::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2009/05/29 対横浜ベイスターズ2回戦
【ファイターズ○7-1●ベイスターズ (横浜/7,349人)】

最近、仕事が忙しいからか、夜になるとすぐに眠ってしまって、にんともかんとも――です。
「面倒」と思ったことがないと言えば嘘になりますが、とりたてて自慢出来ることもない私の数少ない「頑張ってるもの」が、この試合日記だったりするので、なんとか全試合制覇を目指して頑張りますです。

ってことで、一日遅れになりましたけれども、横浜戦の試合レポ。

3連敗+苦手横浜+屋外球場+雨が降りそう+横浜先発はハマの番長――という悪条件が重なっていたので、正直、不安の方が先行していたりしたのですけれども、フタをあけてみれば、大野くんがホームランを打ち、さらに糸井も打ち、投げては藤井が踏ん張り、失点は村田のソロホームランだけ――という快勝。
大野くんのヒロインは、なんだか直立不動で受け答えしてる感じで(笑)、その初々しさがとても可愛らしかったです。横浜・三浦からプロ初ホームランを打った事を尋ねられて、「光栄です」って――(笑)
ホント、礼儀正しい子ですよねぇ。これからも、ずっとその真っ直ぐさを失わないでいってもらいたいなぁと思います。
それにしても大野くん、全然、ホームランを打つ体格じゃないのに、結構、打ったりしてて凄いな~(鶴ちゃんのお尻に火が点きそう……やばい、鶴ちゃん、頑張れ!)


先発は藤井。大野くんのリードと相性がいいのか、ここのところ、安定した感じで投げられてますよね~(良いことだわ~)
昨日も、5回を投げて被安打4、四死球1、失点0。四死球が少ないのが、安定した投球の要因でしょう。これまでは、2アウトから四球→四球→長打――ってパターンばかりでしたもの。いやもう、この調子をずっと維持して欲しいわ~

で、球数もまだ100球行ってなかったんですけれども、藤井は5回で降板。
普通なら続投させる場面でしたけれども、これまで何度も「6回」に突如失点(しかも、大量失点)しててることが頭をよぎったのか、梨田監督はピッチャー交代を選択しました。これがドンピシャ。
まぁ、先発としてはやっぱり7回ぐらいまでは投げて欲しいんですが――これはこれで、アリなのかもしれないと思った5月の夜。勝ち星も増えてますし、藤井もそれなりに納得出来てるかも?

藤井の後は、菊地。前の試合で決勝ホームランを打たれてしまった村田と再度対戦したのですが――やっぱり村田は凄かった~(汗)
またまた、ソロホームランを打たれてしまいました。うーん、2度目はちょっとキツイかも、です。まぁ、野球ですから、こういう事もあるかと。落ち込まないで、どんどん体当たり勝負してくれ~(見ていて、とっても清々しい)

菊地の後は、林→宮西とつないで、9回は武田久。
宮西くんがちょいと心配だったのですが(ここのところ打たれてるので)、四球を与えてしまったものの、その後しっかりゲッツーで無失点に抑えてくれたのでホッと。やっぱり疲れてたのかな~
あ、林は三者凡退で安定しておりました。去年のヤタロー的な感じになってくれそうですね~(そういや、ヤタローは元気なのかしらん?)

久は調整登板――だったのでしょう。投球間隔があいてしまうと肩が軽くなってダメな投手もいるそうですが、久もそういうタイプなんですかねぇ? ヒットヒットと打たれた時は、「だ、大丈夫か?」とオロオロしてしまったのですが、その後、後続をきっちり断ってゲームセット。うーん、マイケルから「劇場魂」を引き継いだ――のかな??(笑)


さて、打つ方ですが――相手が相手ゆえに(ハマの番長)、なかなか点を取れそうにないなぁと思っていたら、2回、信二2ベース→小谷野ヒットのあと、坪井が併殺打に打ち取られるもののその間に信二がホームインして1点先制。
前の試合で4タコだった小谷野に当たりが出たのが大きかったですね。信二は相変わらずイイ感じだし。
3回には、1アウトから賢介がヒットで出塁→糸井がライナーに倒れるものの、賢介盗塁→稲葉タイムリーで更に1点追加。小刻みながら、イイ感じで得点出来てます。

そして、1点返されたあとの5回、坪井2ベース→金子送りバントの後、なんとびっくり大野くんが2ランホームラン! ラジオ解説の新谷さんは「スクイズ、スクイズ」って言ってたのですが、大野くん、やってくれました。いやー、マジで何か持ってるわ、この子は。
しかも、それだけでは終わらずに、代打中田くんがプロ初長打となる2ベースを放ったあと、今度は糸井が2ランホームラン! 糸井はホントに好調ですね~ なにより四球を選べてるところが凄い。
まだまだ終わらないっすよ、その後、稲葉2ベースの後、4番に座ってる信二がタイムリー2ベース。一挙5点を獲得します。まるで、中日戦の鬱憤を晴らしてるみたいに(笑)

試合の方は、結局、7-1で勝利。なんとか連敗を止め、交流戦の星を五分に戻しました。よ、良かった~
テレビニュースでは「若手の活躍で――」っていう風に言われることが多かったんですが、糸井は――糸井は「若手」に加えていいのかしら?(糸井が「若手」と言われる度に、いつも思う。野手として「若手」ってことなのかしら~???)


日|011 000 500|7  H12 E0
横|000 001 000|1  H 7 E1

【勝】 藤井(4勝2敗)

バッテリー:藤井-菊地-林-宮西-武田久/大野

【通算成績】 45試合  27勝18敗(+9)
●●●○○○○●●○○○○○●●○○●○●●(4月/12勝10敗)
●○○○○●○○○○●○○○●○○●○●●●○(5月/15勝8敗)

※試合数メモ 鷲-9(3-6) 鷹-6(3-3) 檻-11(8-3)
         鴎-5(5-0) 猫-6(5-1) セ-8(4-4)

試合日記_2009  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。