::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2009/06/11 対横浜ベイスターズ4回戦
【ファイターズ○9-3●ベイスターズ (札幌ドーム/ 22,582人)】


すごいアイツがやって来た!

すごいアイツがやって来た!!

ジェイソン、ジェイソン、ジェイソン・ボォォォォッッツ!!!






――ってな感じのホームランでしたねぇ(つーか、最近、バイオラバーのあのCM見ないなぁ)

右ボッツには夢がある~♪ 左ボッツにも夢がある~♪――なボッツですが、今季、札ド初登場でいきなり特大満塁ホームラン。ぐはー、これは、すごすぎるー!
テレビで見ていて、「なんか打ちそうだなぁ~」って予感はしてたんですが、まさかアレだけの打球を放ってくれるとは。
これだけの打球を放っちゃうと、これからますます研究されまくって大変になっていくとは思うんですが、でも、なんとかそれを乗り越えて欲しいなぁ。ここ最近、セギとスレッジは別として、その他の助っ人さんたちとは1年ちょっとぐらいでお別れってのが多くて。ナイトとか、今、どうしてるんですかね。四球四球四球――なイメージしか残ってないんですけど(汗)
ラミレスやローズやカブレラみたいに日本で何年も活躍してくれる選手がハムから現れてくれればいいなぁ……ってことで、頑張れボッツ、左も右も夢を見ちゃうぞ~~~♪



先発はスウィーニー。
初回に先制点をもらって気合いが入ったのか、5回まではランナーを出したりするものの、さほど慌てることもなく見ていて安心出来るようなピッチングで「よしよし、今日は順調だぞ~」とニコニコ。
チェンジアップが上手く抜けてた――ということですが、ええと、チェンジアップというのは確か、ストレートと同じカンジの腕の振りなんだけどゆるーい球の事ですよね?(違ったかな。野球を見始めて何年も経つんですが、未だに球種のことはよくわからない(汗))
つーか、こう、速球の中にポンと緩いボールが入ってくるのとか、萌えますよね……ダルの100キロぐらいのスローカーブとか見ていて超萌えますもの。「うおっ!」って感じで(笑)

何はともあれ、今日はそのチェンジアップが有効に使えて、ホント5回まではスイスイな感じでした。球数もベラボーに多いワケじゃないし、ひょっとしたら完投しちゃうかもな、自信をつけさせるためにちょっと無理して完投させちゃうかな?――なんて思っていた6回。そう、ダル以外の先発陣にとっての「魔の6回」
先頭打者に四球を与えてしまったことに動揺したのか、あるいは、ピンチになりかけて早くそれを切り抜けようとして投げ急いでしまったのか。
四球→ヒット→ヒット→ゴロ→ヒットで3点を失ってしまいます。差はまだ5点差あったのですが、首脳陣はスウィーニーがこれ以上崩れるのを嫌がったのか、ここでピッチャー宮西くんに交代。

一時、打ち込まれたこともあった宮西くんですが、ここ最近はまだ復調してくれて、今日も、嫌な流れになりそうな所をガッチリ止めてくれました。
こういう投球をしてくれる左中継ぎ投手がいるってのは、本当に心強いですよね。宮西くん、ステキやわ~(2年目のジンクスも今のところ大丈夫そう?)

7回・8回は菊地が投げました。2イニングでヒット1本と、相変わらずの突っ走りっぷり。うんうん、いいよいいよ~
特に8回、過去2度、ホームランを打たれている村田との対戦はちょいと燃えてしまいました。結果は空振り三振! よっしゃ、リベンジ成功や!!!(良かったね、菊地!)
9回は林。ヒット1本打たれたものの、ラスト2人を連続三振――と、勝利に花を添えてくれました。あああああ、ホント、うちの中継ぎ陣はええ子ばかりやわ~~~(ウットリ)

さて、打つ方ですが――まずは初回。
2アウトから、本日、稲葉欠場で3番に入った糸井が2ベース→信二タイムリーと、2人で1点を取る効率の良さ。足のある選手ってのは、こういう所でもしっかり点に結びつけられるからええですのぅ~
そういえば左太腿裏を痛めた稲葉は、打つ方は大丈夫でも、走ったり守ったりがまだ駄目そう――ということで、でも、思ったよりは軽傷だったので、そこはホッと一安心です。
中日戦は代打での登場があるかどうか――ってとこかな? まだまだ無理する時期じゃないし、しっかり直して万全の状態でスタメン復帰してもらいたいなぁと。その間、他の選手が頑張ってくれ~っつーことで。

そんでもってビッグイニングになった3回。
先頭打者・金子が久々のヒット→賢介内野安打→ひちょり犠打→糸井タイムリー→1点追加→信二四球で満塁→小谷野の打席で相手先発・小山田がボーク→1点追加→坪井セカンドゴロも相手タイムリーエラー→更に1点追加→右のボッツにゃ夢がある~♪→レフト上段に達する140メートル満塁ホームラン→気づけば一挙7得点。
そういえば、その後、大野くん2ベース→金子サードゴロで、1塁への送球が思いっきり逸れたあと、大野くんが3塁で止まったら金子が3塁までズンズンズンと走ってきていて、追い出されたカタチになった大野くんがタッチアウト――になった場面があったのですが、あれは金子が3塁コーチの指示を見てなかったってことなんですよね?? なんかよくわからんうちに金子が3塁に来てたんですが(笑)

その後、3点を返されて、点差はあったもののちょいと嫌な雰囲気になってたのですが、7回、小谷野ヒット→アウト2つ取られた後、大野くんの打席で小谷野盗塁→2塁への送球が悪送球→小谷野3塁へ→大野くんタイムリーで、試合の流れをハム側にガッツリ引き寄せました。
ラジオ解説だった平野元コーチが選ぶ本日のMVPは、ここでタイムリーを打った大野くん。打撃では若干、ミス等も見られる大野くんですが(バント失敗とか)、こういうヒットを積み重ねて自信にしていって欲しいです。意外に長打力もありますしね~(全然、ホームラン打ちそうな体型じゃないのに)

そんなワケで、本日は快勝といってもイイんではないでしょうか。久々の連勝。ホッとしました。
お立ち台はボッツ&スウィーニー&エバたん・ミアたんの4人。
1年ぶりに見た娘さんたちは相変わらず可愛くて、テレビの前で思わずニコニコしてしまいました。絶対、美人さんになるわ、この姉妹は~(そんでもって、いつかファイターズガールに入っておくれ(笑))


横|000 003 000|3  H 8 E3
日|107 000 01x|9  H12 E0

【勝】 スウィーニー(2勝3敗)

バッテリー:スウィーニー-宮西-菊地-林/大野
HR:ボッツ1号(満塁・3回)

【通算成績】 55試合  32勝22敗1分(+10)
●●●○○○○●●○○○○○●●○○●○●●(4月/12勝10敗)
●○○○○●○○○○●○○○●○○●○●●●○○△(5月/16勝8敗1分)
●○●●○●○○(6月/4勝4敗)

※試合数メモ 鷲-9(3-6) 鷹-6(3-3) 檻-11(8-3)
         鴎-5(5-0) 猫-6(5-1) セ-18(9-8-1)


***
そういえば、今日のヒロイン、ハム彦さんがインタビュアーだったのですが、スウィーニーに「今季初勝利」って言ってましたよね……2勝目なのに。
「札幌ドーム初勝利」ってことだったのかな? って、その後もフォロー無しだったから、ホントに「今季初勝利」だって勘違いしちゃう人が出ちゃうかも(汗)
ダルにチクチク嫌味を言われてしまうレベルのミス(?)だよな……今後のダルQビッシュに期待???(笑)

試合日記_2009  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。