::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2009/04/08 対千葉ロッテマリーンズ2回戦
【ファイターズ○8-7●マリーンズ (東京ドーム/ 18,853人)】

建山が打たれて同点に追いつかれた時は、「あ-、今日のブログの『つかみ』は、

「ノーアウト満塁で須永を出すなんて、監督は鬼か!」

だなぁ~」と思ったりしてたのですが、終わってみれば、稲葉3打席連続ホームラン。つーか、小谷野も2本ホームラン。そして、ピッチャー陣・7失点。

2試合目、得点-5 & 失点-6
3試合目、得点-6 & 失点-9
4試合目、得点-9 & 失点-1
5試合目、得点-8 & 失点-7

こ、これは……もしかして、


俺たちの ビッグバン打線&ビッグバン投手陣 復活??


(いや、ビッグバン投手陣は復活しないで~(←9回裏に3点差4点差あっても、気づいたら負けてたあの頃に戻りたくはないぞ~)
先発は、プロ初先発の榊原。
オープン戦でなかなかイイ投球をしていただけに、期待はマックスまで高まります。うおおおお!(←興奮しすぎ)
一まわり目は抑えるんですが、打順2巡目、2アウトからヒットと四球でピンチを招いてしまいます。そこでタイムリーを打たれ1点を失い、更に満塁にして里崎――と絶体絶命の状況になってしまうんですが、中途半端に当たった打球がピッチャーゴロになり、なんとか大惨事は避けることが出来ました。
「よし、これでリズムに乗ってくれれば」と思ったのですが、次の回も連打を食らって1点を失い、結局、4回途中3失点・満塁の状態にしたままでマウンドを降りることになってしまいました。

本人的には悔しかったでしょうね……先制点ももらっていたし、最低5回は投げきりたかったはず。
ただ、投球自体は結果ほど悪くはなかったようなので(ラジオ解説の栗山さんが誉めてた)、次の投球に期待が持てる感じです。というか、これをバネに頑張って欲しい~

で。
一般的に今日の試合の見所は「稲葉の3打席連続ホームラン」なんだと思うんですが、個人的には、この場面を挙げたいです……ノーアウト満塁でマウンドに上がった須永!
つうか、むしろ「ノーアウト満塁」の場面を作って降板する方が須永のイメージなんですけど(須永ごめん!(笑))、ほんっと、この場面が今日の試合で一番ドキドキしました。
「ここで打たれたら、絶対、ズルズルいっちゃう~」と思ったりしたのですが、結果はショートゴロ。それを賢介が賢くさばいて(2塁アウトの後、1塁ではなく3塁ランナーをアウトにしにいった)、1点を失うものの一気にアウト2個を得ます。そんでもって、次の打者もショートゴロに打ち取って、見事、最少失点でこのピンチを抑えてくれました。
す、須永! やったね、須永! ほら、やれば出来るじゃないか、須永!!!!!
たとえ、今日の試合、負けていても、個人的にはこの1点で満足してたかもしれません(笑)

須永の後、誰が出てくるのかなぁ――と思ったら、ヤタロー登場でした。
「つーか、ヤタロー、先日の疲れは取れたのかなぁ?」なんて思っていたら、あれ、あれれれれ? 大松にホームランを打たれて同点になっちゃった? てか、調子よくない?
うーむむむ。まぁ、先日の疲れはさほど関係ない――と思いたいのですが、そういえば、去年もヤタローは春先に結構打たれてました。うん。思い出した。防御率がとんでもない事になっていたような記憶が。
「スクランブルor負け試合のロングリリーフ」が、本来の(?)役目ですもんね。今日の結果はあまり気にせず、次の登板に期待します!

6回は宮西くんが4凡。7回も、初っぱなは宮西くんだったんですが、ランナーを一人出したところで、建山にスイッチ。今年は、ノムさんみたいな細かい継投で行くカンジなのかなぁ?
「よしよし、建山、ベテランの味を見せてくれよ~」と思ってたら……あれ? あれれれれ? サブローにホームランを打たれて同点に??? あれ?
ま、まぁ、ベテランでもこういう事はままあることで。8回の二者連続三振なんかは、「さすが!」って感じでした。

そして――9回。1点差で迎えたマウンドには、久の姿が。今日はキャッチャー交代は無かったんですね。
ロッテ打線相手だし、場所は東京ドームだし、ちょっとドキドキしたりしたのですけれども、今日の久はしっかり三者凡退。今季初セーブを挙げました。これで落ち着いてくれるといいなぁ!


ってことで、投手陣はこんな感じだったんですが、7点取られた投手陣を助けたのが8点取った野手陣で。というか、稲葉と小谷野で(笑)
去年終盤にタイムスリップして、「一試合で、稲葉と小谷野が3本+2本=5本のホームラン打つよ!」と言っても、誰も信じてくれないでしょう(笑) むしろ、1試合5本打たれる方でした。えぇえぇ。
というか、今日、全部で22本のホームランが出た――ですって? 阪神の金本アニキも、1試合3本塁打だそうですし。いや、これ、マジで、飛ぶボー(以下略)

ってことで、ホームランの軌跡。
初回、ランナー二人出たところで、小谷野がいきなり3ラン! というか、札幌ドームなら普通にレフトフライっぽい当たりだったんですが、本当に東京ドームという球場は恐ろしいところでございます。
3回には稲葉が2ランホームラン。ちょうどライトスタンドの稲葉の横断幕あたりに飛んでいきましたね~
同点にされた5回、稲葉&小谷野がまたまたホームラン! どちらもソロでした。というか、間に入ったスレッジも打ってくれてたら、「ビンゴ~!」って感じだったんですけれども(笑)

7回。またまた同点にされてしまって、「おおおおお、これはヤバイ、ヤバイ感じ~」と焦っていたら、この人がまたまたまたまたまたまたやってくれました! 稲葉、今度はレフトスタンドへ3打席連続ホームラン! というか、あの「ひょい」って感じで当てた打球が入るってどんだけ飛ぶんだ、今年のボール~~!

ってことで、NHKのスポーツニュースでは、ホームランの欄に

「小谷野1・2 稲葉1・2・3」

と、号令のような数字が並べられておりました。というか、これまた去年にタイムスリップして主張しても、誰も信じてくれないと思うのですが、4月8日現在、

チーム打率・チーム本塁打数・チーム総得点数・ついでに盗塁数

が、リーグトップなのです。というか、チーム打率は12球団トップ……ぐはっっ!

チーム打線が本当にいてまえ化したのか、それともただ単に春の珍事なのか――ああでも、夢なら覚めないで~(って、防御率は早く夢から覚めて欲しいですけれども)



ロ|001 220 200|7  H14 E0
日|302 020 10x|8  H 9 E0

【勝】 建山(1勝0敗) / 【S】 武田久(0勝0敗1S)

投手:榊原-須永-坂元-宮西-建山-武田久/鶴岡
HR:二小谷野1号(3ラン・1回)、稲葉1号(2ラン・3回)、稲葉2号(ソロ・5回)、小谷野2号(ソロ・5回)、稲葉3号(ソロ・7回)

【通算成績】 5試合  2勝3敗(-1)
●●●○○


チーム総得点 29  総失点 26  本塁打数 9  盗塁数 5  
チーム打率 .313  防御率 4.596


※試合数メモ 鷲-3、鷹-0、鴎-2、猫-0、檻-0

試合日記_2009  コメント(0)   トラックバック(1)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

【ドームラン合戦/ロッテ2回戦】いくつもの朝をむかえ、いつかきっと掴んでみせる
【枕】「開幕第3戦、ルーキー捕手・大野奨太の起用を考える」のココロだァ!  開幕3戦目、それも1点差リードの試合終盤の大事な場面での...
2009/04/09 06:03│世界日本ハムの哀れblog@福エイトは非公認で非常識
| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。