::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2009/06/07 対東京ヤクルトスワローズ3回戦
【ファイターズ○3-0●スワローズ (神宮/20,032人)】


>今日の勝はほぼ完璧な投球だったね。
>すいすいとテンポよくバッターのタイミングをずらす素晴らしい形でした。
>完投も考えたんやけどね、建山も久(武田久選手)も間隔があいていたからね。
>一番良い形で繋げられました。
>昨日ダル(ダルビッシュ選手)で負けているから今日の勝ちは大きい。
>稲葉のナイスプレーも光っていたね。ハムらしい勝ち方でした。



というのが、本日の梨田監督のコメントだったのですが、今日の試合の感想はまさにこの通り!
8回途中でマサルさんが交代してしまった時は、「なんで? なんで?」と頭の中がハテナだらけだったのですが(球数だってまだまだ余裕あったし。絵に描いたような理想投球だったから、交代に超驚いた)、終わってみれば完封リレーだし久にもセーブがついたし、これで良かったんだな――と。
って、逆転負けしてたら、さすがのわたしも「なんでマサルさんを交代させたんじゃあー!」と大暴れだったでしょうけれども(笑) 良かった良かった、勝てて良かった。

稲葉のファインプレー、テレ東のスポーツニュースで見ました。もう、超、超、超、超絶カッコイイー!!!
あのプレーで何人のマダムが「あぁん」となったことか。
打ってもよし、守ってもよし、近寄ったらきっとさわやかな香りが漂っているであろう(推測)稲葉さん、素敵すぎます。ダイスキや~~!!!
 

先発はマサルさん。
昼間に神宮で行われた大学野球・東都リーグ入れ替え戦で母校・立正大学が勝利したってのもあってか、今日はもうパツパツな感じのピッチングでした。
4回までパーフェクト。5回にヒット2本を打たれてしまうものの、その後もヒットを許さずに8回途中で交代するまで四死球も0。「先発として完璧な仕事」をしたと言っても決して誉めすぎではないでしょう。
本人コメントを読むと、球が低めに集まったのが好投の要因だったようで。逆に、ヤクルト先発・川島投手は序盤から球が高めに浮いていたようで、それが勝ち負けを決めた原因になったのかもしれません。

昨日、ダルで負けてたが故に、今日のマサルさんの好投は「ただの好投」以上の価値があったんじゃないかと思いますです。
みー太郎も今頃喜んでいることでしょう。みー太郎にガッツリ癒されて、次の登板も好投して欲しいです。がんばれ、みー太郎! マサルさんの明日は君にかかってるぞ!(?)

さて、打つ方ですが――こちらも4回までヒットが出ずに「このまま両チームノーヒットノーランで引き分けだったら、それって記録になるのかなぁ」なんて思ったりしてたのですが、まずは坪井がヒットを打ってその夢(?)を破ってくれます(笑)
試合が動いたのは6回。先頭打者大野くんが手の甲(?)あたりに死球を受けて出塁。
マサルさんが「三度目の正直」でバントを決め、賢介が四球でランナー1・2塁。坪井は倒れてしまうのですが、続く稲葉が「やっぱり稲葉! 100人のっても大丈夫!」なタイムリーを放って1点先制。
更に信二も続いて2点をゲットします。マサルさんの調子がすこぶる良かったから、この2点は見方にも相手にも大きな2点となりました。

8回には、賢介2ベース→坪井進塁打→稲葉死球でランナー1・3塁、ここで信二がきっちり犠牲フライを放って3点目をゲット。信二もきっちり4番の仕事をしてくれましたね。信二もダイスキや~(というか、ファイターズの選手はみんな好きや~~~!)
8回裏、マウンドを引き継いだ建山が「あわやヒット」という打球をライト方向に打たれてしまうのですが、稲葉がウルトラスーパーダイナミックダイビングキャッチでアウトにし、なんとかピンチを切り抜けます。
珍プレー好プレーがあったら、みのもんたにナレーションつけてもらえるレベルのプレーでしたよ。いやもう、超格好いい!

9回のマウンドには武田久。久々のセーブ機会です。巡り合わせとかもありますものね、こういうセーブ数の記録って。
フライ・ゴロ・フライでゲームセット。6月に入っても、未だ防御率0点です。いひひひひ、いいぞいいぞ~

ヤクルト投手では、ハギーとハッシーが出てきてくれて、元気そうな姿を確認出来て何より。
ハギーは相変わらずでしたね(笑) 虹色カーブは投げれてるのかな??
とりあえず勝てて良かった。今日の感想は、まずそれです。ダルで負けてしまったので、大型連敗もあり得ましたものねぇ~
ってことで、ありがとう、マサルさん。ありがとう、稲葉! 明日も頼むよ、頑張ってよ~~!


日|000 002 010|3  H4 E0
ヤ|000 000 000|0  H3 E0

【勝】 武田勝(3勝3敗) / 【S】 武田久(1勝0敗11S)

バッテリー:武田勝-建山-武田久/大野

【通算成績】 52試合  30勝21敗1分(+9)
●●●○○○○●●○○○○○●●○○●○●●(4月/12勝10敗)
●○○○○●○○○○●○○○●○○●○●●●○○△(5月/16勝8敗1分)
●○●●○(6月/2勝3敗)

※試合数メモ 鷲-9(3-6) 鷹-6(3-3) 檻-11(8-3)
         鴎-5(5-0) 猫-6(5-1) セ-15(7-7-1)


チーム順位 1位(勝率 .588/2位・ホークスとのゲーム差 2.0)
チーム総得点 276(1位)  総失点 196(1位)
チーム本塁打数 41(3位)  盗塁数 45(1位) 
チーム打率 .285(1位) 防御率 3.523(1位)
※( )内はリーグ内順位


***
本日のイースタン中継、残念ながら試合はサヨナラ負けだったのですが(金森くん……(涙))、中田くんのホームランとかもっさんの「2回投げて三振5つ(!)」とか、聞き所が色々あってとっても楽しかったです。
鎌ヶ谷の試合じゃなくて、横須賀での試合の中継ってのが嬉しかったなぁ~(2軍球場の雰囲気って、普段、滅多に味わえないもので)
HBCは、これからイースタン中継にも力を入れていくらしいので期待。んでもって、今日に限って「STV独占放送」と力を入れて言っていたSTVは、まず、土曜のごろーショーをどうにかしてから「ぞっこん」を名乗るがよい――と思ったりしました。
今の状況だと、やっぱりHBCの方に軍配が上がっちゃうよな~と。新谷さん解説ですしね~(えへえへ)

試合日記_2009  コメント(0)   トラックバック(1)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

【地上波独占?/ヤクルト3回戦】この情熱が、負けない強さへと繋がる
【枕】「今カードだけはHBCでは聞けないのよ!」のココロだァ!  えー、毎年恒例となりましたヤクルト主催の交流戦。例によって例の如く...
2009/06/08 08:01│世界日本ハムの哀れblog@ほんのちょっと、軽くなったよ
| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。