::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2008/04/28 対楽天ゴールデンイーグルス4回戦
【ファイターズ○4-2●イーグルス (Kスタ/13,326人)】


菊地……菊地、菊地、
菊地菊地は大丈夫なのぉぉぉぉnooooooo!!!!!












>4月28日(火)対東北楽天戦で、7回に打球を受けた菊地選手は、
>試合後仙台市内の病院でレントゲン検査を受け、骨に異常はなく、
>右手指先と右鎖骨周辺の打撲と診断されました。
>菊地選手は打撲による炎症が引いた後、投球練習を再開する予定です。



えがった、えがったよぉぉぉおおおおお。・゚・(ノД`)・゚・。

ああでも、一度安心させておいて精密検査で実は――ってのもあるからなぁ。
今日はBSの中継を見てたんですが、菊地が打球を受けた場面をガッツリ見てしまって、それからもう心配で心配で心配で心配で、ちょっと胸が痛くなってしまうぐらいでした。信二がデッドボール受けた時もこんな感じだったよな……
公式サイトの告知を見て、マジで涙がちょびっと出てしまいました。今日も、すごくいい投球してたじゃないですか。「菊地とダルが、今は心の支えだな……」なんてウットリしながら見ていたら、あの場面。
うあああああ、ホントに打撲だけで済んでくれぇぇぇぇ~~~~!!!! っていうか、出来るならかわりたいっすよ、痛いの、いくらでも我慢するから……ファイターズ選手の怪我だけは、ダメ、絶対!


ってことで、すっかり影が薄くなってしまいましたが、本日の先発は八木くん。
前回、いい投球をしてくれてたので、今回も期待――だったのですが、ラジオ中継によると今日は変化球が今ひとつ?だったみたいですね。
つーか、最初、HBCのラジオ中継を聞いてたんですけど、実況も解説も仙台よりの方で、聞いていて途中でなんか「うーん」な感じになってしまったので、BS中継に切り替えました。普段は、たとえテレビを見ててもラジオ中継聞くんですけどね。「この人、菊地のこと何も知らんのだなー」とか、そういう感じがしてしまって(まぁ、仕方ないことですけれども。逆もまた然り、ですしね)

ってことで、初回、いきなりノリさんにタイムリーを打たれて1失点してしまうんですが、ここで最少失点に食い止めてくれた事が後々生きました。
3回には満塁から犠牲フライを打たれて、もう1点失ってしまいますが、それ以上は許さなかったし。八木くんの粘り勝ち――でしたね、今日は。
欲を言えば、もうちょっと球数放って欲しかったんですが、まぁ、「絶好調」って感じでもなかったですからね。ってことで、久々の勝利です。
ウィニングボール、久が八木くんに手渡してましたね~ これをきっかけに、また1軍ローテでバリバリ活躍して欲しいぞ!!

で、6回からは菊地が登板。6回はきっちり三者凡退。今日は落ちる球も使ってたのかな?
「7回も抑えてくれよ~」と思いながら見ていたら――鉄平の打球が菊地を直撃! 最初、肩に当たったのかなと思ったら、右手に当たってそれから更に鎖骨のあたりに当たったというレポが入って、「鎖骨ってすっごい折れやすいじゃん!」と血の気が引いていきました……指だって折れやすいし。うああああ!
それからはもう、ちょっと地に足がついてない感じだったんですけれども(だって、今の投手陣で心の支えに出来るのって、ダルと菊地しかいないじゃないですか……残念ながら(涙))、とりあえずボッキリ折れた訳ではないようなのでとりあえず一安心です。細かいヒビとかも入ってませんように。カルシウムカルシウム~(←骨が丈夫になる呪文)

治療のため菊地がベンチ裏に下がって、かわりに出てきたのが建山。投手陣のリーダーですもの、ここは菊地の分まで踏ん張らなければ!
で、7回途中から8回を建山が投げたんですが、ほぼ完璧な出来。さすがです。投球に気持ちも入ってたでしょうね。

一方、打線の方は、1点先制されていた3回表、ひちょりヒット→稲葉の時、レフト・リックがエラー→小谷野、これまたリックの所に飛ばしてリックが取りきれずにヒットになり、1-1の同点に。
信二が死球で、つづく糸井がライト線へ鋭い打球を放ちます。2点タイムリーとなり、一気に逆転!
更に5回には、稲葉ヒット→小谷野の時、サードエラー→またまた糸井がタイムリー!で4点目ゲット。「好調期」に入ったんですかね。とりあえず、いつまで続くか定かではないですが、好調のうちに打ちまくってしまえ、よしおぉぉ~~~!(男「いとい!」女「よしお!」の応援は、仙台限定なのでしょうか?)

4-2のまま試合は9回裏へ。マウンドには当然、久がのぼります。
久を知り尽くしてるヨシコーチが楽天におりますから、どうかな――と、若干、心配だったりもしたのですが、杞憂でした。きっちり三者凡退でゲームセット。ウィニングボールが八木くんの手に渡りました。
ヒロインが糸井だったので、「あまり難しいことは訊かないで~」と違う意味で心配だったりしたのですが、なんとか無難にこなしてホッと一安心。菊地の痛みも勝ち星で少しは癒えた……かな??

去年はKスタで全然勝てなかったので、なかなか幸先いいスタートが切れたんじゃないかと思います。つーか、マウンドの傾斜はやっぱりビジター用ブルペンのそれの違ったりしてるんですかね……気になる~

日|003 010 000|4  H9 E0
楽|101 000 000|2  H7 E2

【敗】 八木(1勝0敗) / 【S】 武田久(0勝0敗5S)


投手:八木-菊地-建山-武田久/鶴岡

【通算成績】 20試合  12勝8敗(+4)
●●●○○○○●●○○○○○●●○○●○

※試合数メモ 鷲-4、鷹-6、鴎-2、猫-3、檻-5

チーム順位 1位(勝率 .600)
チーム総得点 126(1位)  総失点 90(2位)  本塁打数 23(2位)  盗塁数 16(1位)  
チーム打率 .303(1位)  防御率 4.250(4位。なんとか3点台にしたい…)
※( )内はリーグ内順位

我らが元選手会長の打率:.4444(4月終了まで、あともうちょっとや、頑張れ、元会長!)
試合日記_2009  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。