::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2009/06/14 対中日ドラゴンズ4回戦
【ファイターズ●10-11○ドラゴンズ (札幌ドーム/33,086人)】


>ここ最近、大きく報道されることの増えた糸井選手に
>試合前「きょうも記事になっているよ」と告げると
>「オメデトウ!」と予測不能の返しがありました。




、い、いとい~~~~~~!!!


「今年は糸井に期待」「今年こそ糸井に期待」と描き続け、数年。
信じていいのですか、「糸井は覚醒した」と信じていいのですか~~~~~な5打数4安打(うち2塁打×2、本塁打×1)
とりあえず、糸井、オメデトウ! これからも規則正しい生活で頑張って! マジで期待してるから!!



それにしても、11点取られた時は「今日はボロ負けか~」と思ったんですが、よく10点取りました。
野球ってのは「流れのスポーツ」だなぁと改めて実感。2回のひちょりのバント不発(?)で流れがあっちに行っちゃって、6回の金子のホームランでこっちに戻ってきて、浅尾きゅんの力投で再びハムから離れて行っちゃったカンジ。
流れを引き寄せるどころか、のし紙つけて相手に送り届けちゃった糸数の投球は残念でしたけれども、1軍で投げてるからこそこういう「壁」にぶつかれるのであって、なんとかもがいてこの「壁」を乗り越えていって欲しいなぁと願う次第です。
北海道と沖縄は正反対の方向だけど、札ドに響き渡る「島唄」は、ホントにステキだと思うよ! また札ドで「島唄」を聞きたいぞよ~~~!
先発は糸数。つーか、スタメン発表前までマサルさんだと信じて疑ってなかったのですが――まさか怪我とかじゃないですよね?(汗)(汗)(汗)
そんなワケでちょいとビックリな感じだったのですが、結果的には「うーん、残念」な投球でございました。これまで好投してくれていただけに、より一層ガックリな感じでしたねぇ~
って、継投に関する采配批判ばかりが目にするんですけれども、確かに、もっと早くにかえてあげれば良かったんでしょうけれども、「先発として送り込んだのなら、その投手を信じる」っていう姿勢もわからないでもなくて(しかも、建山が腰痛で中継ぎの枚数も足りない感じだったようで)、まぁ、昨日は歯車が上手くかみあわなかったんだなーと。

糸数は、初回に4点もらっちゃって、それで「これを守らなきゃ」っていう消極的姿勢になっちゃったっぽいですね。若手なんて「開き直って強気で投げてなんぼ」みたいな世界ですもの、そりゃ百戦錬磨の相手を前に太刀打ち出来るワケねーよ、と。
とんでもなく高い壁にぶちあたって、ひっくり返って転んでしまった――って感じの投球でしたが、この敗戦をバネに次はこんな風にならないようイイ投球をして欲しいなぁと。というか、敗戦から学べないようでは、1軍で長く活躍する事は無理でしょう。うんうん。
まだチャンスはあるみたいですし、石にかじりついてでも、どんなに格好悪くて泥臭くても、そのチャンスを自分の手で掴んで欲しいなぁと思いますです。八木くんみたいに、どん底からの復活や~

糸数が2回に4失点、4回に5失点したところで、糸数→江尻にスイッチ。といっても、完全に流れが中日に行っちゃった上に勢いまでついている状況でそれを断ち切るのは至難の業――というもの。
江尻も5月にフォームチェンジして、まだ日が浅いですからね。3回タイムリー→4回ソロホームランと2失点してしまって、なんとなく「イマイチ」な感じの投球になってしまいました。つーか、ホームラン打ったの和田さんなんですよね……和田さんにはホームラン打たれるイメージしかないわ!(西武の頃から打ちまくりやん!)

江尻が5回までを投げて、6回からは林が登板。林の登板と金子のホームランで、流れが中日からハムの方に寄ってきた感じでした。
林の力投はイイですよねぇ。ラジオで聞いててもググッときました。6回7回を三者凡退。特に7回は二者連続三振。くぅぅ、しびれる~~~
8回は宮本くんが登板。なかなか地味~な彼ですが(笑)、でも、しっかりと自分の仕事をしてくれましたよ。気がついたら最終戦まで1軍にずっとにいるかも???
9回は菊地。「前と同じ!」って書くだけにしたいぐらい、菊地の投球に対する感想はいつもと一緒です。菊地の投球は気持ちいい! 「自分にはこれしかない」って投げるストレートが、混じり気なしの透明さだから、それがとっても綺麗な感じがするんですよね……ずっとこういう投球して欲しいなぁ!

ってことで、前半は残念な感じの投手陣でしたが、後半、かなり盛り返しましたですよ。それがあの脅威の追い上げに繋がったんだろうなぁ。うーん、いい投手陣だ。うんうん。

さてさて、その「脅威の追い上げ」をした打線の方ですが――
初回、まずは4点ゲット。賢介ヒット→ひちょり犠打→糸井ヒット→信二タイムリー→スレッジタイムリー→小谷野タイムリー内野安打→二岡はアウト→大野くんタイムリー――という、相変わらずのコツコツ打線。小さな事からコツコツと、ですよ。それが大事~♪
で、2回3回で11点取られて、7点差。「いやー、これはもうダメぽだわ~、やっぱり大量点取った後の試合は負けるんだねぇ」なんて思いながらラジオを聞いてたんですが、6回、2アウトから大野くんヒットで出塁のあと、金子がレフトへゆるゆるスイングホームラン~!!!
って、インパクトの瞬間はグッと力が入ってるような感じでしたけどね、映像を見ると。でも、全体的にはどうみても力強くないという(笑) これで「つーか、あと5点? ひょっとして行けるんじゃね?}と、球場の雰囲気がかわりました。

7回には糸井ヒット→代打中田くん四球→これまた代打村田くん内野安打で満塁に。小谷野は三振してしまうんですが、代打坪井が意地で打ったピッチャー強襲ヒットで2点追加。11-8に。
8回には、途中交代の飯山ヒット(そういえば、飯山、昨日はレフトの守備についてましたね……現地で見たかった! ミョーに盛り上がったに違いない!)、その後、「この人はどうしちゃったの、スイッチ入っちゃったの?」な糸井が、糸井が、糸井が――2ランホームラ~~~ン!! これで11-10。
よくもまぁ、ここまで追いついたものです。というか、普通、10点取ったら勝ってるんですけどー(けどーけどーけどー)

「あと1点」の期待を胸にたどりついた9回でしたが、中日守護神・岩瀬を打ち崩せずにゲームセット。
「惜しい」というか「悔しい」というか、とにかく、「すごい」試合でした。
つーか、またローテがさっぱり分からなくなっちゃったな……マサルさんはいつ投げるんじゃ~
建山が登録抹消してしまったので、下で好調のもっさんこと山本があがってくるかなーって感じです。ラジオでイースタン中継きいてても、すごかったもんな、もっさん。

さてさて、次は京セラドームで阪神戦――って、甲子園じゃないんですね。
交流戦も残り4試合。出来れば3-1、最低でも2-2で終えて欲しいなぁと思いますです。つーか、ソフバンの独走止めてくださいよ、セリーグのみなさ~~~ん!


中|037 100 000|11  H13 E1
日|400 002 220|10  H17 E1

【敗】 糸数(0勝3敗)

バッテリー:糸数-江尻-林-宮本-菊地/大野
HR:金子誠5号(2ラン・6回)、 糸井6号(2ラン・8回)

【通算成績】 57試合  33勝23敗1分(+10)
●●●○○○○●●○○○○○●●○○●○●●(4月/12勝10敗)
●○○○○●○○○○●○○○●○○●○●●●○○△(5月/16勝8敗1分)
●○●●○●○○○●(6月/5勝5敗)

※試合数メモ 鷲-9(3-6) 鷹-6(3-3) 檻-11(8-3)
         鴎-5(5-0) 猫-6(5-1) セ-20(10-9-1)


***
念願だった「ぞっこん」の「GoGo直人」出演の宮西くんを見ました。つーか、ごくごく普通な青年って感じですよね……つーか、声がとってもステキだにゃ~
ユニフォームを着てる時はあまり思ったことがないんですが、胸の辺りの厚みとか筋肉の感じが好みストライクど真ん中な感じで、ちょっとときめいてしまいました(笑)
マッチョすぎず、細すぎず。ああいう体型の殿方ってステキだわ~(←ミーハー丸出しでスミマセン(汗))

試合日記_2009  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。