::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2009/04/21 対福岡ソフトバンクホークス4回戦
【ファイターズ●5-10○ホークス (東京ドーム/17,486人)】

まぁ、連勝なんてそう簡単に続きませんし(十何連勝する方が不思議)、自分の中の冷静な部分が「そろそろ負けるだろうな」とは思ってたんですが、それにしても、また先発が打ち込まれて――ですか。どうしちゃったのさ、藤井もスウィーニーも多田野も! 北海道神宮にお祓いしに行った方がいいのでは……(どこかで炎上の神様を拾ってきてしまったとか)

東京ドームではなく、札ドかヤフードームだったら1本目と3本目のホームランは外野フライ、あるいはフェン直ぐらいで終わってたような気がしますが(東京ドームって本当に恐ろしい球場だわ……)、まぁ今日も二桁安打でしたし、さほど心配はしてません。土俵際ギリギリの試合、「あと1本」出ていればファイターズの押し出しで勝利――みたいな印象の試合だったので。手も足も出ない試合の方が嫌だわ(汗)

谷元選手は、見事に「プロの洗礼」を浴びましたね。4月のこの時期にそれを浴びることが出来たってのは、むしろ誇っていいことなんじゃないかと。
テレビで見てたら、さすがにちょっと落ち込んだような顔をしてた気がするんですが、今日のこの「痛み」を忘れずに、これからも突っ走っていって欲しいと思いますです。
というか、谷元選手が眼鏡をかけてたら、すごい好みの顔な気がする……(そこにたどり着くのかよ! 宮西くんも眼鏡っ子ですよね。わたくし、重度の眼鏡フェチなので私服姿がたまらんです)


(というか、ハムベンチに、すごくすごくすごく素敵な眼鏡男性が座ってらっしゃいますよね……スコアラーさんなのかトレーナーさんなのか、よく分からないですが(って、トレーナーさんは裏で仕事してるかな?) 中継画面に映るたびにドキドキしてます。あの姿形、あの雰囲気、あの眼鏡――理想すぎる! 名前も存じませんが、大ファンです、ダイスキです!!←こんなとこで告白してどうする(爆))



(ていうか、ミーハーな文章でスミマセン……(汗) でも、一目惚れしたぐらいにドキってするの、姿を見るたび!)


(いやいや、本当にスミマセン……(汗)(汗)↑) 
先発は多田野。
解説の盛田さんの話を聞いていると、ストレートのキレは悪くはなかった――むしろイイくらいだったとのこと。ただ、逆にストレートが「良すぎて」、それにばかり頼った単調な投球になってしまったのが打たれた原因ではないか――ってな感じのことを仰ってました。
先発投手ではよくある話ですよね。調子が悪い方が慎重になって、相手に点を取られない投球が出来る――と。
ボークを取られまいとして、いつもは胸のあたりで静止しているグラブを今日はお腹の当たりにくっつけてたんですけれども、それでリズムがちょいと狂った――とかいうことはないのかしら? つーか、多田野ファンからすると、「審判たちめ、なんだかよく分からないままボークをとりまくりやがって、これで多田野の長所が潰されたりしたらどうするんだ、お前らはピッチャーを潰すために存在してるのか!」と噛みつきたいところなんですが、そこはまぁ、グッと我慢我慢。
先発3枚が大量失点を繰り返す――という事態が続いていて、さすがに3枚いっぺんに2軍オチさせる訳にもいかず、おそらくは次も多田野の登板があると思うんですが、調子が良くてもストレートに威力があって使いたいと思っても、去年みたいなひょいとかわすピッチングをしてみてはどうかと提案したい感じです。いやまぁ、素人の戯れ言ではあるのですが。どうするのが一番いいのかなぁ~(誰か教えてくれ!)

そういや、今日、松中にイーファス投げてましたね。今季初イーファス。
ちょっと本気で打とうとしていた松中がちょいとお茶目な感じでした。というか、デッドボールは大丈夫だったのかな……かなり痛がってましたから。打撲程度で終わればいいのですが……(敵味方関係なく怪我は嫌やね)

多田野が4回7失点で降板して、5回のマウンドに須永が現れた時は、「須永初勝利キター!」とひそかに喜んだりしたのですが、そうは上手くいきませんでしたね……神様、須永にどんだけ高いハードルを用意してるんですか!!
でも、「乗り越えられるからこそハードルを用意してる」のだと、ガンちゃんが言っていたので(確か)、須永にはなんとかこの試練を乗り越えてプロ初勝利をつかみ取って欲しいと思います。とりあえず、ここはドームじゃなくて沖縄の球場で、球場にお客さんはまばらにしかいない――と自己催眠をかけるところからはじめてみよう!(←違う違う)

5回をなんとか無失点に抑えた後、6回、松中に死球を与えてしまったところで、須永からヤタローにスイッチ。これはやはり性格的なものも考えての交代――だったんでしょうねぇ。須永は優しすぎるようなイメージなんだよなぁ。
ただ、ベンチでの須永の表情がそこまで落ち込んでる風でもなかったので、きっと大丈夫だろう――と思います。頑張れ、須永! わたしは信じてるよ、いつか掴める須永の白星を!(勝ち投手になったら、ちょびっと泣いちゃうかもな~)

6回3アウト~7回はヤタロー、8回は宮西くんが投げました。「絶好調」という感じではなかったかもしれませんが、まぁ無難に抑えてくれたかと。
そんでもって、9回のマウンドには谷元が。ヒットと四球でランナーをため、ワイルドピッチでランナーを進め、最後はドッカン3ラン!――と、展開的には最悪でしたけれども(涙)、まぁこれも試練です。最初から全て上手くいったら、誰も苦労はしない訳で(あのダルビッシュだって最初はあまり勝てなかった)
補助無しの自転車は何度も転んで乗るのが上手くなるように、ピッチャーも打たれて強くなっていくのでしょう。立ち向かっていく投球が出来る谷元なら、きっと強くなれる――と思いますです。まぁ、強くならなきゃ1軍には残れないシビアな世界ですけれどもね。

打つ方は――序盤からチャンスってちょこちょこ点を取ったものの、ビッグイニングに繋がる「あと1本」が出なかった感じ。
特に1回2回は、あと1本出ていれば、ハム的にもっと簡単に試合が進んでいったと予想出来たが故に、ちょっと勿体ない感じでした。6回だか7回の左打者連続三者凡退も、「今のファイターズなら3点ぐらいなら逆転出来るさ」の流れを止めちゃいましたね。
とはいえ、今日も13安打。糸井にいいタイムリーが出たのも嬉しい感じでした。金子は相変わらず魔法のバットを持っているようです(笑。あのポテンヒットは神様のプレゼントとしか思えない)

相変わらず打ててはいるので、あとはもう先発に頑張ってもらう――それだけです。
明日は八木くんですか? 八木くんが復活すると、ハム的にもわたし的にも嬉しすぎる……まずは6~7回3失点ぐらいを目標に頑張って欲しいです。ホークスキラーの真骨頂を見せたれ~!

(って、明日は札幌にマッキーのコンサートを見に行くので、リアルタイム視聴が出来ません……コンサートが終わって携帯サイトをチェックした時に、嬉しい結果を見ることが出来ますように。なむなむ)


ソ|102 400 003|10  H13 E1
日|110 210 000| 5  H13 E1

【敗】 多田野(1勝2敗)

投手:多田野-須永-坂元-宮西-谷元/鶴岡

【通算成績】 15試合  9勝6敗(+3)
●●●○○○○●●○○○○○●

チーム順位 1位(勝率 .600 まだ単独1位なんだ……3位ぐらいに落ちてるかと思った)
チーム総得点 99(1位)  総失点 68(2位)  本塁打数 17(3位)  盗塁数 14(1位)  
チーム打率 .322(1位)  防御率 4.235(3位。ここをどうにかしたい……)
※( )内はリーグ内順位

本日のマック 打率:.5090(ていうか、昨日よりちょっとだけ上がってる~↑)

※試合数メモ 鷲-3、鷹-4、鴎-2、猫-3、檻-3

試合日記_2009  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
::
うちのお客さま(ハムファン)も
今日厚生年金に行かれてるそうです。
明日も行かれるそうです。
今日は10列目、明日は5列目とおっしゃってました。

八木くん、7回3失点なんてとんでもない。
6回1失点、粘って粘って良く頑張ってくれましたよ。
2006年にソフトバンク戦で投げていた八木くんを見て
ハムファンになった私なので、
今日はいつもと違った緊張でラジオ観戦していました。
今日はピッチャーはみんな頑張ってくれましたよ。建山・・・(涙)
編集 △ page top
::
え、ちょっ……マジですか!
22日、わたくし厚生年金会館の11列目にいたんですけど(笑)
もしかしたら、すごいニアミスをしていたかも……世間って狭いですね~

八木くんの復活、本当に嬉しいですよね!
躍動感溢れるあのフォームが大好きでして、ホント、1試合でも多く投げてくれればなぁと思います。
建山は、まぁ――こういう日もありますって。先発と中継ぎは持ちつ持たれつな関係ですから、次はきっと借りを返してくれるはずです。きっと、きっと。
編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。