::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2009/06/10 対横浜ベイスターズ3回戦
【ファイターズ○5-3●ベイスターズ (円山/ 10,977人)】

八木くんが男・村田に2ランを打たれるまでは、「ノーヒットで勝利した試合って、これまでの歴史の中で何試合ぐらいあったりするのかな?」なんて二へ二へしてたんですが、そうは問屋が下ろし大根、野球の神様はそんな楽な勝ち方をさせてはくれませんでした。
同点に追いつかれてしまって、先日のヤクルト戦の悪夢が蘇ったりしたのですが(って、こっちのホームゲームだから「サヨナラ」は無いですけどね)、今日はなんとか賢介とひちょりが打ってくれました。
賢介のヒットも良かったけど、ひちょりの当たりがタイムリーになったのが。この1本がひちょりの「打撃スイッチ」になってくれれば――なんて思ったりもしたのですけれども、さすがにこれまでの不調を考えるとそれはキビシイかなぁ(汗)
まぁ、いずれにせよ、守備固めにしておくには惜しいし、だいだい、守備固めで出てくるような選手でもないし、なんとかかんとかきっかけを掴んで浮上していって欲しいなぁと願う次第です。


つーか、1軍帯同(?)しているカイルくんは、「背が伸びた」んじゃなくて「大きくなって」るんですか???(汗)(汗)(汗) 横浜は美味しいものが多そうだもんなぁ~(きようけんのシュウマイが好き~←羽田空港に行った時は、きようけんのシュウマイをお土産にすることが多い)

先発は八木くん。
先発陣の中ではダルに次いで安定感のある八木くんですが、今日もいい投球をしてくれました。
5回まで、たまにランナーを出すものの落ち着いた投球で無失点に。6回も2アウトを取って、「よしよし、大丈夫だな~」と思っていたら、内川2ベース→村田2ランで2失点。うーむむむ。
って、明らかな「失投」はこの一球だけでしたもんね。他はもう安心して聞いていられて、とりあえず「6回2失点の何がアカンのですか」っていうような感じでした。
故障(というか、休養?)あけの投球で6回2失点ですもの、充分ですよ。何よりも、毎回、きっちり試合を「作って」くれるのが頼もしい。
こういう投球を安定してしてくれたら、勝ち星も着実に増えていくことでしょう。今年は二桁いけるかな~?(二桁勝てたら、嬉しくて泣いちゃうかも(笑))

7回のマウンドには江尻が。江尻も、復帰してから結構な頻度で投げてますよね~
見逃し三振で1アウトを取って、上々の滑り出しだったのですけれども、その後、連打を食らってピンチを招いてしまいます。
ここでベンチは江尻を諦め、宮西を投入。これが「吉」と出ました。空振り三振→ライトフライで事なきを得ずに無失点。ここをきっちりテンポ良く抑えられた事が、間接的ではありますが、その後の反撃→勝ち越しに繋がったのでしょう。

8回のマウンドには建山。登板間隔的に林でも良かったような気がするのですけれども、おそらくは「リベンジ登板」って事で。
若干、ひやっとする当たりもあったんですが、結果的には三者凡退。ふぅ、良かった良かった。リベンジ果たせました。

さて、打つ方に目を転じますと――最初の2点は、なんとノーヒットでもぎ取りました。
2回、信二四球→小谷野バント→二岡外野フライで信二、タッチアップから3塁へ→糸井ピッチャーゴロも、相手ピッチャーウォーランドが悪送球→どさくさ紛れで1点ゲット。
2点目は、四球→四球→犠打→四球で1アウト満塁、ここから信二ピッチャーゴロの間に2点目ゲット。あはははは、「やらかし待ち」なハム野球の本領発揮です。

村田に2ランを打たれ同点になってしまったのですが、7回裏、1アウトからヒットと四球でランナーを貯め、賢介が走者一掃のタイムリー3ベースを放ちます。
その後、ひちょりが賢介をホームに帰すタイムリーを。ひちょりが打ってくれたのが、本当に嬉しかったです~

そんでもって9回、マウンドには我らが守護神・武田久の姿が。
試合開始から吹き荒れてた強風の影響もあったのか、ヒットと四球でランナーを貯めてしまい、ヒットを打たれて今季初失点。うーん、自責点0点記録、途切れちゃったか~
って、残念なのは残念だったんですが、まぁでもいつかは取られるものだし、これが同点で1点もやれないような状況じゃなかかっただけマシだったのかなぁと。
案外、久もこれで気楽に投げれるようになったかもしれませんしね。1点を取られたものの、後続を断ってゲームセット。
最後の打球をファースト・小谷野が弾いてしまって、かなり焦ったのですが、久がちゃんとベースカバーに入ってくれて試合を決めてくれました。


これで交流戦5割復帰。貯金ゼロは淋しいので、なんとか次の試合、連勝して欲しいです~


横|000 002 001|3  H10 E1
日|011 000 30x|5  H 4 E1

【勝】 宮西(3勝0敗) /  【S】武田久(1勝0敗12S)

バッテリー:八木-江尻-宮西-建山-武田久/鶴岡

【通算成績】 54試合  31勝22敗1分(+9)
●●●○○○○●●○○○○○●●○○●○●●(4月/12勝10敗)
●○○○○●○○○○●○○○●○○●○●●●○○△(5月/16勝8敗1分)
●○●●○●○(6月/3勝4敗)

※試合数メモ 鷲-9(3-6) 鷹-6(3-3) 檻-11(8-3)
         鴎-5(5-0) 猫-6(5-1) セ-17(8-8-1)

試合日記_2009  コメント(0)   トラックバック(1)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

【対円山勝ち越し/横浜3回戦】真昼の月はいつも見ている、小さな幸せも絶望も
【枕】「円山球場を考える」のココロだァ!  2005年より2年に1度で恒例化してますね、円山開催。他の道内地方開催が毎年開催となって...
2009/06/11 06:16│世界日本ハムの哀れblog@ほんのちょっと、軽くなったよ
| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。