::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2009/05/16 対オリックスバファローズ10回戦
【ファイターズ○7-3●バファローズ (京セラドーム/ 21,965人)】

まさか、この時期まで打線好調をキープしてるとは思ってませんでした……
確かに、金子や小谷野は一時ほど打たなくなってきたのだけれど、かわりに賢介や稲葉が調子を上げていて、なんかもう、上手い具合にバランスが取れてきてるなーと。
これで賢介や稲葉の調子が落ちてきた時、また小谷野や金子や信二が調子を上げてくれればいいんですよ。そんな風に秋までいけたらイイですよね……素人の夢想で終わらせたくないぞ! 頑張れ、ファイターズ打線!!


kaneko04.jpg

それにしても、まさか交流戦直前のこの時期まで金子が首位打者だなんて……ところで、楽天・草野はいつ規定打席に達するんでしょうか?(それまでの天下じゃの~)


先発は藤井。前回、いい投球をしてくれたので、今日も期待――してたのですが、初回、死球連発→押し出しで1点献上と、ちょいとビックリするような立ち上がり。
2回以降は立ち直ってくれたのですが、5回6回とちょいと息切れしてしまった感じでしたね。うーん、もうちょっと投げて欲しかったというのが正直な所か。
まぁでも、ギリギリの所で踏ん張れたのはさすが――ですよ。初回なんて、大崩れしちゃってもおかしくないような雰囲気でしたからね。
ってことで、土俵際で踏ん張れたご褒美――みたいな感じで3勝目ゲット。よしよし、順調に勝ち星伸ばしていってよ~(というか、かわすんじゃなくてこの前みたいな強気な投球でお願い。大野くんに引っ張ってもらうんじゃなくて、藤井が引っ張ったれ~)

6回途中、藤井が点を取られた所で菊地にスイッチ。ワイルドピッチがあり、ちょっとハラハラしましたが、後続をしっかり打ち取ってくれました。
7回はきっちり三者凡退。球がさほど速くはない藤井の後だから、菊地の威力のあるボールは更に速く見えたかも知れませんね。

8回は建山――だったんですが、エラー&ヒット&死球で2アウト満塁の大ピンチが(汗) ひぇぇぇぇ~
「頑張れ、建山~と念じてたのですが、それが通じたのか――いや、建山の実力か、なんとか無事に3アウト目を取ることが出来ました。ほっ。
9回は宮西くんが投げたのですが、さすがに調子の悪い日もあるのか連打を食らって1点を失ってしまいます。まだ点差が3点あったのでそのまま行くかと思ったのですが、セーブが稼げる場面だったからか、大事に大事に行こうとしたからか、梨田監督はここで久にスイッチ。
フェルナンデスが相手でしたけれども、久がきっちり打ち取ってゲームセット。久は未だに防御率0点なんですよね~ 去年、不調の時期を見ているが故にとっても嬉しいです。えへへ~

さて、打つ方ですが――初回、賢介四球→盗塁→ひちょり犠打で3塁に→稲葉犠牲フライで1点先制。ノーヒットでの得点ですから、小松に与えたダメージは少なくはなかったでしょうね。
同点に追いつかれた2回表、先頭打者スレッジがコツンって風に打った打球が、思いの外のびてのびて、なんとビックリホームラン! 前もロッテ戦でありましたよね、フルスイングじゃなくのにレフト方向へのホームラン――ってのが。なんかツボなコースなのかしら??
4回には、捻挫から復帰した糸井がライトスタンドへ飛び込むソロホームラン! 後から考えると、この2点が大きかったような……特にスレッジのホームランは、追いつかれた直後の得点でしたから、試合の流れ的にかなり大きな一石だったように思います。

そこからは、チャンスを作るものの潰して――みたいな嫌な展開が続いてたのですが、7回、金子→賢介ヒットで1・3塁とし、ひちょりは凡退したものの、続く稲葉の打球が予想以上にボテボテの内野ゴロになり、その間に3塁ランナーホームイン。
更に8回、2アウトから糸井ヒットで出塁→盗塁→大野くん、前進守備の外野の頭を越すタイムリーを打ち、更に得点圏打率リーグトップの金子が連打で続き、6点目ゲット。

もうこれで充分かと思ったのですけれども、9回表もハムの攻撃は休むことを知らずに、稲葉の2ベースをきっかけにスレッジ四球→飯山さんヒットで1アウト満塁に。打席には、今日、ホームランを放っている糸井。
「さすがに打ち止め」――ではありませんでした。ここでもきっちりタイムリーを放って7点目ゲット。数日ぶりの二桁安打――と相成りました。

いつまで打線の好調が続くのかは分かりませんが、とりあえず――打てる時に打っとけ!と。
明日もイイ感じで勝って、交流戦に突入したですね~♪


日|110 100 121|7  H12 E1
オ|100 001 001|3  H 8 E0

【勝】 藤井(3勝1敗) / 【S】 武田久(1勝0敗9S)

バッテリー:藤井-菊地-建山-宮西-武田久/大野-鶴岡
HR:スレッジ9号(ソロ・2回)、糸井2号(ソロ・4回)

【通算成績】 36試合  23勝13敗(+10)
●●●○○○○●●○○○○○●●○○●○●●(4月/12勝10敗)
●○○○○●○○○○●○○○(5月/11勝3敗)

※試合数メモ 鷲-9(3-6) 鷹-6(3-3)
         鴎-5(5-0) 猫-6(5-1) 檻-10(8-2)

チーム順位 1位(勝率 .639/ゲーム差2)
チーム総得点 207(1位)  総失点 141(1位)
チーム本塁打数 32(4位)  盗塁数 32(1位) 
チーム打率 .296(1位) 防御率 3.750(3位)
※( )内はリーグ内順位
試合日記_2009  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。