::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::「全校応援」は一度だけ行ったことがある。
今をさかのぼること十数年前(11年と19年じゃ大きな違いがありますが(笑))
私が通っていた高校は、どっちかというと文系な高校で、スポーツもさほど強くはなかったのですが、ある年、地区予選を突破して南北海道大会に出場した事があったのですよ。
強豪校なら、ある程度勝ち進んでから全校応援――って感じなんだと思うのですが、うちの高校は「出られただけでも奇跡」みたいな感じで(笑)、なので、もちろん1回戦から全校応援でした。場所は円山。札ドが出来るまでは、札幌に於ける野球の聖地だった所です。

その頃は、野球にさほど興味はなくて、応援するよりもただただ友達とお喋りをしていたような記憶があります。現地解散だったので、友達と「帰りにどこに買い物に行くか」とか、そんな事の方が重要だったような。なので、人生、唯一の「全校応援」は、残念ながら私の中では強い思い出にはなっていません……野球にどっぷりハマっている今では、「『全校応援』をエンジョイしないなんて、なんて勿体ないことを!!」と悲鳴を上げそうな感じなんですが(笑)

春の甲子園、全部の試合をチェックしている訳ではないのですが、応援が一番「全校応援」な感じがしているのが、21世紀枠で出場の利府高校。
「りふ」という響きが可愛らしくて、1回戦からちょっと気にしてはいたのですが、まさかここまで残るとは……こうなったら、もっともっと勝って欲しい感じです(って、ピッチャーくん、今日の試合で捻挫しちゃったようなのですが……大丈夫かなぁ?)
吹奏楽も決して「上手い」って感じではないし、突出したオリジナリティがある訳でもないのですけれども、とにかく「必死」「一途」なのが伝わってきて、すごく「青春」な感じがします。今、甲子園で応援をしている彼ら・彼女たちは本当に幸せだなぁ――と。いや、中には野球に興味がなくて「こんなのしたくねぇよ」って思ってる子もいると思うのですけれども(笑)
でも、後になったら、絶対思い出になると思うし、だから、これからもあの真っ直ぐな応援を続けて欲しいなぁと思いますです。



んでもって、花巻東の菊池くんは素晴らしいですね。左腕好きにはたまらん……うおおおおお、ドラフト、ドラフトで指名してくれ~~~!! 競合になってもいいから、突入や!!!
試合感想_ハム以外  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。