::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2009/04/04 対楽天ゴールデンイーグルス2回戦
【ファイターズ●5-6○イーグルス (札幌ドーム/36316人)】

試合後、家に帰ってまずすることは、小田さんユニとダルタオルマフラーを洗濯ネットに入れて、洗濯機に投入すること。もちろん、優しく手洗いモードです(笑。私が持っている服の中で、一番丁寧な扱いを受けている)
せっけんのイイ香りをかぎなたらそれを干していると、「ああ、野球シーズンが始まったんだなぁ」――と。
試合は負けてしまいましたが(あのスレッジのファール、絶対、入ったと思ったのに……)、まぁでも、こうやって観戦に行けるってことは本当に幸せだなぁと。その幸せを噛みしめながら、明日も懲りずに(?)応援しようと思いますです。明日は仕事があるので、ラジオ観戦になる予定ですが。



(つーか、4月終了時点で「今年の楽しみはダルの個人記録と若手の成長です」状態になったりしませんように……なむなむ)

それにしても、ノムさんは投手を湯水のように使いますよね……悪名高き(?)「15秒ルール」が導入された理由が「試合時間を短縮して、エコに貢献」とかだったように記憶してるんですが、投手と捕手が頑張って「数秒」を節約しても、イニング中に投手交代をしたら、そんなの一瞬でチャラになっちゃうよな――と今日の試合を見て思いました。本気で時間短縮したかったら、投手の交代回数制限を設けた方がいいのかも(まぁ、あり得ないですけどね)


さて、先発は藤井。
「今年は去年と違う藤井が見られるに違いない!」と楽しみにしてたのですけれども……orzorz
今日の投球はさすがに擁護出来ないッス。「藤井はよく投げた」とは言えません……現地で感じたあのスタンド全体の落胆と苛立ち。昨日も初回に点を取られて負けただけに、初回の2失点は点数以上の重さを感じました……
冗談ではありますが、初回、点を取られた時点で「ヤタローにスイッチだ!」とか、5点取られた時点で「今日はもう帰っちゃおうか」とか言ってしまいましたですよ(まさか、ホントにヤタローが出てくるとは思ってませんでしたけれども)

去年の悪かった時の投球を、まさにそのまま再現したような「2アウト取ってからの四球→ランナーため長打→失点」
二岡やヒメネスが結果を出せないってのは、「まだパリーグ野球に慣れてないんだな」と納得出来ますが、藤井は去年1年やってきている訳ですからね。もちろん、その日の体調等の影響もあるでしょうが、でも、シーズン中のどの試合よりも「調整」出来るであろう初っぱなの試合がこれでは――ため息の数が多くなってしまいます。
ホントは、こんな事書きたくないですよ。ハムの選手はみんな頑張って欲しいし。でも、今日の投球は本当に残念でした。2アウト取ってから連続四球って、本人も辛いかもしれないですが、見てる方も辛いっすよ。
ガッカリするのは、それだけ「期待」しているから――ということで。藤井は、次の投球が勝負でしょうね。
次も同じような投球をしちゃったら、ちょっと――色々ヤバイかも。そうならないことを心から祈っております。

序盤で5点を失ってしまって、「どうやって6点取るよ。ハム打線が6点取れると思う?」と緊張の糸が切れた感じになってしまったんですが、3回裏、金子がチーム初本塁打となるソロホームランを放ってビックリ。「嬉しい」ってより、ホントにビックリしました。打球が「フェン直ぐらいかなー」って感じの低さだったので。まさに「ライナー」っていう軌道でした。
これで息を吹き返した感じで、そこから賢介→稲葉→スレッジ→信二と繋いで、計3得点。諦めかけていた試合がまだまだ分からなくなります。

んでもって、4回には、ヒメちゃんが公式戦初ホームラン!! 打った瞬間「行ったー!!」って分かるぐらいのドデカイ当たりでした。これまでのハムに欠けていたものですね(……って、ヒメちゃんも、もうちょっとバットに当たるようになるといいんですけれども。あと、守備ね。ポロっとしたりして「お、恐ろしい~」と何度呟いた事か)

4回から、投手の方はヤタローにスイッチ。5回にセギにソロホームランを打たれるんですが、外野フェンスの「へり」に当たって、そのままスタンドインしてしまった――って感じでした。札ドのフェンスがあと3センチ高かったら、グラウンドに跳ね返っていたのになぁ~
まぁでも、ソロホームランは個人的にはそんなに気にならないです。そこから崩れたりもしなかったし。

6回裏、2アウトから金子が2ベース→賢介、ぽとりと落ちる気の抜けたタイムリーで1点を返し、ついに1点差に。
7回表のマウンドには、久々の1軍公式戦の須永が……良かった、「代走」が最後の思い出になったりしなくて(涙)
「気の弱い我が子の発表会」を見守る母親のような心境でした(笑) 牽制悪送球の場面は、「そこまでランナーを気にしなくていいのに」とスタンドで歯がみ。ああでも、須永も頑張りましたよ。ちょっとずつちょっとずつ自信を積み上げていって欲しいです。ホントに。

須永が2アウトを取って、そこから公式戦初マウンドの谷元へ。吉井コーチと並ぶと「始球式に呼ばれた中学生」みたいな構図になって、すごく微笑ましかったです。
最初の投球がストライクで、それがとても嬉しかったなぁ。さすがに緊張もあったのか、ノリさんに四球を与えてしまうんですが後続を断って、「ひとつハードルをクリアした」って感じでした。
8回も谷元が投げて三者凡退。うーん、いいスタートを切ることが出来ましたね! 榊原と共に今年の投手の「嵐の目」になって欲しいなぁと願う次第です。

9回のマウンドには菊地が。割と落ち着いて投げれてたんじゃないでしょーか。そんでもって、すんなり行くのかと思ったら、2アウトを取った時点で宮西くんにスイッチ。「そういう使い方なのか? 今年は」といささか首を傾げたりしましたが、宮西くんの投球自体は余裕すら感じられるほどでした。あの投げっぷりの良さはやっぱり惚れるわ~

で、投手がなんとか踏ん張っている間に、せめて同点にして欲しい――と願ったんですが、1点の壁はとてもとても厚いものでした(涙)
9回裏、2アウトランナー1塁で打席にはスレッジ。高く上がった打球が3塁側に飛んできて、「これは、これは、サヨナラホームランか!!!」とバンザイしかけたんですが――残念ながらファールとのこと。つーか、レフトスタンドに突き刺さったように見えたのになぁ。ていうか、もう、実質ホームランでいいじゃないっすか~(涙←おい)
「こういう大ファールの後は凡打なんだよ」と思っていたら、案の定。なんとも驚きの開幕2連敗となってしまいました。


ました――が、藤井以外の投手は充分合格点の出来だったし、打線も、全く打ててない訳じゃないし、希望がない訳ではないよな……と。
スウィーニー、勝ったらきっと吉井コーチが好きなだけカニを食べさせてくれると思うので、なんとか連敗を食い止めて!!!!



楽|203 010 000|6  H 7 E1
日|003 101 000|5  H12 E1

【敗】 藤井(0勝1敗)

投手:藤井-坂元-須永-谷元-菊地-宮西/高橋
HR:金子1号(ソロ・3回)、ヒメネス1号(ソロ・4回)

【通算成績】 2試合  0勝2敗(-2)
●●



※試合数メモ 鷲-2、鷹-0、鴎-0、猫-0、檻-0


つーか、2試合目で3万6千人って、今年の観客動員大丈夫だろうか……やっぱダルで落としたのが影響してるのかなぁ(汗)

試合日記_2009  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
::
藤井は主審とあってない感じがしましたよね。
悪い時の藤井が出てしまった気がします。
でも谷本・須永はちょっと顔がほころんでしまいましたよ。
谷本・久のちびっ子リレーが見てみたい気がします。

今年もおじゃましますのでよろしくお願いします。


僕の妄想の中ではあれはホームランでした。
編集 △ page top
::
>コンサどん様

こちらこそヨロシクお願いします。

外野近くの内野席から見てたので、審判との相性までは分かりませんでした……
2アウト後の連続四球には、スタンド全体が「また今年もこの展開かよ!」と落胆する空気が……少数ですが、野次のようなものも聞こえてきて悲しくなってしまいました。

谷元は出てきた時からワクワク感満載でした。アウトを取ってベンチに戻る時の声援もかなり大きかったように感じます。
ラストのスレッジの大ファールは、ほんの数秒の間「サヨナラ勝ち」を味わわせてくれました。「実質ホームランでいいじゃないか」と叫びたくなりました(笑)
編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。