::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2009/05/25 対中日ドラゴンズ2回戦
【ファイターズ●4-10○ドラゴンズ (ナゴヤドーム/29,051人)】

負けた日には、さすがにショックが大きくてガックリしてたりしたのですが(7点入れられた時は、ラジオを消したくなった……)、一日経ってちょっと浮上してきました。
まぁ、こういう連敗もありますって。つーか、開幕3連敗から始まったチームですしね。うんうん。

というか、監督のコメントに、「へんな言い方かもしれないけど、いっぺんにミスが出てくれて良かった。選手も身が引き締まるだろうし、これでまた気持ちが一つになれるんじゃないかな」ってあって、これって逆に言うと、連勝が続いていて選手の気がちょっと緩んでたりもしたのかな――と。少なくとも、監督はそう感じることがあったりしたのかも。
連敗は痛いですが、これが今後の白星に繋がっていくというのなら、これも大切なことなのでしょう。というか、繋げていかなきゃならないですけれども。プロならば。


それにしても、プロ初先発の糸数投手は頑張りましたね! 結果は負け投手になっちゃいましたけれども、個人的には充分合格点。
つーか、打席に立つ時ヘルメットを忘れて取りに戻った――ってのをラジオで聞いた時、「今日はもうこれで充分」って思ったりしました(笑) 可愛すぎる。そんでもって、プロ初ヒットも打ったりするし。
07年の吉川くんや木下くんがそうだったように、今年の「ラッキーボーイ」的存在になれる――かも???


先発は、プロ初登板になる糸数投手。
はてさて、どうなることやら――とハラハラドキドキしながらラジオを聞いてたんですが、4回までソロホームラン1本に抑えるという好投ぶり。相手チームにデータがほとんど無い(というか、ファンの側もどういう投球するのか、あんまりよく分かってない(笑))という強みはありましたが、でも、それを差し引いても頑張ったと思いますよ。回を増すごとに落ち着いていったし。
5回、謎の打撃妨害で試合の流れが変になっちゃって、そこからタイムリーを打たれて同点に追いつかれてしまったのですけれども、これはもう気の毒としかいいようがないというか、よく1点で抑えたよな――と逆に誉めたいぐらい。
つうか、「バントをしようとして、バントをせずに引いたバットがミットに当たって」打撃妨害――って、「打撃」してねーじゃんとツッコミたくなってしまったのですが、ルール的にはどうなんですか。素人なんで、そこら辺よくわからんのですが――(汗) ラジオ解説の大宮さんは、かなり憤慨なさってましたね。「これが通るなら、ちょっとバット引いてミットに当てたら全部打撃妨害になるだろ」って。
パリーグの審判が下手だってのはよく聞くんですが、レベルが高いはずのセリーグの審判もよくわからんな――と思ったりしました。ボーク判定もそうだけど、もっと観客からも分かり易いジャッジをして欲しいわ!(イライラする~)

まぁそんなこんなで、糸数投手は6回まで投げて、6回、ブランコに死球を与えてしまったのに動揺してしまったのか、はたまた和田さんが元からハム投手キラーなだけなのかは不明ですが、和田さんにタイムリーを打たれて勝ち越しを許してしまいます。でも、初登板で6回3失点なら上出来だと思いません?
去年のダースもそうでしたが、「惜しいなぁ~」って感じの投球でした。次もまた投手が足りない時は先発がある――かも?


んでもって、魔の7回。思い出したくもないんですが――(汗)
ピッチャー建山に交代して、1アウトを取ってから、ファーストに入ってたヒメちゃんがファーストゴロをエラーしてしまいます。ここからガタガタガラガラと崩れてしまって、江尻に交代するも流れを食い止められずに一挙7失点。
映像を見てないのでなんとも言えないですが、ヒメちゃんのエラーはどんなもんだったんですかね。
ファイターズはやっぱり「守備のチーム」であるから、エラーによるダメージって通常の3割り増しぐらいの感じですよね……うーん。これでヒメちゃんがガンガン打ってくれるなら目をつむれるんだけれども、今のところ、そういう感じでもないからなぁ。
一度や二度じゃないだけに、「これなら、中田を1塁にした方がマシだ」と言い出す人も出てきそうな感じです……一番安心出来るのはファースト信二なんですけどね。キャッチャーなのに、身のこなしとか、結構、上手いですよね~(セギほどの柔軟性はないですが。前に、足を広げて送球をとった時、しばらく股が痛そうだった(笑))

8回は宮本くんが登場。ランナーを3塁まで進めるんですが、4番ブランコをショートゴロに打ち取り無失点に抑えました。この調子で頑張ってくれるとイイですよね~
鎌ヶ谷で打ち込まれてる姿を目にしたことがあるだけに、1軍で抑えているのを見るとなんだか感慨深いです。

さて、攻撃の方ですが――やっぱり、打撃好調のアレは終了してしまったのかなぁ~(汗)
でもでも、4番に入った信二とここのところ絶不調だった信二に連続タイムリーが出て2点を奪った時は、とってもとっても嬉しかったです。これが小谷野の「スイッチ」になってくれればなぁ(って、ふくらはぎの状態が思わしくないようなんですが――大丈夫かなぁ)

10点取られてしまった9回には代打攻勢。中田くんは惜しくも内野ゴロに打ち取られてしまうのですが、稲田ヒット→賢介進塁打→ひちょり内野安打→村田くん2点タイムリー3ベースヒットと、最後の意地を見せてくれました。村田くんの3ベースは音声を聞いていただけでも凄かったわ~
まぁ、最後に一矢報いることが出来た――ということで。うーん、これは次の試合、村田くんスタメンもあり、かも???


明らかにチーム全体の調子が落ちている時に、次の相手が苦手横浜&横浜スタジアムってことで、かなり心配だったりするのですが、まぁでもなんとかなるでしょう。うんうん。一つは勝ちたいですね。そんでもって、北海道に帰っておいで~


日|002 000 002| 4  H11 E3
中|010 011 70x|10  H12 E0

【敗】 糸数(0勝1敗)

バッテリー:糸数-建山-江尻-宮本/大野-高橋-鶴岡


【通算成績】 43試合  26勝17敗(+9)
●●●○○○○●●○○○○○●●○○●○●●(4月/12勝10敗)
●○○○○●○○○○●○○○●○○●○●●(5月/14勝7敗)

※試合数メモ 鷲-9(3-6) 鷹-6(3-3) 檻-11(8-3)
         鴎-5(5-0) 猫-6(5-1) セ-6(3-3)

試合日記_2009  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。