::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2009/05/04 対千葉ロッテマリーンズ3回戦
【ファイターズ○10-7●マリーンズ (千葉マリン/30058人)】

何回だったか忘れましたが、降板した多田野と稲葉が結構な時間、話し込んでる映像が映っておりまして。
映像のみでしたので何を喋っていたのかは不明ですが、投手・野手の垣根を越えて、ああいう風にポンポンと背中を叩いてくれるキャプテンがいてくれるのって、なんかいいなぁ――と思いました。稲葉さん、素敵すぎや~~~~


9連戦真っ最中。昨日、試合後移動で宿舎に着いたのは午後10時過ぎぐらい?
そんでもって、今日はデーゲームですから、選手のみなさまにおかれましては、疲労の色が濃いことと思われるんですが、今日の打線の勢いは、やはり昨日の劇的なサヨナラ勝ちから続いていたんじゃないか――と。そういう点では、今日、試合があって良かったのかもしれません。

しれません――が。投手陣には過酷ですね、やはり。延長戦3回のあとも先発が早々に降りちゃったもんなぁ~
多田野は、あれだけの援護があったのだから最低7回は投げて欲しかったです……また今日も投手酷使かーい!

kaneko03.jpg

1位もそうですが、2位にも注目。貧打貧打、極貧打線と言われていた我がファイターズが打率ランキング1位2位独占状態なんて……!!!(しかも、小谷野は安打数もトップだし)
そんでもって、信二も稲葉も10位以内に入っておりますですよ。うひー! ここは極楽か!!
 

先発は多田野。中12日ぐらい(だったかな?)での登板だったのですが、大量援護をもらった割にはグダグダ――というか、「相手打者じゃなくて、一体、何と闘ってるんだ? 多田野は」ってな感じのピッチングで、終わってみれば5回・被安打6・被本塁打1・四死球4・自責点5点という、イマイチぴりっとしない投球になってしまいました。
うーん、多田野もそうだしスウィーニーもそうなんだけど、打者とじゃなくて自分や審判と闘って、勝てないもんだから苛立って自滅してる感じがしてなりません。
2回なんて、井口への四球は仕方ないとして、大松にも四球を与えてランナーためて、今江にドッカーンですよ。もったいないったらありゃしない!
点を取られることが多いから、「今日は上手くやろう」と意識しすぎてしまって、逆に制球を乱してしまう→更に失点――みたいな悪循環になってるんですかね?(汗)
もっともっと実力はあるはずなんだから、どうにかしてそれを発揮して欲しいぞ――と思いますです。

多田野の後を引き継いだのは林。まだまだ全盛期の球は戻ってきてないようですけれども、1軍に上がってきてまずまずな投球をしてくれてるんじゃないかと思いますです。
ヒット1本打たれたものの、1回チョットをなげて無失点。この調子を維持してくれたら、「いなきゃならない重要な戦力」って感じになっていきますか……ね?
多田野が5回で交代となってしまったため、もうちょっと林を引っ張るかと思ったんですが(左の「ここぞ」という時のピッチャー=宮西、左の割とロング系ピッチャー=林って認識があるので)、1回3分の1で菊地とスイッチ。ヒット2本を打たれて、ちょいと心配してしまいましたが、最後の打者をきっちり打ち取り今日もいい仕事をしてくれました。打撲の影響はもう完全に消えたかな??

8回からはヤタローが登板するんですが、疲れがたまっているのか、はたまたビハインドじゃないと燃えないのか、タイムリーを打たれ2点を失ってしまいます。うーむむむ。
ホントは2イング投げるはずだったのかもしれませんが、3点差になってしまって、「こりゃヤバイ」とばかり建山にスイッチ。建山はきっちりロッテの反撃を抑えてくれました。ほっ。

さて、打つ方に目を向けますと、今日は初回からイイ感じで点を取ることが出来ました。
初回、ロッテ先発・大嶺の立ち上がりの不安定さにつけこんで、四球でランナーをためてスレッジ&糸井タイムリーで幸先良く3点先制。1点止まりじゃなくて3点取れたのが大きかったですね~
2回には、我らが首位打者金子内野安打→吹っ切れた稲葉ヒット→4番小谷野コンパクトに振り抜いてタイムリーと、順調に点を追加していきます。
先発多田野がぴりっとせずに、ロッテにどんどん追いつかれそうになってしまうんですが、4回には四球2個でランナーをためた所で、ひちょりタイムリー→小谷野タイムリー→信二タイムリーと連打連打で4点追加。もー、上手くいきすぎて怖いくらいです(汗)

6回には、稲葉会心のホームラン&8回に満塁から糸井犠牲フライで計10得点。そういえば、8回、スレッジがあわや頭部死球みたいなデッドボールを受けたんですが、珍しく怒ってましたね(ベンチから選手が飛び出してくるほどだった)
得点差あったから「わざと」だと思っちゃったのかしら? まぁ、何にせよ怪我がなくて良かったです。つーか、最近、死球が多いような気がするよ……(怖いよ~)

10対7で迎えた9回裏、マウンドには久。10点も取ったんだから、ホントはのんびり出来るはずだったんですけどね……(涙) これで4連投となります。
さすがに疲れが出てしまったのか、ヒット2本を打たれてドキドキ状態だったのですけれども、今江を三振に切ってとったところで勝利を確信しました。最後の打者も打ち取ってゲームセット。今季初のお立ち台となりました(抑えがヒロインって珍しいかも~)

延長こそ突入しませんでしたけれども、今日もピッチャーをつぎ込むことになった長い試合。疲労も今がピークでしょうね。
明日は八木くんの先発なんですが、お天気がどうもあやしい――みたいな。試合があるなら、勝っても負けても八木くん完投、あるいは、容赦ない雨で雨天中止になるのがチームにとってはイイのかな~と思いますです。最高は試合をやって、序盤で15点ぐらい取って、八木くん楽々完投――なんですけれども(そうは問屋が下ろし大根!)


日|310 401 010|10  H12 E0
ロ|030 020 020| 7  H14 E0

【勝】 多田野(2勝2敗)

投手:多田野-林-菊地-坂元-建山-武田久/大野-鶴岡
HR:稲葉5号8ソロ・6回)

【通算成績】 25試合  14勝11敗(+3)
●●●○○○○●●○○○○○●●○○●○●●●○○○

※試合数メモ 鷲-6(1-5) 鷹-6(3-3)
         鴎-3(3-0)、猫-4(5-1)、檻-5(3-2)

チーム順位 2位(勝率 .577)
チーム総得点 153(1位)  総失点 116(2位)  本塁打数 28(3位)  盗塁数 20(1位) 
チーム打率 .294(1位。若干上昇) 防御率 4.163(4位。4点の壁がやはり厚い……)
※( )内はリーグ内順位

股関節痛いけど全力疾走な元選手会長の打率:.4042(リーグ1位。そろそろあぶない?)
                     得点圏打率:.529(リーグ1位。美味しい所は持っていく!)

試合日記_2009  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。