::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2009/07/08 対西武ライオンズ8回戦
【ファイターズ●3-4○ライオンズ (西武ドーム/13,892人)】

4連敗自体は、さほどショックではないのですが(シーズン通したら、こういう時期はどこかに必ずあるし。以前、11連敗を経験してるので、あの半月の事を思い出せば4連敗ぐらいは別に……)、「ダルが負けた」ってのがねぇ……ダルは「連敗ストップ」の象徴のような存在でもありましたから。

つーかつーかつーか、おかわり君のアレはファールじゃないんですか? 
報ステで見た限りは、「きわどい」どころの話じゃなくて、ものすんごくハッキリしたファールに見えたんですが……カメラの角度の問題なのかしら?
つーか、アレがOKなら、いつぞやの札ドのギリギリファール(スレッジだったかなぁ、打ったの)もホームランにして欲しいよ~


はー。なんか、ため息ばかりになっちゃいますよね。でも、でもでも。
わたしが良く見る韓国ドラマ(特に時代劇)は、いったん、どん底まで落ちてそこから這い上がって、最後は誰よりも成功する――みたいな展開が多くて、ファイターズもきっとそれをなぞっているのだろうと(笑)
今が底ですよ。きっと。打も投もダメダメな感じ。ダメなカンジで歯車がかみ合っているという泥沼状態。
底まで落ちたなら、あとは上がるのみ。そうだよ、これからきっと上り坂だよ!! 



(と、超ポジティブな事を書いてみる。まぁ、人生も野球も山あり谷ありですよ。人生楽ありゃ苦もあるさ~♪)

先発はダル。中5日が続いておりますが、そこら辺の影響はどんなもんなんですかね。いや、傍目からは分かりませんけれども。
今季ワーストの4失点。うち、ホームラン2本。おかわり君のはまぁアレとして、もう1本打たれたのが大きかったですね……ちょっと相手をなめすぎたのかな?
そういや、鶴ちゃんとの呼吸があってない――みたいな事が、ここ数試合、特に目立っておりますが、別に仲が悪いとかそういうのじゃなくて、個人的にはあれは「公開SM」みたいなものじゃないかなーと(エッチな意味抜きで)
SMっていうのは、単にいじめるとかいじめられるとかの話ではなく、強固な信頼関係がないと成り立たないものなのですよ(――と、前に聞いたことがある) 「これだけやっても許してもらえる」、「これだけやられても許せる」みたいな。
ハタから見たら、「なんか険悪だなー」と思っても、二人の間の認識的には「え? いや、別に普通っすよ」みたいな感じなんじゃないかと勝手に推測。見た目で判断して、「二人の息が合ってないから、捕手をかえてみよう」とかしちゃったら、逆にダメになりそうだなぁ――と思いますです。
まぁ、さすがにダル-鶴の組合せは、そう簡単には崩さないと思いますけどね。というか、マサル-信二を復活させて欲しいと願っているのですが、どうですか、ダメですか(あの二人の組合せが好きだったからさぁ~、個人的に)

打つ方に目を向けますと――4回まで、二度もあった「ノーアウト2塁→1アウト3塁」のチャンスを活かせなかったのが痛かったと。
点が取れないせいか、ダルのピッチングも荒れてる感じで、4回裏にタイムリーを打たれた時は、ベンチでかなり荒れていたそうですが(気持ちは分かるけど、人目につくところでやっちゃダメだ~)、5回、金子がソロホームランを打って、流れがちょいとハムの方に戻ってきます。ダルも、気を持ち直したのか、5回裏は三者凡退でまとめましたし。

で、6回。2アウトから糸井が2ベースを打ち、つづくスレッジが2ランホームラン! 逆転に成功します。
そういえば、報ステで糸井がぷち特集されてたんですが「走攻守、三拍子揃った選手」なんて言われると、くすぐったいやら恥ずかしいやら――うふへへへ。

ここまでは、ホント、いい感じでこれたんですけれども、ダルが逆転2ランを許し、そこから反撃ならず。いい当たりがライナーになったり、ツキにも見放されてる感じでした。
ダルの後、8回からは林が登板。ヒット1本&1アウトをとったところで、建山にスイッチ。建山は西武に強い印象があるんですが、データ的にはどうなんでしょうか?
牽制死やら小谷野ファインプレーやらでアウト2つをとって、9回表の攻撃に希望をつないだのですが――力及ばず、でした。

チームの黒星が増えたことより、ダルがやさぐれてないかが心配なのですが――まぁ、ファイターズはほんわか投手陣、特に八木くんあたりがダルを癒してくれてるでしょう(仲良しさんですし)
3戦目はマサルさん先発。相手が涌井なだけに、またまた苦戦が予測されますが、なんとか一つ、勝ちたいですね。なんとか、ひとつ!


日|000 012 000|3  H 7 E0
西|010 100 20x|4  H10 E1

【敗】 ダルビッシュ(10勝3敗)

バッテリー:ダルビッシュ-林-建山/鶴岡
HR:金子誠7号(ソロ・5回)、 スレッジ11号(2ラン・6回)

【通算成績】 71試合  40勝30敗1分(+10)
●●●○○○○●●○○○○○●●○○●○●●(4月/12勝10敗)
●○○○○●○○○○●○○○●○○●○●●●○○△(5月/16勝8敗1分)
●○●●○●○○○●●○○●○○●○(6月/10勝8敗)
○○●●●●(7月/2勝4敗)

※試合数メモ 鷲-12(6-6) 鷹-8(3-5) 檻-11(8-3)
         鴎-8(6-2) 猫-8(5-3) セ-24(12-11-1)


試合日記_2009  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。