、とっても落ち着いてるなーって雰囲気でした。やはりキャッチャーだからですかねぇ?


そうそう、今日は試合前に新入団選手のお披露目があって、ドラフトの子たち&二岡・林、それから小林コーチと三木コーチが出席しておりました。杉谷くんは、やっぱり「やりすぎや」状態でしたけれども(笑)
二岡も代打で出場して、結果は出ませんでしたが、応援が凄かったですね~
焦らず急がす、ゆっくりと体調を整えて、ハム打線が「これ以上はダメです、もう打てません」ってピンチの時に、ヒーローの如く現れてくれたら格好いいなぁ――と思ったりしました。


オープン戦生観戦は今日で終了です。次は開幕試合……あああああああああ、早く開幕して欲しい~~~~!!!


中|000 202 000|4  H 6 E0
日|010 060 01x|8  H11 E0

【勝】 吉川
投手-捕手:吉川-坂元-江尻-星野-宮西/大野-高橋
HR:大野(2ラン・5回)

試合日記_2009  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。